東京―世界の都市の物語 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167623012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本が書かれたのは'90年代。今もこの東京の姿はどれだけ残っているのだろうか。
    (小石川後楽園の見立ては面白かった。後楽園をじっくり散策してみたくなった。)

  •  三浦展さんの郊外論の参考文献。残念ながら絶版。

     バブルがおわった今から10年ぐらい前に発刊された東京論。

     六本木ヒルズとか、東雲など臨海部の開発は当然のっていない。

     陣内さんのおもしろがる建築物は、おおざっぱに言えば、明治や震災復興の情緒、さらにはもっとさかのぼった江戸情緒を伝えるもの。

     自分もそういう建築物など大好きだが、都市計画行政という観点からはなやましい。

    (1)経済合理性という観点からの再開発の動きとどう調和するか?

    (2)仮に保存すべきと考えたときに、耐震性、防火性などをどう考えるか?

    (3)本来そういう仕事は、地方公共団体、特に市区町村の仕事だが、それに任していって、どんどん大事な建築物がつぶれていくのを国が放置していいのか。

     昨日、大手デベロッパーの幹部と懇談したときにも、欧米では環境対応ビルへの支援は、地方公共団体が独自にいろいろやっているのに、日本では地方公共団体レベルではそういう動きが少ないのはなぜか、という議論になった。

     やはり、地方公共団体の職員や幹部の意識改革のために、時間を限って、歴史的建築物、文化財とも言えないけど大事な建築物に、支援措置を講じた方がいいと思う。それと、ちいさなほこらとかお地蔵様とか守っていきたいな。

     財務省には、そんなもの、国がやる必要はないと言われるので、もっと理論武装が必要だが。 あと、政策の必要性の声をあげる応援団がほしい。

     どなかた、情報と発信力のある方を紹介していただけないですか。

  • 2009/07/02 読了

  • 散歩が好きな方にオススメです。

    地図を見るのが好きな方にもオススメです。

    歴史と文化で東京を眺めます。



    東京が、面白いと感じていても

    東京が、醜いと感じていても

    東京が、美しいと感じていても

    東京が、怖いと感じていても



    それぞれに違った一面があるはず。



    そんな気にさせる、東京再発見ガイドです。

  • 都市研究の入門書として最適だと思う。都内各地の特徴をよくとらえている。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

陣内秀信(じんない ひでのぶ)
法政大学 江戸東京研究センター 特任教授、中央区立郷土天文館 館長。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。ヴェネツィア建築大学留学、ユネスコのローマ・センターにて研修。専門はイタリア建築史・都市史。著書に『東京の空間人類学』(筑摩書房)、『水と都市』(編著、岩波書店)『水都東京―地形と歴史から読みとく下町・山の手・郊外』( 筑摩書房)、等。受賞歴にサントリー学芸賞、ローマ大学名誉学士号他。

「2022年 『東京水辺散歩~水の都の地形と時の堆積をめぐる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陣内秀信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中沢 新一
ヴィクトール・E...
ウンベルト エー...
梶井基次郎
ウンベルト エー...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×