ブエナ・ビスタ 王国記II (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.34
  • (8)
  • (26)
  • (68)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 207
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167642051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宗教を否定しながら哲学的に生きる2人の主人公。

    極端に性や労働におぼれるように耽溺し、自分の思うままに暴力も受け入れる。

    そんな姿が極端に人間的で逆に宗教的だったりします。。

  • 赤羽元修道士の話が面白かった。
    長編にはまるとワクワクする。

    <blockquote>僕にわいせれば、信者、つまり信じる者の条件は、従うことではない。苛烈な疑義を呈することだ。神に、長に、目上の者に誠実に思いの丈をぶつける。 p203</blockquote>

  • はじめに『ゲルマニウムの夜』を読んだとき、「これはとんでもないシリーズだ」と思った。そのぐらい評価が高い作品の続篇なので、読む前にやたらとハードルが上がっていたせいかもしれない。本作ももちろん良い作品には違いないが、「あれ、こんなもんかな」という感じがしてやや拍子抜けしてしまった。ただ、赤羽修道士を主人公とした表題作はとくに傑作で、この作品のなかにはさほどキリスト教的要素は登場しない(そもそも赤羽は「元」修道士だ)が、それでも全篇にわたってそのテイストが万遍なく塗されていて、この「宗教以外で宗教を描く」というのがこのシリーズ最大の特徴であり魅力ではないだろうか。(しかも、なぜか内容はきわめて宗教的だ。)こういう、アンビヴァレンスな感じ、逆説的な感じがすばらしい。このことを踏まえると、1作目より本作の評価が落ちてしまう理由として、併録された「刈生の春」における描きかたがあるのではないだろうか。この作品では、修道院の農場での過酷な生活を通して、指導者たちの「欺瞞」を映し出しているが、朧が直接不満を漏らすなど、その方法がどうも露骨すぎるのだ。もっと間接的に、比喩的にこの部分が描かれていれば、もっと高く評価することができたことだろう。ただ、視点や舞台や筋書を大きく変えても、根柢に流れるテーマがまったくブレないあたりはさすがの筆力である。この「王国」の行く末を、もうすこしだけ見守ってみようと思う。

  • 王国では、背徳も倫理のひとつなのか
    殺人を犯し、カトリック系の救護院に逃げ戻った朧。性と暴力の衝動のなか、朧は“神”を考え続ける。『ゲルマニウムの夜』の傑作続篇

    殺人の咎を逃れるため、修道院兼教護院に身を寄せている青年・朧。暴力と性の衝動の中で、自分の倫理を構築しようとする朧は、ある日施設を辞めた元修道士の赤羽をひそかに訪ねる。朧の傍らには妊娠したシスターの姿が…。芥川賞を受賞した『ゲルマニウムの夜』の続編、『王国記』シリーズ第二弾。

  • ブッ飛んだ朧が主人公よりも修道士・赤羽の視点だったので入りやすかった。
    最後の「ブエナ・ビスタ」にはニヤりとさせられてしまった。

    でもそれだけ。テーマに興味が湧かないので。

  • 宗教じみていて、しかし皆の信じるものは異なる。

  • シリーズ第二弾。
    1の『ゲルマニウムの夜』ほどの衝撃ではなかったが、
    相変わらずの面白さ。
    エロ・グロなんだけど、
    作者の男性的な文章表現は生きている。

  • 「ブエナ・ビスタ」言いたくなる言葉。ストーリー自体には興味が沸かなかったけど、すごくおもしろかったのに途中のアブノーマルで過激な性描写で折れた。

  • 赤羽修道士の視点で書かれた王国記第2弾。
    「ブエナ・ビスタ」は素敵な言葉だと思います。
    赤羽さんの悶々とした悩みとか人間らしくて、妙に親近感が沸きます。

  • 気持ち悪い。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

花村萬月(はなむら まんげつ)
1955年、東京生まれ。1989年、『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。1998年、『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、同年『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞、2017年、『日蝕えつきる』で第30回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。

ブエナ・ビスタ 王国記II (文春文庫)のその他の作品

花村萬月の作品

ツイートする