スペインひるね暮らし (文春文庫 な 40-2)

著者 :
  • 文藝春秋
3.48
  • (3)
  • (6)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167643027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最初は頑張って読んでいたけど、だんだんと面白くなってきた。スペインの日常をそのまま書いた日記のようなもの。スペイン料理のレシピから、文化、人達の観察はとても正確。大げさに聞こえるが、スペインでの生活様式はここに描かれていることに全く相違ない。闘牛、アルコール、賭けごと、おばちゃん、マタンサ(豚の食用処理)、バル文化など、数十年前なのに今現在とほとんど変わっていないことが伺える。著者のスペイン愛がよく分かる。

    ところで気になったことは、著者、中丸明氏の酒の飲みっぷりだ。朝から晩まで酒を飲んでいる。いしいしんじ氏のエッセイでも酒がよく飲まれていて、彼は少し飲みすぎだと自制していたが、中丸明氏はご飯も食べずただひたすら飲む。

    中丸明氏の著本で、ハプスブルク千年とかいうものがあった。あれは読めたものではなく、最初の数十ページを我慢して断念。口が悪いだけじゃなくて、へんな田舎方言をワザと使い、意味が分からないだけじゃなく、下ネタや汚い表現で心底嫌な気持ちになった。
    「スペインひるね暮らし」はまだ良い。文も多少の茶目っ気があり、ユーモアがあった。そして、所々に、彼の優しさや情の深さ、懐の大きさが分かる。

    ところで、中丸明氏は2008年に若くしてお亡くなりになられた。ご冥福をお祈りします。

  •  スペイン、マドリード近郊のビジャルバに居を構えた作者の、スペイン四方山話である。
     社会や政治に関する記述では筆が滑るところも見られるが、全体的に中身の詰まったエッセイである。書くべき中身がないときだけ筆が滑る感じだろうか。
     今現在の情勢とはかけ離れているだろうが、当時の風俗を知る上では貴重な資料だろう。非常に興味深く読ませていただいた。

     記述した当時は、もうかれこれ二十年も前になる。
     著されたスペインはどこかのどかな空気でいて、いまはもう少し厳しいんだろうなと勝手に想像するところだが、果たしてどうなのやら。
     

全3件中 1 - 3件を表示

中丸明の作品

ツイートする
×