月のしずく (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.46
  • (75)
  • (197)
  • (377)
  • (27)
  • (5)
本棚登録 : 1509
レビュー : 191
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167646011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浅田次郎さんの小説を読むのは三冊目くらいだけど、女の人より男の人の支持者が多いような気がしている。少なくとも私の周りで浅田次郎さんが好きだと言っているのは全員男の人。
    というのも、この短編集を読んで少し解った気がする。
    あらゆる意味での“男のロマン”が詰まっているように思えたから。

    表題作はまさに“男のロマン”。
    コンビナートの荷役を30年近くしている冴えない40代の独身男の元に、ある十五夜の晩、ひょんなことから美しい20代の女が転がり込んでくる。
    というプロローグからロマンが溢れているように思えるし、主人公の男はこれでもかというほど純朴で、美しい女は気が強い、というところもまさに。

    その他も、不倫の関係を精算したあと相手の女に少しの執着心を見せる中年男が主人公の「琉璃想」は、切なくて物語自体は好きなのだけど、主人公の行動は女としては理解しきれない部分もあったりする。
    任侠の世界やバイオレンス的な世界に対する憧れが見え隠れする物語もある。
    女性が主人公の物語であっても、どこか思考が男性的であるような気がした。言ってしまえば「女はたぶん、もっとずる賢く立ち振る舞うよ」と思ってしまう感じ。笑
    それだけ美しい結末のお話が多かった。

    映画化に向きそうな物語ばかり、と思っていたら、実際の「銀色の雨」は映画化されているみたい。
    ヤクザに匿われている殺し屋と情婦とその情婦を愛する少年のお話。

    女よりもきっと男のほうが理解して感動もするだろう。と感じた作品群でした。

  • 愛した人が例え自分には決して振り向かず、
    他の人を想い続けているとしても、 愛してきた自分がいるからいい
    という台詞があって、泣きそうになった。
    自分はそこまで好きになれる人に出会えるだろうか。

  • 恋愛短編集。どんでん返しはなく、素直で美しい恋愛短編集。

  • 少し話が大げさな感じ

  • 昭和ロマンかな。

  • 『月のしずく』他、短編全7話。
    浅田次郎作品という事で手に来てみたものの、いささかストーリーが出来すぎてる感が否めず。内容もクサいやり取りが多く、結末も意外性が乏しい気がする。次の作品に期待したい。

  • 短編集。
    三十路よ誕生日に不倫相手にさえ会えない女と、上司の女に振られた男の話など切ないものばかり。

  • 7編からなる短編集。
    最後の「ピエタ」はずるい。

  • おお外れせず、文庫本で、短編が読みたい。
    そして、タイトルに惹かれた。

    6本ぐらいからなる短編集。
    タイトルにもなっている「月のしずく」が一番心に残った。全体的に読み易く、心がちょっとしんみりする作品が多かった。

  • 浅田次郎らしい短編集。聖夜の肖像は電車の中で泣いてしまった。チャコはこれから全力で真ちゃんを愛して欲しいと思います。

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

月のしずく (文春文庫)のその他の作品

月のしずく (徳間文庫) 文庫 月のしずく (徳間文庫) 浅田次郎
月のしずく 単行本 月のしずく 浅田次郎
月のしずく (文春文庫) Kindle版 月のしずく (文春文庫) 浅田次郎

浅田次郎の作品

ツイートする