月のしずく (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.45
  • (75)
  • (197)
  • (378)
  • (27)
  • (5)
本棚登録 : 1504
レビュー : 191
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167646011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浅田次郎さんの小説を読むのは三冊目くらいだけど、女の人より男の人の支持者が多いような気がしている。少なくとも私の周りで浅田次郎さんが好きだと言っているのは全員男の人。
    というのも、この短編集を読んで少し解った気がする。
    あらゆる意味での“男のロマン”が詰まっているように思えたから。

    表題作はまさに“男のロマン”。
    コンビナートの荷役を30年近くしている冴えない40代の独身男の元に、ある十五夜の晩、ひょんなことから美しい20代の女が転がり込んでくる。
    というプロローグからロマンが溢れているように思えるし、主人公の男はこれでもかというほど純朴で、美しい女は気が強い、というところもまさに。

    その他も、不倫の関係を精算したあと相手の女に少しの執着心を見せる中年男が主人公の「琉璃想」は、切なくて物語自体は好きなのだけど、主人公の行動は女としては理解しきれない部分もあったりする。
    任侠の世界やバイオレンス的な世界に対する憧れが見え隠れする物語もある。
    女性が主人公の物語であっても、どこか思考が男性的であるような気がした。言ってしまえば「女はたぶん、もっとずる賢く立ち振る舞うよ」と思ってしまう感じ。笑
    それだけ美しい結末のお話が多かった。

    映画化に向きそうな物語ばかり、と思っていたら、実際の「銀色の雨」は映画化されているみたい。
    ヤクザに匿われている殺し屋と情婦とその情婦を愛する少年のお話。

    女よりもきっと男のほうが理解して感動もするだろう。と感じた作品群でした。

  • 愛した人が例え自分には決して振り向かず、
    他の人を想い続けているとしても、 愛してきた自分がいるからいい
    という台詞があって、泣きそうになった。
    自分はそこまで好きになれる人に出会えるだろうか。

  • 恋愛短編集。どんでん返しはなく、素直で美しい恋愛短編集。

  • 少し話が大げさな感じ

  • 昭和ロマンかな。

  • 『月のしずく』他、短編全7話。
    浅田次郎作品という事で手に来てみたものの、いささかストーリーが出来すぎてる感が否めず。内容もクサいやり取りが多く、結末も意外性が乏しい気がする。次の作品に期待したい。

  • 短編集。
    三十路よ誕生日に不倫相手にさえ会えない女と、上司の女に振られた男の話など切ないものばかり。

  • 7編からなる短編集。
    最後の「ピエタ」はずるい。

  • おお外れせず、文庫本で、短編が読みたい。
    そして、タイトルに惹かれた。

    6本ぐらいからなる短編集。
    タイトルにもなっている「月のしずく」が一番心に残った。全体的に読み易く、心がちょっとしんみりする作品が多かった。

  • 浅田次郎らしい短編集。聖夜の肖像は電車の中で泣いてしまった。チャコはこれから全力で真ちゃんを愛して欲しいと思います。

  • 主人公の、それぞれの過去との対峙を描いた短編集。思い浮かぶ情景に、思いを馳せる。それぞれ完結しているので読みやすい。それにしても、浅田さんの作品を読むと何となく「べらんめえ口調」がうつりそうになるの、私だけ?

  • 短編集、作品事の好みが分かれるかな。

  • 初浅田次郎。凄く面白い話と、読みづらい話が両極端で収録された短編集。面白い話のクオリティの長編なら読んでみたい気がする。

  • 駄目男&女の話。

    月のしずく、最後の章の前の章、男の胸中を語っておきながらの最後の章の書きっぷりはある意味痛快。うーむ、すごい書き方。

    似たような話が多い。後半はお腹一杯に。

  • 7つの短編集。国内のほか、フランス、中国、イタリアを舞台にしたものがあり飽きさせない。主人公が不倫の清算に悩む話が心なしか多かった。中でも「花や今宵」のオチがかわいい。

  • 気付いたことがあった。何て不器用な人なんだろう。ほころびをうまく繕えずに、つぎはぎの人生になってしまった。
    でもね、おかあさん。
    おかあさんのつぎはぎは、大きなパッチワークみたいで、きれいだよ。まるでブーゲンビリアの花の下に、何だかよくわからないけどとってもきれいなタペストリーが、拡げてあるような気がします。
    (ピエタ)

  • 読みやすい短編小説集。
    素朴でやさしい男の人達がいいよ。

  • 歴史小説ではない、短編集。
    よくある過去の環境と現在の恋愛の話。
    読みやすいので、寝る前に布団の中で読むにはいいかも。
    仕事中のお昼休みには向かないかな。

  • 初浅田次郎。うわさどおりだった。泣いた。
    やさしい人が悲しい思いをするのはつらい。

  • 「月のしずく」で辰っあんいい人だなあ、こんないい人は幸せになって欲しいな・・・とモヤモヤしながら読み進めました。
    「ピエタ」でリーさんが辰っつあんの再来のように思え、こちらははっきりハッピーエンドだったので読後感は良かったです。
    女は不倫していて、男は優しくいい人。という印象の短編集でした。

  • 蔵書から再読。

    最終作の「ピエタ」では
    ボロボロ泣いてしまったけれど、
    どの短編も、
    いかにも「泣かせます」という作風で、
    もう少し淡々としていた方が、
    自分好みなので、
    ★3つにした。

  • この中の短編すべてに愛があふれている。
    愛されている女性がそれに気づくまでがもどかしく、
    気づいた後は、ちょっぴり切ない。

  • 短編集。

    タイトルにもなってる、『月のしずく』は不器用な男の人が主人公

    まっすぐな愛がたくさんつまった作品でした。

    個人的には『聖夜の肖像』が好き!!


    奥さんのココロの声のトコロで、思わず涙。

    奥さんを包む旦那さんの愛が、ステキな作品です。

  • この本で摑まれた

  • どんな不幸な主人公にも少しは幸せになる権利がある。
    そんなほろっとさせられる浅田次郎ワールド満載の短編が7話。
    私は特に『聖夜の肖像』と『花や今宵』が好きでしたー。

    最近浅田次郎よく読むけど、ヤクザのおっさんと飲み屋の
    お姉ちゃんの 話が多いですねえ(笑)
    『鉄道員』とはまた違った面が見れて面白いですが。

  • 短編ひとつひとつに感動。

  • 浅田次郎というと、私らからすると競馬好きのご同輩という感じで、今日でもJRAのブログに「思い出の天皇賞」みたいなことを書いているのだけれど、文章書かすと洒落た文章書きますよねぇ。この本、中に収められた「銀色の雨」が映画になるようで、確かに映画にしたら良いような街の佇まいと季節の色合いが散りばめられ、コンビナートの光、滲んだネオン、鴇色の空、群青の空を被いつくす爛漫の桜、緑の葉と真赤な夏の花…、これらを背景に、夫々の男女のこれまでの人生に対する懺悔と浄化が描かれる7つの短編集。ただ、どれも哀切さ溢れる佳い話なのだけど、描かれるお話の微妙な古めかしさの違和感からか上手な話が出来過ぎなためか、夫々の心の浄化の過程が私にはイマイチしっくり来なくってねぇ…。そんな中では、クリスマスのイルミネーションの中で起こった夫と妻と妻の元恋人の奇跡の邂逅を描いた「聖夜の肖像」が一番良かったかな。

  • keepsurfingさんのレビュー
    短編集。工場勤務のアリンコの話が妙に心に残る。

    ↑分かる。

    浅田さんにしては「普通(微妙)」な作品。

  • 浅田次郎の短編集。
    安定しているけど、うーん、絶賛はしない。
    それぞれ心は温まるストーリーだけれど。
    中では『花や今宵』が好きかな。

    収録作品
    ・月のしずく
    ・聖夜の肖像
    ・銀色の雨
    ・流璃想
    ・花や今宵
    ・ふくちゃんのジャック・ナイフ
    ・ピエタ

  • 短編集。工場勤務のアリンコの話が妙に心に残る。

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

月のしずく (文春文庫)のその他の作品

月のしずく (徳間文庫) 文庫 月のしずく (徳間文庫) 浅田次郎
月のしずく 単行本 月のしずく 浅田次郎
月のしずく (文春文庫) Kindle版 月のしずく (文春文庫) 浅田次郎

浅田次郎の作品

ツイートする