姫椿 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.40
  • (74)
  • (196)
  • (423)
  • (44)
  • (3)
本棚登録 : 1560
レビュー : 197
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167646042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浅田次郎現代ハートウォーミングもの、と思って読んでしまう先入観が悪いんだろうか、'こんなになるまで'のそれぞれの主人公が無神経過ぎて不快。
    周りの人のあたたかさや支えに気づかない、または見た目に騙されて悪意に気づかない、また他の誰かが心にいる人と毎日暮らさなければならない伴侶を忖度しない。とにかく最後の話以外はずっとそんな調子で、嫌になった。

  • 初めて読むと思ってたら、一度読んだことがありました。全ての短編に、なんとなく覚えがあったので ^ ^

    ほんとに、人情ものを書かせたらピカイチかと。
    浅田次郎さん、さすがです。
    私、電車の中でどうやって涙こらえようか…戦いでした。

    こういう、浅田さんの代表作として一番に挙げられるものではない作品が自分はとっても好きです。
    霞町物語もよかったし、うん!

    やー、ほんとに泣かせます。浅田さんは。
    誰ひとり病気になることも死ぬこともなく、ありふれた不幸で涙を誘うわけじゃない。
    それなのに、胸がじーんと暖かくて泣ける。
    すごく好きな作家さんのひとりです。
    浅田さんの小説の特徴とも言える、良い意味で古めかしい、どこか昭和の香りがするとこも自分は好きです。

    姫椿の中では「シエ」が一番お気に入り。

    さらっと読めるし、オススメの一冊。

  • 8つの短編集。

    ほっこりの話と世にも奇妙な系の話の組み合わせ。

    甘すぎず、辛すぎず。いろんな味わいがさらーっと。
    だが短編にしても淡い。たまにはいいけど、これだけじゃちょっと。箸休めとして。

  • 短編集。隙間時間に読めてなかなか面白い。最後に落ちがある内容もあって読み応えがあり印象に残るものが多かった。

  • 浅田さんらしいさっぱりした短編集。
    不思議なような、特にとげのある作品たち。
    嫌いじゃないけど、やっぱり手元に置いておきたい感じでもない。

  • 短編集なのにぎゅっと凝縮されていて、面白かった。

  • 著者には珍しく、死んだ人が登場することはなのですが、過去に出会った思い出の女性との出会いがテーマであるかのように、2つの年代を行き来する手法の短編が多いです。やはり感動的でほろりとさせられます。過去に傷つけてしまった女性の将来の幸せと不幸の2つの姿を見た恐怖の「出会い」、昔の銭湯に戻り、懐かしい暖かさに出会った「姫椿」、猫とシエという珍獣ペットに死なれたOLの淋しい心境「シエ」、亡き妻との思い出を胸に競馬場通いをする大学教授と娘との心の交流「永遠の緑」、学生時代の演劇同好の恋人を30年ぶりに懐かしむ「オリンポスの聖女」など、いずれもやや軽いながらもしっとりとした気分になります。

  • 平成25 年8 月12日読了。

  • 短編。
    別れた恋人の幸せな姿を見た数日後、不幸な姿を見る。
    それと同じように同級生だった主人公の事も・・・。

    この世には自分と両極端な人生を送る自分がこの世の中には存在しているのかも・・・と思うと怖い。

  • 変な言い方だが、文章がうまいなと思った。短編集で特別なギミックはないが、物語にどんどん引き込まれていく。なつかしくもない、特別でもない過去が突然甦る物語が多い。一番印象に残ったのがトラブルメーカーか。ちょっとづつ、歯車が狂っていき、ハタからみれば地獄行き確定だが、当人はあまり気にしていないような。。。

全197件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

姫椿 (文春文庫)のその他の作品

姫椿 (【徳間文庫】) 文庫 姫椿 (【徳間文庫】) 浅田次郎
姫椿 単行本 姫椿 浅田次郎
姫椿 (文春文庫) Kindle版 姫椿 (文春文庫) 浅田次郎

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする