姫椿 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.40
  • (74)
  • (196)
  • (423)
  • (44)
  • (3)
本棚登録 : 1558
レビュー : 197
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167646042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて読むと思ってたら、一度読んだことがありました。全ての短編に、なんとなく覚えがあったので ^ ^

    ほんとに、人情ものを書かせたらピカイチかと。
    浅田次郎さん、さすがです。
    私、電車の中でどうやって涙こらえようか…戦いでした。

    こういう、浅田さんの代表作として一番に挙げられるものではない作品が自分はとっても好きです。
    霞町物語もよかったし、うん!

    やー、ほんとに泣かせます。浅田さんは。
    誰ひとり病気になることも死ぬこともなく、ありふれた不幸で涙を誘うわけじゃない。
    それなのに、胸がじーんと暖かくて泣ける。
    すごく好きな作家さんのひとりです。
    浅田さんの小説の特徴とも言える、良い意味で古めかしい、どこか昭和の香りがするとこも自分は好きです。

    姫椿の中では「シエ」が一番お気に入り。

    さらっと読めるし、オススメの一冊。

  • 短編集なのにぎゅっと凝縮されていて、面白かった。

  • 短篇集だが、浅田さんの作品に間違いはない。
    ファンタジー調で進んでいく作品群は、涙あり感動あり感銘あり、いろいろと考えさせられます。

  • 悲しみを吸い取ってくれる麒麟。
    この物語は最高に感動します。
    オススメの一冊。
    浅田次郎なら、鉄道員よりもこの本でしょう。

  • 号泣した^q^
    特にシエの攻撃力はハンパない。

    不思議な生き物を登場させることで人の幸不幸を幸せに変える作品。
    短いけどめちゃくちゃ深い。

    読みすぎて暗記しますた^q^

  • 飼い猫が死んでしまったOL、経営に行き詰まり、死に場所を探す社長、三十年前に別れた恋人への絶ち難い思いを心に秘めた男、妻に先立たれ、思い出の競馬場に通う大学助教授…。
    凍てついた心を抱えながら日々を暮す人々に、冬の日溜りにも似た微かなぬくもりが、舞い降りる。
    魂を揺さぶる全八篇の短篇集。 

    ・・・『鉄道員』や『プリズンホテル』から浅田さんファンになったという人がとても多いと聞いたことがあるけど、私はこの本が浅田さん初です。
    第一編の『シエ』はとてもとても切なくて素敵なお話。
    本屋さんで立ち読みでもいいから、『シエ』だけは読んで欲しい位の勢いで、お勧めします!

  • 短編集。
    この本は姉に借りて読みました。

    「シエ」「永遠の緑」は是非読んで貰いたい!
    「姫椿」「マダムの喉仏」は時間があれば!

    「シエ」は本当に号泣でした。
    ラストのシエ視点からの所がもう…
    涙が溢れて溢れて止まりませんでした。
    読んだ後、とても暖かくなり、
    そしてこれから先の事を考えさせられる事間違いなしです!

    中には「再会」「トラブル・メーカー」等
    実際にありそう…と思い、考えると怖い気もする話もありで、楽しめました!

    1冊でいろんなジャンルが入ってるので、
    さくっと読めます。

  • 浅田次郎の【姫椿】を読んだ。

    表題作の【姫椿】を含む8編の短編小説が収められた作品である。

    やはり、どれもこれも素晴らしく、心に響く。読後の心地よさやじんわりと奥から湧き上がる温かさは相

    も変わらずだった。

    飼い猫が死んでしまったOLと獬(シエ)という伝説の動物の物語は、動物を飼っている僕にとって切な

    くて、でも心温まる作品だった。

    表題の【姫椿】は経営に行き詰まり、死に場所を探す社長の物語だが、フラリと立ち寄った(といか引き

    寄せられた)昔ながらの銭湯でのシーンは浅田ワールド全開で、僕の記憶の片隅にある、高い煙突に古び

    た番台、大きなタイル壁に描かれた富士山などがあった銭湯をありありと思いだした。そんな銭湯で社長

    が決めた決断と結末。なんだか、本当に温かい湯舟に浸かっているみたいに心が温まった。

    しかし、この8作品の中で1番心に残ったのは、最後に収録されている【永遠の緑】である。

    いままでたくさんの本を読んできたが、途中で涙がこぼれた作品はこれが初めて。

    素晴らしき「愛」の物語だ。主人公は、妻に先立たれ、思い出の競馬場に通う大学助教授。近頃母親に似

    てきた1人娘も年頃になり、結婚という2文字がちらつく。今まで2人で暮らしてきた父親を気遣って

    か、結婚には消極的な娘。心配した叔母は見合いの話を持ちかけるが、同時に若くして妻を亡くした父親

    にも再婚の見合い話を常日頃、持ち掛けていた。それを断っていた父。それを知ってしまった娘。微妙な

    親子の心情が切なくも愛しい。

    僕が思わず涙を流してしまったシーンを紹介したいと思う。それは物語の終盤。父が娘に語る一節。



    「パパは、君のために再婚しなかったわけじゃありませんよ。おばちゃんや大学の人たちが持ちかけてく

    る話をずっと断り続けてきたのはね、べつに真由美ちゃん(娘)に配慮したわけじゃないんです」

    父の声は快かった。まるで競馬場のスタンドが、大学の教室みたいだ。またしばらく言葉を探してから、

    父はきっぱりと言った。

    「ママを、愛してるんです」



    話の前後がわからないとグッと来ないかもしれないが、僕はここで泣いた。家族愛というよりも1人の男

    として1人の女を愛し続ける心。それに胸を打たれた。素晴らしき愛の物語であった。

  • いい。

    すごくいい。

    泣いた。

  • 短編集.どの話も図式が明確で,知的な反転が楽しめる作品だと思う.

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

姫椿 (文春文庫)のその他の作品

姫椿 (【徳間文庫】) 文庫 姫椿 (【徳間文庫】) 浅田次郎
姫椿 単行本 姫椿 浅田次郎
姫椿 (文春文庫) Kindle版 姫椿 (文春文庫) 浅田次郎

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする