その数学が戦略を決める (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.83
  • (75)
  • (118)
  • (88)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 1395
レビュー : 132
  • Amazon.co.jp ・本 (453ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167651701

作品紹介・あらすじ

ワインの将来の価値を予測する。症状の統計から病気を診断する。脚本段階で興行収入を最大化する。そしてあなたに最適な結婚相手まで決めることも、「絶対計算」が可能にする!IT時代の兆単位のデータがもたらす新世界ビジネス戦略。イェール大学気鋭の計量経済学者がわかりやすく書いた知的大興奮の書!文庫版は補章追加。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 巨大企業がビッグデータを活用しているというニュースを頻繁に耳にするようになったIT全盛の今、データってすごく活用できるんですよと言われると、そりゃそうでしょうと思わない人は少ないだろう。それだけでなく、AIが発達して人間から仕事を奪うという意見もよく耳にするようになった。この本はまさにそんな統計データが想像しているよりもずっと多くの場面で活用されているということだけでなく、統計データの解析と人間の関わり方についての本でもある。ただ、取り上げられている理論を詳細に解説するような本ではないので、より深く勉強するには他の専門書を手に取った方がよい。

    活用法は脚本の段階で興行収入を予測したり、教育政策の効果を検証するなど企業から正負までたくさんの例が紹介されているのだが、その中で印象的だったのはワインの品質(値段)が

    log e (その年のボルドーワインの平均価格/61年物の平均価格) =
    -12.145 + 0.00117×冬の降雨量+0.616×育成期平均気温-0.00386×収穫期降雨量+0.0238×熟成年数(83年の時点)

    という方程式で導けるという主張だった(実は上式は本文中のものとは違う。これについては後述)。というのも、偶然にも先日読んだ『熱狂のソムリエを追え!』では味覚や嗅覚などの感覚を極限まで高めてワインの評価をするソムリエたちを通してワインについて語られていたからだ(こちらもとても面白かった)。この本ではそのような主観的要素を排した統計データの解析でワインの評価をする話が初めに書かれていて、同じワインに対してここまで方向性の違うアプローチがあるということに面白さが感じられた。

    そもそもワインの品質と値段を同一視していいのかという意見もあると思われるが、これについては『熱狂のソムリエを追え!』でも同じ話はあった。それによると、ある一定の値段までは値段に伴って品質も向上するが、そこを越えると希少性が高まるのでさらに値段が上がるということだった。とはいえ、訳者付記でも書かれていたように品質を現実的に判断するのに値段を用いるのはそれなりに有効であるという主張には納得できるところもある。

     このように具体例を挙げるだけだったら感心して終わりだったが、この本の主眼は別のところにある。最近AIが人間の仕事を奪うのではという意見がよく見られたが、ここでも同じ話が出てくる。一般人だけでなく、専門家の予測よりも統計データに基づく予想の方が優れているという結果がたくさん出てきているからだ。医者の下す診断よりも、データから同じ症状を示す病気を調べた方が正確だったという話は聞いたことがある人もいるかもしれない。それでは人間はいらなくなるのかというと、そうではない。これがこの本の後半の論点で、正しくデータを活用するには人間は必要で、うまく折り合いを付けなければいけないという話になる(ただし、きちんと知識を身に着けたうえで)。というのも、先程は主観的要素を排してと言ったが、分析に使う変数や、分析の結果から何をするのかを決めるのは人間だからだ。いずれにせよ、これからの時代を生きていくには色々なことを学び続けないといけないということなのだろう。

    最後に先程のワイン方程式だが、気になって調べてみたところ訳者など複数の人が検証していた。詳しくは下記を参照していただきたいが、論文から引用する際のミスで式が本来のものとは違っているようだ。情報を鵜呑みにせず自分で調べることも大事だということを再確認するという副次効果を得られたということにしよう。
    https://cruel.hatenablog.com/entry/20150121/1421802947
    http://tenmei.cocolog-nifty.com/matcha/2014/07/post-746c.html

  • ラリーサマーズ、男女で学力の標準偏差に差があることから、優秀な物理学者の数には生来の要因から男女差があると話したことが問題になった。これは男が標準偏差が大きいためだが、悪い方の数も多いことや、より平均よりも離れた学力の集団ほど標準偏差の差が数の大小に影響することがメディアに理解されなかった。

  • 面白い。統計予測の豊富な成功事例(米国)とその影響(専門家の反発や社会問題等)。ただ成功本なので、あまたの失敗事例・紆余曲折・注意点の説明はない。訳者後書きがこの点と日本の現実を淡々と述べていて良かった。

  • ざっと統計学を学校で習ったことがあるのだが、習ったことを応用して実際利用する となると難しい
    この本の八章では特に、講義で聞く統計学とは違った角度から標準偏差と無作為抽出が説明されていて、腑に落ちる感じがあった
    あと記憶が確かならベイズ理論の説明でよく 三つの扉に当りがひとつ隠れてる云々 の話が使われると思うが、この本の八章の説明のほうが理解しやすかった。

  • ビッグデータの可能性を指摘した本。実例が豊富で説得力ある。ビッグデータが日本で騒がれ出したのはここ最近だが、著者をはじめ研究者はだいぶ昔から着手していたようだ。
    自分の研究の時代遅れっぷりを痛感させられた。

  • まとめがあって、そこだけでよかった

  • 本書の原題は『Super Crunchers』。絶対計算者たちという意味だ。2007年に上梓されたものなのだが、絶対計算が世界を支配しているという実感はない……が、インターネットが普及して統計調査が低コストでできるようになった今、cookieを使った追跡型広告を含め、消費者の知らないところで普通に支配されているのかも知れない。標準偏差を用いた2SDルールという考え方を有効に使えるようになりたいと思った。

  • 2SDルール。正規分布では平均値からプラス・マイナス2標準偏差値内にある確率は95%。
    大量のデータ解析が各種の意思決定につかわれる。

  • 途中までよんだ。
    特にためになりそうな内容は見当たらないので、途中でやめ。

  • 計量経済学の権威の本。
    絶対計算に基づく意思決定の例のオンパレード。
    読むんちょっと疲れた笑

    今や政治、教育、ビジネスなど全ての領域で絶対計算による意思決定がなされている(日本ではまだまだであるが)。今後、その絶対計算の仕組みを理解することが一般人にも求められていく。多少穴のある絶対計算でも、人間の精度を軽く上回るほど強力。生かさない手はない。

    私自身意思決定と深く関わる職種なので、何とか絶対計算を理解できるようになりたいと思う。

全132件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経済学者、弁護士。イェール大学ロースクール教授
NYタイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、FTなどに寄稿。彼の研究はプライムタイム・ライブ、オプラ、グッドモーニング・アメリカ(いずれもテレビ番組)でも取り上げられている。ベストセラー『その数学が戦略を決める』など、著作は10冊に及ぶ。イェール大学およびMITで学位を取得。

「2019年 『ライフサイクル投資術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イアン・エアーズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
冲方 丁
堀江 貴文
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

その数学が戦略を決める (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×