正しい乙女になるために それいぬ (文春文庫PLUS)

著者 :
  • 文藝春秋
3.55
  • (123)
  • (91)
  • (339)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 1105
レビュー : 125
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167660123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • *乙女
    *野ばらちゃん
    *痛ロリヲチ

    読み物として楽しむのが正解。
    ソフトにアレンジして実践すると、ちょっとエレガントかも。

  • 女だろうが男だろうが読め!!
    バイブルにしてもよいかと・・・。
    ってか、しよう★ ←

  • 獄本野ばらが昔発行していたフリーパーパーに連載されていたものを集めた1冊。
    現代社会とは決して相容れない華麗さと熱さを持ち合わせた彼の生き方が、わたしは好きです。

    乙女=かよわい、弱いと思っている貴方。
    そんな貴方は是非読んでみるべきです。
    観念が破壊されます。

  • 「野ばらちゃん、大好き!」のスタートブックでした。
    女の子に生まれて来られて、幸せ。

  • 徒然草読んでる感じ

  • 乙女になるべきためには読んどくべき。
    すっごい影響受けてま、す

  • お姉ちゃんが高校生のときに乙女になりなさいといってくれた本。でも、この著者男?ってびっくりして、こんなに有名になるとは思わなかった。エッセイってさ、誰の物でも読めるよね〜

  • 本当はハードガヴァーの方が欲しかったのですけれど、入手困難でしたので。環境が変わった時、たとえば進級や進学などで自分を確立しなければならないときに好んで読むと迷いませんし、流されもしませんので重宝致します。何冊か買って、お家用と持ち歩きようなど準備するのが宜しいかと存じます。

  • 乙女バイブル…嶽本野ばらの入門書でもあるかも?

  • 中学時の愛読書。

全125件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

「2015年 『破産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

正しい乙女になるために それいぬ (文春文庫PLUS)のその他の作品

嶽本野ばらの作品

ツイートする