ミツウラの鳴らない電話 (文春文庫PLUS)

著者 :
  • 文藝春秋
3.14
  • (0)
  • (10)
  • (21)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 75
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167660871

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 意外とおもしろかった。なんか暗くて。
    光浦や、あと清水ミチコの感覚は好み。

  • なんと言ったらよいのか……。

    自分もブスだし、ひねくれてたし、モテなかった。それなのに惚れっぽくムダに自信過剰なところがあった。実際に面と向かって指摘してくれる親切な人はいなかったけれど、「小心者のくせにプライドが高い」ところなんかもそっくり。

    だからかなあ。面白いんだけど悲しいというかつらいというか。
    可哀想と言われるのはミツウラさんも嫌だろうから言わないけど、ほんと、なんというか、読了後、「私たち、きっと幸せになりましょうね!」と固く握手をした気分になった。

  • 面白い。
    このひねくれ方がポジティブな感じ!

  • ちょっと文章が読みづらい箇所もあったけど面白かった!
    「カボチャで、ボッカチオ」おもしろい。
    「メガネちゃん、合コンする」の最後の男性とのやりとりも面白い。
    マネージャーも面白い。

  • 未読。光浦靖子は好きなので、いずれ是非

  • この本を読んで共感できない女に生まれたかったような、そんなことはないような…複雑。

  • 「み・つ・う・ら」の文庫化されたものだったとは知らずに買ってしまった。「大幅に加筆しました」って書いてあるけど嘘っぱちだ!ほとんどおんなじ。うう~残念。

  • 掴みはいまいちだった気がする。
    独特の言い回しにちょっとイラッとしたりする。
    でも読み進めていくうちにそのクセが病み付きになる。
    時々プッと吹き出しちゃったりする。
    あっという間に読み終わってしまった。
    読んだ後に光浦さんのエッセイがもっと読みたくなる一冊です。

  • これ読んで気づいたけど私もブスだわ!!共感しちゃったよ。。
    兄が嫌で村上春樹が嫌いとか、毎晩の村上戦争で春樹を断るのも龍を断るのも断るのが楽しいって話が一番面白かったです。
    後半は共感でき過ぎて悲しくなってきたわ。。

  • 光浦さん、結構好き。手芸も好きだということだし、お友達になりたいタイプ。
    だがしかし、このエッセイを読んで思ったのだけど、光浦さんって結構キツイことを言う人だったのね。
    私が友達になりたいと思ってても、光浦さんの方からお断りされるかも……。
    内容は、おもしろかったです。
    何かが起こって、「こんなことがあった!」というエッセイではなく、光浦さんの考えてることとか、そういう地味〜(笑)なことがおもしろおかしく、時には自虐的に書かれていて、楽しめました。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

タレント。1971年生まれ、愛知県田原市出身。東京外国語大学在学中の1992年に、幼なじみの大久保佳代子と「オアシズ」を結成。1993年にフジテレビの深夜番組『とぶくすり』にナインティナイン、よゐこ、極楽とんぼとピンでレギュラー出演。それが1995年に『めちゃ2 モテたいッ!』、1996年に『めちゃ2 イケてるッ!』になってゴールデンタイムに進出する。2003年、雑誌「TV Bros.」で悩み相談『脈あり?脈なし?傷なめクラブ』を連載開始。読者から送られてくるどんな悩みに対しても、親身になって17年以上答え続けている。当連載はこれまでに『傷なめクラブ』『お前より私のほうが繊細だぞ!』の2冊が刊行されており、この本で3冊目となる。趣味は手芸。


「2020年 『傷なめクロニクル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

光浦靖子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×