ボーン・コレクター 上 (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.92
  • (163)
  • (279)
  • (199)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 1712
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167661342

作品紹介・あらすじ

ケネディ国際空港からタクシーに乗った出張帰りの男女が忽然と消えた。やがて生き埋めにされた男が発見されたが、地面に突き出た薬指の肉はすっかり削ぎ落とされ、女物の指輪が光っていた…女はどこに!?NY市警は科学捜査専門家リンカーン・ライムに協力を要請する。彼は四肢麻痺でベッドから一歩も動けないのだが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 海外翻訳モノにもう一度挑戦
    しようとした時
    「確か映画化されてたような?」と
    タイトルからぼんやり考える程度だった。

    そのとき図書館では借りず…

    書店で「ウォッチメイカー」の文庫版の
    あらすじを読む。面白そう。
    これがなんと「ボーン・コレクター」から続くシリーズモノだったとは!!
    (長く続くシリーズモノなら面白いはず!という安易な考え)

    で「ウォッチ〜」読みたさに一作目から読みはじめる。
    翻訳モノを断念した苦い記憶(確かキングの「ダークタワー」)
    最初はとっつきにくいかもしれない…でも最後まで読んでほしい。

    「小さな証拠から犯人を追う安楽椅子探偵VS残虐な犯人」
    病によって動けない主人公ライムの眼となって現場を駆けるアメリア、二人の関係性

    今もそうですが自分の読書の
    「探偵モノ」の基準となる作品

  • 海外の作品は苦手なのに、読んだ人の感想をみて読みたいと思った本がシリーズモノと知り、第1作目のこちらから読んでみることに。
    訳のせいか、残虐な犯行にあまり嫌悪感を抱かずに読めています。
    それにしてもカタカナで外国名は男か女かもわからずに感情移入しにくい。
    前の方の名前一覧を何度めくったことか。
    とにかく早く下巻へ行かなければ!

  • ジェフリー・ディーバー大好き!
    初期の出版物から順番に読まないと気が済まない私は
    新刊を「グっ」とこらえて読んでます。
    リンカーンとアメリア・・・・目が離せない

  • 前から読んでみたかった“リンカーン・ライム”シリーズ。

    僕は長編小説が好きなんで、9作も出てる事は暫く何読むか考えなくて良いし、登場人物もそんなに覚えなくて良いしで良いことずくめ。
    しかもカナリ評価も高いボーンコレクター。さぁ、どうでしょう?

    って事で読んでみましたが、確かに面白い。
    まだ上巻だけしか読んでないけど、ライムのキャラが良いアクセント。障害者で弱い立場なのにそれを感じさせない人物像。才能も能力も高いの体のせいで思い通りに行かないイライラや悲しさが伝わってくる。が、横柄な態度が多いのでそれ程同情はしないけど。
    映画は見てないので、ライムはDr.HOUSEのハウスが脳内再生されるw

    一方サックスは半人前の美人設定だけど(美人じゃなくてもいい気がするけど)まじめで正義感溢れる感じ。ぶっちゃけサックスはそんなに魅力的じゃない。(上巻だけの感想だけど)

    また、犯人役のボーンコレクターさんは、これまたイケテルサイコヤローで良い感じ。

    話の展開は思ったほど早くなく、ライムの部屋の駄弁りがメイン。ここらへんはCSIを比べると証拠からの推理が飛躍しすぎ(思い込みすぎ)な気もするが、しょうがないか。

    ただ、翻訳が上手いためストレス無く読み進めれるので、★4つってところですかね。

    さ、下巻読も。

  • ライムシリーズ1

  • リンカーン・ライムシリーズ第1作目上巻。

  • 感想は下巻にて。

  • 海外モノは登場人物の性別がわからない。

  • ケネディ国際空港からタクシーに乗った出張帰りの男女が忽然と消えた。
    やがて生き埋めにされた男が発見されたが、地面に突き出た薬指の肉はすっかり削ぎ落とされ、女物の指輪が光っていた…女はどこに!?
    NY市警は科学捜査専門家リンカーン・ライムに協力を要請する。
    彼は四肢麻痺でベッドから一歩も動けないのだが…。
    (アマゾンより引用)

    面白くないことはないけど、外国物はやっぱ登場人物がカタカナだから分かりづらい(笑)
    とりあえず、リンカーンも、女性(名前忘れた)もあんま好きになれない。


  • 難しいとにかくすすまんけど、進み出したらライムも好きやけど、あーでもライムとアメリアの今後もきになるし、アメリアの過去もきになるしでも、しょっぱなのテンポが悪いっていうか、難しい_(:3 」∠)_その女アレックスのカミーユのがなんかいい気がするなーでも身体障害者の警部っていうか自分で鑑識にいけんのにジリジリとした感じもやけど、なんか確執に触れてない気がする。とにかく難しい!!
    どんでん返しあるんかなー、なんかお気に入りの本に沿って殺していく犯人。まぁ、普通警部側の話やしな。

全168件中 1 - 10件を表示

ジェフリー・ディーヴァーの作品

ボーン・コレクター 上 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×