ある人殺しの物語 香水 (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.77
  • (210)
  • (236)
  • (300)
  • (34)
  • (8)
本棚登録 : 2295
レビュー : 284
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167661380

作品紹介・あらすじ

18世紀のパリ。孤児のグルヌイユは生まれながらに図抜けた嗅覚を与えられていた。真の闇夜でさえ匂いで自在に歩める。異才はやがて香水調合師としてパリ中を陶然とさせる。さらなる芳香を求めた男は、ある日、処女の体臭に我を忘れる。この匂いをわがものに…欲望のほむらが燃えあがる。稀代の"匂いの魔術師"をめぐる大奇譚。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 調べものをしていて行き当たった本を、
    目的とは無関係だが面白そうだと思って購入、読了。
    2019年9月、第20刷。
    ドイツ人がドイツ語で描き出した
    18世紀のフランスが舞台の奇想天外な物語。
    雅やかなタイトルだが、
    中身は相当にエグい(いい意味で)。

    未婚の母から望まれずに産み落とされた男児は
    ジャン=バティスト・グルヌイユという名を与えられ、
    修道院などで養育された後、皮鞣し職人の見習いとなったが、
    生まれながらにして類稀な嗅覚に恵まれ、
    あらゆる匂いを嗅ぎ分ける能力を持っていた。
    彼はパリで評判の香水屋バルディーニの弟子となり、
    精油を調合し、頭の中に立ち込めていた無数の香りを
    香水として世に送り出すまでになったが……。

    【引用】

     p.41
      少年は空想のなかで匂いを組み合わせるすべを
      心得ており、
      現実には存在しない匂いですら
      生み出すことができたのである。
      いわばひとり当人が独習した
      厖大な匂いの語彙集といったところで、
      それでもって思いのままに
      新しい文章を綴ることができるというもの。

     p.156
      富を稼ぎ出そうとは思わない。
      ほかに生きるすべさえあれば、
      生活すらたよりたくないのである。
      自分の内面にひしめいているもの、
      それこそ地上のいかなる栄耀栄華よりも、
      はるかにすばらしいものと思えてならない。
      これを香水によって表してみたいだけだった。

    言葉や絵筆でなく、香りによって
    自身の内に渦巻く物語、
    あるいは渇仰のイメージを現実化せんと試みた青年。
    目的のためには手段を選ばず、
    関わった人々をほぼ漏れなく不幸の谷に突き落とす
    “蛙男”(グルヌイユとは「蛙」の意)の一代記。

    華麗な調香の世界の話かと思いきや、
    非常に下世話で人間臭く、ゲスい小説だったので、
    ヘラヘラ笑いながら読んでしまった。
    デヴィッド・マドセン『カニバリストの告白』(料理界の話)
    https://booklog.jp/users/fukagawanatsumi/archives/1/4047916072
    を連想したが、
    こちらの方が小説としてのクオリティは
    ずっと高い気がする。

    訳者文庫版あとがきに曰く、
    映画の中で匂いをどう表現するのか、
    「やはり映像よりも、活字を通しての想像にこそふさわしい」
    とあり、私もそう思った。
    けれども、文章で香り/匂いを表現するのは、
    味について書くことに輪をかけて難しいとも言えよう。

  • 大好き。香りを追求していく、ある意味もっとも純粋な男のファンタジー。
    至上の香りとは、、読んでいて想像通りでそれでも展開は読めずにいて面白かった。
    こういう本にもっと出会いたい。

  • 読み終えたくなかった、というくらい引き込まれた。中身に関しても沢山話せるんだけど、とりあえずこの人の表現の世界にずっと浸っていたい。

    翻訳の方が素晴らしい。匂いという表現の幅が狭そうなものを、鮮やかに文字に起こす。匂いに対するこちらの想像が追いつかず、それが心地よい余白になる。
    まさに、活字を通してこそ享受するに相応しい作品だった。


    今までは全く思入れがなかったようなものでも、一つそれが題材の本を読むと、そのものが無限に想いを馳せれる起爆装置に昇華してしまうことがある。まさに香水がそうなった。異常性に惹かれた。

  • さまざまな匂いのひしめく世界において、ただひとり匂いをもたない人間であり、至極の嗅覚をもつ男、グルヌイユの人生の物語。

    愛されたことがないために、愛を知らない。
    そんな彼が、至高の香り(=処女の美)を求めて、25人の女性を殺した後に「愛」そのものの香りを手に入れる。
    それを通じてありとあらゆる人間に愛されるけれども、皮肉なことに彼はやっぱり、愛を知ることができない。

    彼が自分にだけ匂いがないことを知ったときの悲嘆が、とても切なかった。

    本当に彼が欲しかったものは何なのだろう。
    彼は最期まで、一番欲しかったものを得ることができなかったように思う。

    今までに読んだことのない類の小説だった。

  • 面白かった。
    グルヌイユが求めていたのは匂いなのか愛なのか。ずっと求めていた香水で人々を惑わせ、神になっても彼が満足出来なかったのは、自分に匂いがない限り不気味で孤独な存在だということは変わらないと思っていたからだろうか。悲しい話でした。

  • 求めたのは愛か、究極の匂いか。
    悪臭漂う18世紀のパリで、生まれつき体臭がなく、嗅覚が不気味なほど鋭い男が生まれた。名はジャン=バティスト・グルヌイユ。
    グルヌイユは孤児院で、愛情や友情とは無縁の地で育った。仲間からも煙たがられ、幼いころは殺されそうにもなった。
    そんなグルヌイユは、皮なめし職人の見習いとして働くようになってから、今まで嗅いだことのない美しい匂いに出会う。それは、甘美な処女の香り。グルヌイユはその匂いを少女の後ろから堪能し、つい殺してしまう。
    そこから幸運にも香水屋で働くことになり、技術を身に着けていくグルヌイユ。しかしグルヌイユが求めたあの匂いはどうしてもつくれなかったし、抽出もできなかった。
    より高度な技術を知るには、南方の香水産業の盛んな都市・グラースに行く必要があった。そして、長い旅路を経て、グルヌイユは再びあの甘美な匂いに出会う――。


    匂いって不思議ですよね。幼いころ、母親に抱きしめられて感じた母の香りとか、恋人の匂い。憧れの人の残り香。落ち着いたり、ドキドキしたりします。心地よい。
    逆に不快な匂いもありますよね。素敵な香りの香水が、付けすぎてむしろ悪臭を放って下品になってしまったり、不摂生な生活で体臭が悪臭になってしまっていたり。
    グルヌイユはそのどちらにも該当しない不思議な人物。「あいつは匂う」なんてドラマや小説ではよく聞きますが、グルヌイユの周囲の人間は、匂わないからこそ彼を不気味に思い、極力避けたりしました。だからグルヌイユの嗅覚が異常に優れているという設定はとても面白かったです。
    匂いに執着していろいろな技術で物から香りを抽出しようとしたり、求めた処女の甘美な香りを自分のものにしようと辛抱強く黙々と技術向上に努め、ついに殺人を犯し続けてものにした。
    でも結局、グルヌイユはその究極の香水を手にして何をしたかったのか。リシの言葉にもぼんやりうなずくだけ。最後は香水を使い果たして命をあのような形で終わらせる。
    自分のために猫のフンや腐ったチーズなどであつらえた専用の香水。彼はそれを身にまとって、初めて普通の人のように人に接せられ、乳香をまとう神を「神はくさい!」とまで思った。
    幼少期から子供らしさのかけらもなく、道徳心など、そういったものが苦手だったグルヌイユでも、やっぱり誰かに愛してほしかったんじゃないのかなと思わずにはいられませんでした。匂いがないからグルヌイユは愛されなかったのか。匂いがあったら愛された?
    息をするとどう足掻いても匂いは感じるもの。普段香水やデオドラント、香り付きの柔軟剤などを感じない限り、人間の体臭なんて汗臭い以外あまり感じませんよね。だからなんだか不思議でした。
    私はあまり香水はつけないし、香り付きの柔軟剤も苦手です。匂いについても詳しくないので、小説内で出てきた花の香りや、スパイスなど、とても気になるものが多かったです。たまには隣にいるとほのかに香る程度に香水をつけるのもいいかもしれませんね。
    とにかく摩訶不思議な小説だったので、また読んでみたいです。2006年には映画化もされているようなので、そちらも拝見してみたいですね。

  • amazonprimeの映画で観た。なんとも宗教的なお話…耽美、背徳、信仰、愛、そういったもの…
    処女の死体から出来上がった香水は、人が持つことを赦されない、神聖なものだった。香水の香りを嗅ぎ、処刑場で我を忘れて無垢に愛し合う人間達は、宗教画のようだった。殺人という作業さえ、崇高なものに感じられた。
    あの香水こそ、本物の「愛と精霊」だったんだろうか。

  • 初読

    ミステリなのかと思って読み始めたらそうではなく、
    時代小説のような不思議な小説…幻想文学か。なるほど。
    匂いの天才、無臭のグルヌイユ。

    18世紀フランスの情景が鮮明に脳裏に浮かぶような
    緻密な濃厚な描写。
    バルディーニの香水店の酔うほどに匂い立つ圧倒的なディテール。
    ここを読むのが1番気持ち良かった。
    気持ち良かったのです。香りを嗅ぐみたいに。

  • 匂いのみで世界を構築する存在がたまたま人の姿で生を受けたその時から、彼の欲望が、同族であるはずの人間のすべてから理解されずに捨て置かれることは決まっていた。たとえ彼がその術を持って世界を征服しようとも。

    ページを繰るごとに襲ってくる匂いの洪水に、けれども身構えることなかれ。
    物語の構成は丁寧で緻密、骨子がしっかりしていて盛り上がりも文句なし、世界で200万部超を売り上げたというのも納得、匂いの渦の中を翻弄され、話の進むままにただ流されたくなる、たいへん読みやすく、面白い小説でした。
    難を言うなら流麗で軽快な文章がために、おぞましいはずの場面にもある種の華やかさが漂ってしまうところ。個人的にはもう少し重くても良かったかな。

    それでも所々に覗くユーモアにはやっぱりクスリとさせられ、特に主人公のグルヌイユが行く先々で関わり合いになる人々のその後の顛末など、どれも大層ブラックながら思わず笑ってしまうような可笑しみがありました。エスピナス侯爵の無謀な挑戦とか滑稽で哀しかったなあ。

    神の存在など一顧だにしなかったグルヌイユ自身の、気まぐれな神の手のひらで渇きにのたうちまわるがごとくな人生にある種の皮肉をおぼえずにはいられませんが、残り香がふいっと立ち消えるような、孤独で鮮やかな彼の幕引きには、ほっと息をつく美しさがありました。
    あとはその余韻をこわさぬよう、そこにかつて存在した香りの跡形をそっとなでるのみ。

  • 読み終わるのが惜しくなる作品。この物語に引き込まれ、民衆がグルヌイユを眼前にして狂い果てたことに納得してしまった。活字から伝わる不思議なグルヌイユの力がそこに在った。
    作中に、「とにかく言葉というものは匂いの世界を延べるのに不向きなのだ。」と書いてあるが、匂いを修飾する言葉が美しく、面白く、一気に語彙力が高まった気がする笑
    映画化されているのでそちらも鑑賞してみたい。

全284件中 1 - 10件を表示

パトリック・ジュースキントの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部みゆき
G. ガルシア=...
綿矢 りさ
安部公房
サラ ウォーター...
遠藤 周作
ジュンパ ラヒリ
角田 光代
有効な右矢印 無効な右矢印

ある人殺しの物語 香水 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×