動物園にできること (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.06
  • (19)
  • (16)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 143
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167662035

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多角的な視点と絶妙なバランス感覚が素晴らしい。
    多くの日本人は動物園の動物も愛玩動物としての視点から(つまり「カワイイ!」というだけの感想で)見る、ということ、確かにそうなんだけど、改めて言葉にされると衝撃的だった。文庫のための後書きでも2006年付近の事情だから、2013年の今だったらもっと色々変わっているんだろうな。メディアや周りの来園者からは手放しでほめられている旭山動物園の抱えるジレンマなんかも書かれていて面白かった。行く前に読むと色んな視点で観られると思う。
    あと、2011年を経て2013年の今さんざん手垢のついた「~にできること」という言葉が久々にすんなり心に入ってきた。

    小説も面白いもの書く方だけど、こういったレポートのような本の方が個人的には読みやすかったな。

  • 川端裕人さん万歳!
    ぜひ一読を。

著者プロフィール

川端 裕人(かわばた ひろと)
1964年、兵庫県明石市生まれの小説家、ノンフィクション作家。東京大学教養学部卒業後日本テレビに入社し、記者として科学技術庁、気象庁を担当。
1995年『クジラを捕って、考えた』を執筆し、ノンフィクション作家としてデビュー。1997年日本テレビを退社後、1998年『夏のロケット』で第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞し、小説家デビュー。
その後も小説とノンフィクション二つのジャンルで活躍を続け、2000年『動物園にできること』で第31回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2004年『せちやん 星を聴く人』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2018年『我々はなぜ我々だけなのか』で科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞をそれぞれ受賞した。

川端裕人の作品

ツイートする