新装版 夏草の賦 (上) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.77
  • (218)
  • (310)
  • (400)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 2097
感想 : 197
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167663193

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 龍馬もだけど、この人、こういう人なのー!って驚きが面白い。
    元親の小心なのか大物なのか微妙な描き方。
    美濃から嫁いだ菜々の大らかというか豪胆というか。
    「いくさに勝つということは、さほどむずかしいことではない。勝つ準備が敵よりもまさっていればもうそれで勝てるのだ。」とあっさりいう元親。それを理解し実行できるのはまさに天賦の才。
    「武士の腹は真っ白でなければならぬが、しかし、大将はちがう。墨のような腹黒さこそ統一への最高の道徳だ」
    臆病だからこそ誰よりも準備を重ねる。
    土佐から阿波を切り取り、時には大きな犠牲を払い力で押し、いよいよ四国全てが目前となった時、信長が四国まで手を伸ばしてきた。
    「天の意思に善悪はない。それを善にするのが人である。」

    歴史ものは前途が見えていてそれが切ない。

  • 四国の戦国大名長宗我部一族の物語。

    長宗我部という不思議な名前は、鎌倉初期に土佐の曽我部に地頭としてやってきた能俊が、曽我部姓を名乗ったが、すでに曽我部という家があったので、区別するために長岡郡の曽我部ということで、長宗我部と呼ばれることになったらしい。(p65)

    この物語は美濃の斎藤利三の娘菜々が、長宗我部元親に嫁ぐところから始まる。

    そこから、元親の土佐統一、四国制覇の歩みが始まる。

    私は信長の野望というスーファミのゲームを初めてやった時に、長宗我部を選んだので、以来長宗我部を贔屓にしているが、彼らの物語を読めて良かった。

  • 土佐の国から四国制覇を目指した戦国武将、長宗我部元親が主人公。若き彼は武将としての自信に乏しく、誰よりも臆病だった。が、その短所が戦への慎重さをもたらし工夫を欠かさず、戦前の外交を重視した。戦の勝敗はその前の準備で決まることを彼は十分に知っていた。

    しかも、元親が気にするのは目の前の対戦武将だけではない。四国から遠く離れた織田信長に目をつけ、その配下の明智光秀のそのまた配下武将から嫁を取り、それをきっかけにして織田家の威を武器にする。

    そんな元親の苦労が実り、長宗我部家は領土を拡大。元親は四国を統一し、その勢いで天下統一の候補者として台頭することを夢想する。が、織田信長もまた元親を利用していた。元親を応援し、四国を征服させた後にその元親を叩こうとする。

    似た者同士の二人だが、決定的に違ったのが出身地から京都までの距離。信長が天下を取れて、元親が取れなかった理由はそれだけだった。

    人生を左右するのは実力だけじゃない。世の中は不合理で不平等で納得できないことがよくあるのだ。というわけで、信長が長宗我部征伐に乗り出したところで下巻へ。

  •  土佐から興り、四国統一を果たした長宗我部元親の物語。
     国を興す元親の勇気と行動力、それをささえた南国土佐の風土と気質、そして美濃から嫁いだ奈々の朗らかで暖かなまなざしによって鮮やかに描かれている。
     実は元親は、幼少時には内気で「姫若子」と呼ばれただけあって、慎重で用心深く、なかなか陰湿な謀略家であり、決してさわやかな人物ではないんだが。それでも国の草創期の情熱とか、中央活躍する織田信長を目指す様子などは、表題のように若々しく気持ちがいい。
     しかし、夏草のごとく長宗我部家が廃れるのも早い。信長の死後、大きく変換する世の流れには逆らえず、元親の領土は土佐一国に収まる。そして、将来が期待された長男・信親の死。長宗我部家の翳りが見えてくる。
     長宗我部家は、元親の一代に興隆と滅亡とを語ることができてしまう。その一生の苛烈さ・鮮烈さが魅力なのではないだろうか。

  • 少し天然だけど、豪快さもある菜々。普段は無口ながら、織田信長が討伐に来ると知らされた際は、男っぽさのある発言をする長宗我部元親。個性があって良いと思います。

  • 四国の長曽我部元親に対し、織田信長が討伐を命じるまでの上巻。まず、信長の腹心、明智光秀ゆかりの菜々が長曽我部家に嫁ぐ出だしも大いに興味をそそる。ほぼ作者の創作だろうが時に笑いを誘いつつ展開させ、長曽我部元親の人柄と考え方を織り交ぜ、読者を徹底的に元親主眼にさせる。内容もとても濃く、かと言って難しくもなくすらすら読めてしまう。結末は分かっていながらも下巻が楽しみです。

  • 久々の歴史小説にて読み疲れるも、面白い。

  • ~全巻通してのレビューです~

    長宗我部は必ず?下の名前に「親」が付いて、どの時代のどの長宗我部がどの「○親」なのかよく知りませんでしたが、四国を平定したのは元親だったんですね。
    そしてその後、秀吉に屈服し土佐一国になるわけか。
    四国平定後、どうなったかは読むまで知りませんでした。

    元親はよく「僻地の土佐に生まれていなければ」と言ってましたが、まあそれはそうで不運なんですが、何度もその発言が出てきたので女々しく感じました。
    随分内省的な人であったようですが。

    秀吉の命令で九州征伐の先鋒になり、アホの仙石権兵衛のせいで、嫡子の信親を失って四男の盛親が世継ぎになるわけか。
    続きは「戦雲の夢」で・・・

  • 蔵書整理で手放すので、再び出会い読む日もあるか

  • 【いちぶん】
    「わからぬ。なぜおれはこの虚弱な体をもかえりみずに働くのか。なぜ大汗をかいて合戦をし、調略をし、敵を追い、領土をひろげようとするのか自分でもわからぬ。」
    (p.129)

全197件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎(1923-1996)小説家。作家。評論家。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を次々に発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。ほかの受賞作も多数。1993(平成5)年に文化勲章受章。“司馬史観”とよばれ独自の歴史の見方が大きな影響を及ぼした。『街道をゆく』の連載半ばで急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

「2020年 『シベリア記 遙かなる旅の原点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×