生誕祭 上 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.65
  • (26)
  • (27)
  • (42)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 306
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (567ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167664046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 金と酒と女と、、、
    こういう裏社会もの、そして馳星周さんの作品は初なのですが、男の大好物なストーリーだと気付かされてしまいました。

  • 金、欲望が直結するからこそ、生々しくなりますよね。欲に染まる主人公。
    下巻が楽しみです。

  • バブルの浮かれた不動産屋とそれに乗っかった女の翻弄、バブル文化好きとしては堪らんね

  • 引き続き馳星周キャンペーン。いやあバブルバブル。なんでもない小僧がなんだかのし上がっていく?感じ?全体的にチープなんだけどワクワクする感じはある。ただ早紀とのシーンばかりチープというか陳腐でつまらない。それが演出だとしてもなあ。

  • 復活祭を読んだので、その前編を読みたくて購入。
    まさにバブルの絶頂期に踊った人たちのなれゆく果ては...。
    バブル時代を思い起こしながら読んだが、あまりに自分との世界がかけ離れているので戸惑いあり。さらにドラッグを多様するところが現実離れ。
    しかしそれが馳星周なんだ。
    スピード感は不夜城のようにあって痛快だ。しかし感動したり心に残ったりするものではない。
    スカッともしない。
    何も考えずこのスピード感に酔いしれたい時に読むのが良いかと。

  • 3.5 初期の馳はやっぱり最高。ヒリヒリ感が満載。

  • この時代に彼らと同年代だった人達は、きっとその時を思い返して読めるんだろうな~

  • バブル時代の熱気に憧れます。終わりが見えない好景気の真っただ中は経験者にしか分からない熱ですね。きっと。

  • 80年代バブル期が時代背景。90年代プチバブルだったらアイテムは「株」だったのかも知れないが、この小説では「土地」だ。宮崎学氏の地上げ屋本も本棚にあったな…


  • 初めて読むジャンルだけど、久々に夢中になって読んだ!


    マミの腹黒さと狡賢さが素敵すぎる

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。編集者、フリーライターを経て、96年『不夜城』で小説家デビュー。97年、同作品で第18回吉川英治文学新人賞、98年『鎮魂歌 不夜城II』で第51回日本推理作家協会賞、99年『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞。2020年『少年と犬』で第163回直木賞受賞。ノワール小説だけに留まらず、さまざまなジャンルの作品を執筆、高い評価を得る。近著に『蒼き山嶺』『雨降る森の犬』『ゴールデン街コーリング』『四神の旗』などがある。

「2020年 『文庫 神の涙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馳星周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

生誕祭 上 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×