High and dry(はつ恋) (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.74
  • (205)
  • (225)
  • (330)
  • (34)
  • (4)
本棚登録 : 2211
レビュー : 226
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167667030

作品紹介・あらすじ

14歳の秋。生まれて初めての恋。相手は20代後半の絵の先生。ちょっとずつ、ちょっとずつ心の距離を縮めながら仲良くなっていくふたりに、やがて訪れる小さな奇蹟とは…。毎日を生きる私たちに、ひととき魔法をかけてくれる、美しい魂の物語。かわいらしいイラスト満載で、心がぽかぽか温まる宝石のような一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。読んだのは二度目で昔読んだ時と少し感想が変わった。良かった。

    夕子とキュウくんそれぞれが家庭で子としての立ち位置を考えていくことで、夕子は大人にキュウくんは幼くなり、二人の内面の歳の差は縮まった。

    見えないものが見える力やライバル(?)の登場についてはよく分からなかったし、詩的というか自分の感情について客観的で理屈っぽい部分があったが、初恋のフレッシュさ・エネルギッシュさを感じることができた。身体うんぬんよりも先に、気持ち的な大事なことがあるでしょうと。

    意外と若い子より大人が読んだ方が来るものがあるのかも?! 挿絵も可愛かった。

  • 14才の女の子の話。
    世の中のいろんなことがキラキラしている作品。

  • 見えないものが見える独自の精神世界を持った子でした。だから考え過ぎて不安で怖くなる。恋愛、家庭環境、私自身。ペパーミントはそれ等への抵抗と挑戦。月下美人の君は私の心を見透かす。大人に憧れ恋をした。でも私はもう貴方の歳を超えても未熟で子供だと気付きました。着信を待つ震えと窒息感で死んでしまうような気がしてた。親も君も自分の世界の住人。別々の人間が同じ涙を流す隙間から愛が覗く。離れてると星の様に輝いて、リアルだと雲に隠れてしまうのは寂しい。私が選んだ像は、不器用に抱きしめたいと込めた母の愛。君は宝もの。そんな君の隣で呼吸をしていたい、これが私のはつ恋でした。

  • 14才の夕子ちゃんのはつ恋。そして、家族との関係。夕子ちゃんの言葉遣いが綺麗なので、よけいに透き通った印象を受けました。幸せな気持ちになるお話です。

  • とにかく若い世代、中学生や小学校におすすめしたい小説です。
    主人公が若いし、で親もヒッピーだから学校では浮くけど、楽しい世界は学校の外側にあって、自分で作っていけるよ~というメッセージある児童文学だと思う。

  • 挿絵もろとも可愛さ全開のほぼ絵本

    14歳のときにこんなに物事を考えれてたかどうか怪しい
    それが自分の未熟さなのか成人した大人が書いた小説だからなのかはよくわからん

    でもあったかくて良い
    寒い冬の夜に暖炉のそばで読みたい本

  • 14歳の夕子の初恋の相手・20代後半の絵の先生とのお話。
    夕子は考え方が大人で落ち着いていて、純粋で、でもまだ子どもで、とても魅力的な女の子。
    二人の周りでは不思議な出来事が度々起きる。
    目に見えないものを信じたくなるお話。

  • 子どもと大人の境界にいるような14歳の夕子のはつ恋。真っ直ぐで爽やかだが眩しすぎるかも。純粋なのか達観しすぎなのか。
    はつ恋自体も素敵なのだが、キュウ君やその母、周りの人を通して親を親だと感じつつ、一人の人間としてとらえられるようになる、自分が子どもであることを皮肉でなく感じられる、大人への一歩を踏み出す瞬間が美しく描かれており、なんだかよい気分になれた。

  • みている世界が一致した時の感動 自然に

  • とっても穏やかな気持ちだったので、この気持ちを乱したくないと思い、手に取ったよしもとばなな。静かに温かくなる、素敵なお話でした。あとがきにも書いてあったけど童話みたいな小説。あたたかみのあるイラストもすてきだった。

全226件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

High and dry(はつ恋) (文春文庫)のその他の作品

High and dry (はつ恋) 単行本 High and dry (はつ恋) よしもとばなな
High and dry (はつ恋) (文春文庫) Kindle版 High and dry (はつ恋) (文春文庫) よしもとばなな

よしもとばななの作品

High and dry(はつ恋) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする