イルカ (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.61
  • (93)
  • (169)
  • (235)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1465
レビュー : 171
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167667047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウーム
    当分ばななさんはいいかな…
    一気に読みすぎました。

    いいなと思う箇所もあるけれど、全体的には入り込めない。
    読めないことはないけれど、やはり合わないのかなァ。

    ばななさん作品は当分お休みします。
    暫くしたら初期の話を読みたいです。またキッチンのような面白さに出会えたら…

  • あとがきに違和感。
    よしもとばななの代表作⁉はこれではない。

  • イルカをみるとなぜだかほっこり幸福な気分になる。

    ――恋愛はいつでも時間を奪う。必ず冷めるとわかっているのに、そのときは巻き込まれて気づかないうちに、いろいろなものを失ってしまうし、私のための時間が減ってしまう。まだ誰にもなにかを与えたいというほどには愛してるいないのに、私はまた私をひとところにしばりつける流れの中に入ってしまいそうになる。

    よしもとばななさんらしい表現。決して甘すぎないものがたり。
    最後は涙がでた

  • ネガティブなこともまなまなしいことも一貫して爽やか。
    頭で考えることが多くなってしまいがちだけど、『感じる』っていうのも大事なんだと思った。

  • やわらかい気持ちになれる本。
    気分転換したい時に読むと癒されます。

  • 二ラウンド目で読みましたが、最初はストーリーを全く覚えていなかった。
    キッチンの時の様に、ややアブノーマルな状況で主人公は自分に正直に又淡々と生きていきます。
    だが、本当にこんな感じ方があるのだろうか。
    これは作者の理想?
    現実のドロドロした、全く統一性もないさまざまな感情を排除したいのか。
    これがバナナさんの本当の感性ならば、私とは凄く違うと思いました。
    普通の人とは違うと思いました。

  • 最初はなかなか進まなかったんだけど、途中から一気に読んだ。
    よしもとさんらしさがよく出ている作品だと思います^^

  • なんだか小説というより、よしもとさんの妊娠体験記を読んでいる気がした。それはそれでいいんだろうけれど、ちょっとイルカって小細工がとっぴ過ぎな気がする。まあ人によってはイルカだったりウサギだったりするのだろうけれど。なんだかよく分からないままに過ぎた本。

  • 出てくる人すべてが好ましい

  • 感覚はときに理屈より強い。

全171件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

イルカ (文春文庫)のその他の作品

イルカ (文春文庫) Kindle版 イルカ (文春文庫) よしもとばなな

よしもとばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
村上 春樹
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

イルカ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする