イルカ (文春文庫 よ 20-4)

  • 文藝春秋
3.62
  • (106)
  • (181)
  • (250)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 1780
感想 : 185
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167667047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 恋人との間に出来た赤ちゃんが産まれてくる話。赤ちゃんがつなぐ不思議だけどしっかりとした恋愛関係が心地よかった。人間に対する洞察力があって、よしもとばななの作品好きだなと思った。

  • “ 素晴らしい人は死んでからも何かしらその精神の痕跡を遺すものだ。”

    他の作品に比較して、時間が経った時にストーリーを少し忘れてしまいそうだと感じた。
    けど、剥製のくだりや、命のつながりを感じて見ていたスピリチュアルな夢の景色は、忘れないくらい印象的だった。

    今の私には少し、カチッとハマる感覚は無かったけれど、人生における何かしらの転機が訪れたらまた読んでみようと思う。

  • ちょっと重かったかなーー。
    剥製と新しい命というコントラクトが目立つ

  • ストーリー的には
    恋愛小説でもあり
    家族小説でもあり
    友情もあり

    けれどどれも当てはまらない
    気がするのはなんでだろう。
    それは多分、
    妊婦独特の世界みたいなものがあって
    その経験をした人にしかわからない
    のかもしれないなぁ
    もし、私が妊婦になることがあったら
    そのとき改めて読んでみたい。

  • 私のからだは私だけのものだ。その通りだと声を大にして言いたい。私のからだは私だけのものです。それは確かに確信をもっていえる。誰かに支配されるものではない。色々と考えさせられる。
    要素小説だと思った。書くべき要素が散りばめられているんだけれども、それが物語として一本筋の通った形にはなっていないとおもう。書きたいことがぼこぼこ、ぼこぼこと出てくるかんじ。ああ、なんか朦朧としていたのかなあ、とか、長く作家をやっているとこうなってしまうのかなあ、とか、商業主義が彼女の才能を散らせたのかなあ、とか色々と考えてしまう。もとからよしもとばななの小説は要素が強い印象はありますが、これはほんとうになんだか物語という容器に入ったものではなかった。けれども、考えなきゃいけないものがいっぱいあった。

  • 「そうやって許さなくちゃいけないことが増えていくのは、幸せなことだった。潔癖でかたくるしかった自分の人生がぐちゃぐちゃに壊れてどろどろに混じっていく、今度はその泥の中からはどんな蓮が咲くんだろう?」

    以前はなんとなくフワフワした雰囲気で、世界観や、最後に必ずある救いや癒しな雰囲気が苦手な作家さんでした。たまたま何となく手に取り、この一文に出会って読むことを決めて読んだ20年ぶりくらいのばななさん本。

  • ウーム
    当分ばななさんはいいかな…
    一気に読みすぎました。

    いいなと思う箇所もあるけれど、全体的には入り込めない。
    読めないことはないけれど、やはり合わないのかなァ。

    ばななさん作品は当分お休みします。
    暫くしたら初期の話を読みたいです。またキッチンのような面白さに出会えたら…

  • あとがきに違和感。
    よしもとばななの代表作⁉はこれではない。

  • イルカをみるとなぜだかほっこり幸福な気分になる。

    ――恋愛はいつでも時間を奪う。必ず冷めるとわかっているのに、そのときは巻き込まれて気づかないうちに、いろいろなものを失ってしまうし、私のための時間が減ってしまう。まだ誰にもなにかを与えたいというほどには愛してるいないのに、私はまた私をひとところにしばりつける流れの中に入ってしまいそうになる。

    よしもとばななさんらしい表現。決して甘すぎないものがたり。
    最後は涙がでた

  • ネガティブなこともまなまなしいことも一貫して爽やか。
    頭で考えることが多くなってしまいがちだけど、『感じる』っていうのも大事なんだと思った。

全185件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年07月24日東京都生まれ。A型。日本大学芸術学部文藝学科卒業。1987年11月小説「キッチン」で第6回海燕新人文学賞受賞。1988年01月『キッチン』で第16回泉鏡花文学賞受賞。1988年08月『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で第39回芸術選奨文部大臣新人賞受賞。1989年03月『TUGUMI』で第2回山本周五郎賞受賞。1993年06月イタリアのスカンノ賞受賞。1995年11月『アムリタ』で第5回紫式部賞受賞。1996年03月イタリアのフェンディッシメ文学賞「Under 35」受賞。1999年11月イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門受賞。2000年09月『不倫と南米』で第10回ドゥマゴ文学賞受賞。『キッチン』をはじめ、諸作品は海外30数カ国で翻訳、出版されている。

「2013年 『女子の遺伝子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よしもとばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×