虚人 寺山修司伝 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 26
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167678036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 寺山はもっと長生きしてほしかった。

  • 模倣。真似。演技。その道を通過しないでオリジナルな大人にはなれない。男ってどれだけ格好よくみせたくて。女ってどれだけ綺麗に可愛くみせたくて。煙草を吸ってブランドを着こなし鏡を見るのだろう。って。ボクは寺山修司が特別好きなわけではないが。嘘ばっかりついて虚勢ばかり張って自己顕示欲に溺れている姿はちょっと度を過ぎているが誰にでもある普通のコト。有名になって先人たちの上を行く。そのために今は惨めに映ったってかまいやしない。その上昇志向が。「振り向くな 振り向くな後ろには 夢がない」 と詠わせたのだから自分と闘うってほんと意義あることだなって。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1952年生まれ。青森県出身。出版社勤務を経て作家へ。97年21世紀国際ノンフィクション優秀賞、99年、『空と山のあいだ』で開高健賞を受賞。著書多数。

「2021年 『1976に東京で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田澤拓也の作品

ツイートする
×