鬼平犯科帳の人生論 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.36
  • (3)
  • (0)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167679170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鬼平からの抜粋と、河合塾英語講師里中哲彦による教訓集。ティーンだけでなく、大人まで栄養をもらえるように思った。きっと彼の授業も面白いんだろうな。

  • 鬼平犯科帳を全部読んだ人間であれば、平蔵の一言、フレーズに思慮深く頷いてしまう。

    「そうそう。さすが!平蔵だ。」もあれば「そういうことか?これは勉強になった。」とか鬼平犯科帳を読んだ際と又違った感慨があります。

    でも、池波正太郎はそう考えていたのかな?と思い再び鬼平を取り出してきてページをメクッテいる自分がいます。

  • これも副読本みたおなもの。たま〜に読み返します。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

里中哲彦(さとなか・てつひこ)
河合文化教育研究所研究員(「現代史研究会」主宰)。早稲田大学エクステンションセンター講師。早稲田大学政治経済学部中退。評論活動は、ポピュラー音楽史、時代小説、ミステリー小説、英語学など多岐にわたる。著書に『ビートルズが伝えたかったこと』(秀和システム)、『ビートルズを聴こう 公式録音全213曲完全ガイド』(中公文庫 )、『ビートルズの真実』(中公文庫)、『はじめてのアメリカ音楽史』(ちくま新書)ほか多数。

「2020年 『教養として学んでおきたいビートルズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

里中哲彦の作品

ツイートする
×