ハル (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.56
  • (29)
  • (36)
  • (75)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 334
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167679583

作品紹介・あらすじ

魂を感じさせる妻そっくりのヒューマノイド、幼い日の記憶のなかで語る科学館のロボ次郎、地雷撤去のため、探知犬と共にタイ東部国境をゆくデミル2、玩具として売られたロビタ-機械と人間をむすぶ切なく感動的なドラマが、現代科学の周到な知識のもと熱を孕んだ筆で描かれる。間近に迫る「あした」の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一言で言えば、この小説はズルい。借景の作品である。1970年前後の世代のバイブルである作品たちへのオマージュである。特に手塚治虫の。
    技術者として思うのは、機械工学、材料工学は空想科学が望んだ未来よりもかなり遅く進んでおり、それがロボットを残念な存在にしていると考える。そんなことを改めて考えさせられる。
    そもそも空想科学は、我々技術者に目標を与え続けてきた。空想科学に憧れるからこそ、その技術が進歩したのだと考える。当時で言えばロボット。今で言えば魔法であろうか。
    ジャスト世代の自分にとっては、当時の衝撃や感動を思い出せた。そういう意味ではありがたい小説である。気になるのは世代ではない若者はどう考えるのかといいこと。この小説の面白みはけっこうそこにあるのて気になるところだ。
    筆者は小説を書く前に精緻に調査をすることで定評があると記憶しているが、今回も細かいディテールまで、それもかなり広い範囲で提示している。その点については流石だなぁと感心した。

  • 近未来、ロボットと人が共存する世界はくるのか?
    人が挑む科学の最終目標とも言える、機会と人との共存を、あの鉄腕アトムと関連させつつ見事に描ききってあります。
    この作者の作品の多くは、専門用語が多様されており、難しい印象を受けますが、それを補うだけの卓越した表現力と世界観が光ります。
    人類とロボットが共存するとはどういうことなのか。そのような利点があり、どのような弊害があるのか。
    そういった点も、とても興味深いと思います。
    この作品は、全ての人に一度は読んで欲しいと思います。

  • これまでの瀬名作品に比べ面白くなかった。しかし、ロボットの可能性について一つの現実的答えが描かれている。一度ちゃんと鉄腕アトムをみてみたいと思った。

  • ロボットとそれに関わる人たちに関するお話集。

    SFと現実が折り混ざったようなお話で、切なく温かく、少し怖くて不思議な気持ちになりました。

    瀬名さんの作品は久し振りに拝読したのですが、丁寧に描かれたその世界観に惹き込まれて一気に読みました。

  • ロボの話、ドラえもんとか思い出す

  • ロボット短編SF。
    当時、瀬名氏には『パラサイト・イヴ』のホラーのイメージしかなかったので、強烈なインパクトでした。この作品で、自分がSFやロボットものに興味があることを再認識。

  • ロボットを中心にした短篇集。人とロボットのかかわり合い方は近い将来考えなければならないことだと思う。
    彼だからこそ、人間とロボットの境界を非常に近いところまで寄せて書くことができる。

  • ロボットの「あした」の物語。6編からなる連作集。
    一般的なロボットものとは異なり、現実の世界と地続きという観点から描かれている。それ故のもどかしさもあるし、また、夢も描かれている。
    収録されている作品の中では、「亜希への扉」が一番気に入っている。冒頭に次のように書かれている。
    「・・・この物語にタイムマシンは登場しない。残念ながら二〇一五年のいま、冷凍睡眠の技術もまだ確立されていない。・・・」
    このタイトルと、この記述から、気がつく人もいるだろう。
    『夏への扉』

  •  ほんとうに、手塚治虫は神だったのかもしれない……。
     これを読んでそう思った。これは「アトム」をモチーフとした「人とロボット」の未来への物語。

    「ブラックジャック創作秘話」を読んだあとだからこそそう感じるのかも。手塚治虫氏が命を削って作り上げたものを引き継ぐ人がいるんだなと嬉しくなる。

     最近、落ち込むこともあったけれど、未来っていうのは輝かしくすばらしいもの。そういう希望を持たせてくれる本だった。
     短編連作なのに、1つ1つの短編が重くきらきらしている。

     好きだな。

  • 一度、図書館でハードカバーで読んだが文庫で出たので再読。
    人とロボットがふつーに暮らすようになる近未来のお話。
    ロボットに知性を、心をもたせることはできるのか?という主題を突き詰めて考えていくと、
    じゃ人の心ってナンナン?という問題にぶち当たる。
    結局、一番わからんのは人間自身なんだろうと思う。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年、静岡県生まれ。95年、『パラサイト・イヴ』で日本ホラー小説大賞を受賞し、デビュー。『BRAIN VALLEY』で日本SF大賞を受賞。著書に『大空のドロテ』『希望』『科学の栞』他多数。

「2014年 『新生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬名秀明の作品

ハル (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする