ユニット (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.60
  • (31)
  • (115)
  • (93)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 624
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (526ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167679620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 修行時代の本はつまらない

  • 読み出すと止まらない徹夜本。
    犯罪被害者の苦しみ、悪意の連鎖、人の繋がり、非常に重たいテーマを扱っている。
    おもしろいが、もう少し心情を深く深く描いて欲しかった。アッサリし過ぎかな。

  • 終盤にかけて、タイトルの「ユニット」という
    単語がわざとらしくバンバン出てくるのは
    余計でないかい?
    そこ無理する必要ないから、
    タイトル変えるか、無理やり出さないか
    不自然じゃない方向にもっていってほしかった。
    「あ、それ余計」って読んでて
    別の感情が入ってきちゃいました。。。

    それ以外は
    まあ、普通でした。
    個人的に可もなく、不可もなく。。。

  • 話自体はよくつくられていると思います
    でも、DV警察官のキャラがひどすぎて読むのが大変でした…
    ちょっとバイオレンスすぎて合わなかったです

  • 内容はドロドロの社会派ものだが、佐々木譲が書くと文体がさっぱりとしてくどくない。その分悲劇的な情景描写がいまいち伝わらない気もする。
    個人的には、佐々木作品はやっぱり冒険ものが好きだなぁ。

  • サクサク読めました。救われないラストにならずにホッとしました。

  • 重たいテーマだけど、ハッピーエンドで救われた。イロイロなラストがあると思われるけど、読後感を配慮してくれたことに感謝。

  • ニュースでよくやっているようなすぐそこで起こっているような話を実にリアルに描いている。<br />ページをめくる手が止まらずあっという間の読了。

  • ラストがうまくいき過ぎだと思う人がいるかもしれないけれど、私はああいう終わり方の方が好み。
    めでたしめでたしの方が読後感もすっきりするし。

  • 面白かったけど、ラストがあまり好きじゃないので星三つ。

全81件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ユニット (文春文庫)のその他の作品

ユニット Kindle版 ユニット 佐々木譲

佐々木譲の作品

ツイートする