ユニット (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.60
  • (31)
  • (115)
  • (93)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 624
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (526ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167679620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 扱っている題材にはとても興味が持てたのですが、ストーリーとしてはラストも含めて納得できませんでした。
    なんだか悪者VS被害者→悪者成敗・被害者同士がくっつく(下世話な言い方ですが)って、どうなん?って思いました。そんな簡単・単純じゃないだろーっていうか。
    5年後くらいには再DV→男性「なぜ殴ってしまうんだろう」、女性「私って本当にかわいそう」、子供「・・・」ってなっていそうな。
    被害者側に感情移入できなかったせいか(むしろ女性には嫌悪感)、面白みを感じられませんでした。

  • 修行時代の本はつまらない

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ユニット (文春文庫)のその他の作品

ユニット Kindle版 ユニット 佐々木譲

佐々木譲の作品

ツイートする