子どもは判ってくれない (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.72
  • (62)
  • (108)
  • (124)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 815
レビュー : 83
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167679910

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  この人の本は、「今読まなきゃ。」と思い読んでいる。

     「賞味期限内」と言う言い方をしていたけれども。

     
     「今読まなきゃということは、読んでもピンと来ない日が来るってことだ。」

     ということを何となく感じてる自分に、こう


     (なんで私の思ってることに対して説明してくれてるわけ?)

     と多少ビビりながら読んでいます。




     なんだろう、樹さんの本を読んでいると、(大層な言い方をしてますねw)
     自分の頭の悪さを痛感するんですが、

     そう思える人の本を読まないと、頭は悪いままだ…
     というやるせなさから読んでる気もします。

     そうやって、少しずつ思考の階層を深めていくことをしないと
     自分が気持ち悪い。

     対等にやりあえるほど知識や理論の楯をもっておらぬので、
     そういう人を見つけると
     
     飽きるまで読みます。
     それで「違う」ことを発見します。
     それが例え枝葉末節に過ぎないとしても、

     それで何か、安心するのです。

     馬鹿が揚げ足を取るような真似をしているに過ぎませんが
     
     100%この人を信仰しているわけではない自分を見つけて、
     解放されたいと、願う故でしょうか。

     いいのか悪いのか分かりませんが、
     せめてそう思えるくらいに自分の見聞を広げられるよう
     「知りたい」と願うのだと思います。

     しかしながらですね、著者の見聞が広すぎて
     しばらく解放される日はきそうもないですねw

     「解放」って響きが悪いけれど
     樹さん、おもしろいです。まだ、たくさん、読んで知りたい、っていう段階。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「解放されたいと、願う故でしょうか。」
      それは或る意味、内田センセが最も希んでいる読み方だと思う。
      「解放されたいと、願う故でしょうか。」
      それは或る意味、内田センセが最も希んでいる読み方だと思う。
      2013/05/29
  • 何かちょっと久しぶりな気がする内田節。でもならではの論調で、改めて腑に落ちる体験。昔の年齢だと、自分はまだ20代前半なんですね、なるほど。って、未熟なことを納得して、そのままをよしとしててもいかんのだけど。自助努力あるのみ、ですか。

  • 内田樹のブログを書籍化したもの。
    この人の本は非常に面白い。深い。批判的思考を養うのに最適書。

  • 「愛国心」がたぶん間違った方向に行きつつある自民党第二次安倍政権下の昨今、読まれるべきテキストであると思う。

  • 購読

    ■母性愛は幻想か?
    事実と幻想は交換できない。
    幻想から別の幻想に移っただけ。
    母性愛幻想、サクセス幻想、恋愛幻想、承認幻想

    「あなたは幻を見ている。私はも幻を見ている。だが、私の見ている幻のほうが快適であるので、こちらを採択されてはいかがか?」

    母性愛/父性愛幻想の支援を必要とする人、「その幻想にすがって問題を片付ける方が生き延びるうえで有利である」人が存在するということについては譲れない。

    ■セ○クスというお仕事と自己決定権

  • たしかにこういうことって「子ども」にこそ分かってほしい!ってことのオンパレード!ただし、この場合の「子ども」ってのは生徒レベルの「子ども」ではないよね。自分にも「???」ってことがあったから、やっぱりまだまだ子どもなんだなーと痛感した。

    理屈っぽい人を「1つの包丁で料理をする人」、論理的な人を「使えるものならドライバーでもホッチキスでも使って料理をする人」という例え方をしたのには感動。

  • 最近、「呪いのコミュニケーション」の章を何度も何度も読み返している。
    今起こっているのはまさにこれ。
    解決の手がかりは何だろう。
    メッセージが「聞き届けられるべき人に聞き届けられる」ように努めることなのか。それとも、「話を複雑にすることの効用」にあるように、「自説の危うさ」の定量を優先させる事なのか。

  • 読みながら思ったことが、次の章に書かれていたりして、大変納得しました。
    まさに「本に呼び寄せられた」状態です。

  • この本に一貫して伏流しているのは、世の中がこれからどうなるのかの予測が立たないときには、何が「正しい」のかを言うことができない、という「不能の覚知」である。

    その「不能」を認識したうえで、ものごとを単純化しすぎるきらいのある風潮にあらがって、「世の中というのはもう少し複雑な作りになっているのではないか」ということをうじうじと申し上げたのである。

    「快刀乱麻を断つ」というのがこういうエッセイ本の真骨頂であり、読者諸氏もそのような爽快感を求めておられることは熟知しているのであるが、残念ながら本書はそのような快楽を提供することができない。筆者はああでもないこうでもないと言を左右にし、容易に断言をせず、他人を批判する時も自分は逃げ支度をしており、本書をいくら読んでもそれで世の中の風景が判明になるということは期待できないのである。すまないが。

    しかし、言い訳をさせていただくと、昨今の時評類はあまりに話を簡単にしすぎてはいないか。

    世界情勢は複雑にして怪奇であり、歴史はうねうねと蛇行し、私たちの日本社会も先行きどうなるのか少しも見えない。そういうときには、それらの事象のうちとりわけ奇にして通じ難いところを「分からない、分からない」と苦渋の汗をにじませながら記述することもまた、面倒な細部をはしょって無理やり話の筋道を通してしまう作業と同じく必要な仕事ではないか、と私には思われるのである。

    それゆえ、この本からのメッセージは要言すれば次の二つの命題に帰しうるであろう。

    一つは、「話を複雑なままにしておく方が、話を簡単にするより『話が早い』(ことがある)」。

    いま一つは、「何かが『分かった』と誤認することによってもたらされる災禍は、何かが『分からない』と正直に申告することによってもたらされる災禍より有害である(ことが多い)」。

    これである。

  • "後悔、後に立たず"と"目からウロコの愛の心得"は、座右。

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

子どもは判ってくれない (文春文庫)のその他の作品

内田樹の作品

ツイートする