ミザリー (文春文庫)

制作 : Stephen King  矢野 浩三郎 
  • 文藝春秋
3.94
  • (50)
  • (46)
  • (37)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 424
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (530ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167705657

作品紹介・あらすじ

雪道の自動車事故で半身不随になった流行作家のポール・シェルダン。元看護師の愛読者、アニーに助けられて一安心と思いきや、彼女に監禁され、自分ひとりのために作品を書けと脅迫される-。キング自身の体験に根ざす"ファン心理の恐ろしさ"を極限まで追求した傑作。のちにロブ・ライナー監督で映画化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説

  • とにかくこわ面白い。

  • おぉ...。

  • ハラハラドキドキサイコホラー

  • 作家ポールを監禁する自称「ナンバーワンの愛読者」アニーの圧倒的な異常性、絶望的な展開、絶対的な恐怖が物語を支配し、読み進めるのが次第に苦痛になる。それでもページをめくる手を止められない。S・キングの筆力に脱帽。

  • やっと読み終わった。解放された。

    残りページがたくさんあることがこんなに苦痛だったのは初めてだ。

  • 作家の葛藤と監禁の恐怖といろいろ混じってすさまじい作品になっておりました。

    読み終えるのにずいぶん時間がかかってしまいました。

  • スティーブン・キング初読。映画は観たことないんだけど一本ホラー映画観た気がするような、映像が頭の中を駆け抜けていくような、とにかく面白くて久しぶりにページをめくる手が止まらなかった。

  • 鬱々とした、まさに古典的な名作といった趣でした。映像化作品は怖くてあんまり見たくないような気すらします(笑)

  • 最初は読み切れるかな・・・という感じだったけど、すぐに引き込まれた。こわかった。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミザリー (文春文庫)のその他の作品

ミザリー (講談社ワールドブックス) 単行本 ミザリー (講談社ワールドブックス) スティーヴン・キング
ミザリー (文春文庫) Kindle版 ミザリー (文春文庫) スティーヴン・キング
ミザリー (文春文庫) 文庫 ミザリー (文春文庫) スティーヴン・キング

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
宮部 みゆき
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ミザリー (文春文庫)に関連する談話室の質問

ミザリー (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする