魔術師 上 (文春文庫)

制作 : Jeffery Deaver  池田 真紀子 
  • 文藝春秋
4.02
  • (73)
  • (101)
  • (57)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 629
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167705688

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今度の犯人も薄気味悪く恐ろしい人物だ。はらはらどきどきさせてくれる。

  • 〈リンカーン・ライム〉シリーズ第5弾
    舞台奇術さながらの連続見立て殺人が発生!
    リンカーン・ライムが超一流の"魔術師"に挑む
    2004年度「このミステリーがすごい!」第2位

    ニューヨークの音楽学校で殺人事件が発生。
    犯人は人質を取り学校ホールに立てこもる。
    まもなくのパトロール警官が犯人を追いつめるも、囚人環境の中犯人は消え去った。
    ――これは”消された男”だ。
    現場の証拠から犯人にはマジックの修行経験があると考えたリンカーン・ライムは、
    イリュージョニスト見習いの女性、カーラに協力を要請する。
    カーラの”誤導”に思わず唸るライム。
    そして連続する殺人および殺人未遂事件。
    新たな現場でも”マジックショー”を思わせる痕跡を残す魔術師に対する捜査は難航する。
    そして訪れるライムへの危機。
    これほどまでにライムを追い詰めた敵はいなかったのではないだろうか。
    終盤ではアメリア・サックスによる事情聴取のシーンがあり、これはライムとの立場を逆転させるだけでなく、二人の信頼関係が窺える素敵な場面だ。

    火に執着を持つ犯人の正体はつかめたのか。
    下巻、追い詰める。

    ミステリ:☆☆☆☆
    ストーリー:☆☆☆☆☆
    人物:☆☆☆☆☆
    読みやすさ:☆☆☆☆☆

  • 動機不明の連続殺人犯「イルージョニスト」とリンカーン・ライムの一騎打ちを描く。面白い。このシリーズは1年に1冊(上下巻)読むことに決めている。読み始めると、他のことに手がつかなくなるのと、シリーズ全てを読み終えるのがもったいないから。どの巻にも魅力的な脇役が出てくるが、今回はコカイン中毒のイルージョニストの卵。ライムと彼女のマジック談義が楽しい。とにかく話の先が読めない。

  • 犯罪学者リンカーン・ライムシリーズ五作目。

    イリュージョンやマジックを職業にもつ犯人との腹(脳?)の探りあい。

    犯人の罠のかけ方が、リンカーンの捜査の進め方の考え方に似ていて面白かった。

    下巻の裏表紙に作者本人が「これまでの作品のなかで最高のどんでん返し度。を誇る」と豪語、とある。

    確かにあと200ページも残して犯人が捕まってしまった時には、これからどうするんだよと心配になったが、そこから二転三転。

    最後のどんでん返しはやっぱりなあとほくそ笑んでいたのに、それは著者の罠にはまっていた。完全にだまされてうれしかった。

    本書は以前の四作に比べて本自体の紙質や活字が読みやすくなった気がする。

  • ニューヨークを舞台に連続見立て殺人が発生。犯人は早変わりや脱出マジックなど、ありとあらゆる手法を駆使する超一流イリュージョニスト。ライム達警察側は次から次へと仕掛けられる、犯人の誤導によって事件の核心に迫ることができない。犯人は何故マジックショーになぞらえて殺人を行うのか。いったい、ライム達はこの邪悪なる連続殺人を阻止し、犯人の真の姿を突き止められるのか!?

    人気シリーズであるリンカーンライムシリーズの第五長編。上巻では次から次へと事件が起こる。ついにはライムまでも襲われてしまう。犯人の誤導の意図をいかにくみ取れるかが推理のポイント。

  • 感想は下巻に譲ります。

  • 《あらすじ》
    ニューヨークの音楽学校で殺人事件が発生。
    犯人は人質を取ってホールに立てこもる。警官隊が出入り口を封鎖するなか、ホールから銃声が。しかし、ドアを破って踏み込むと、犯人も人質も消えていた…。ライムとサックスは、犯人にマジックの修業経験があることを察知して、イリュージョニスト見習いの女性に協力を要請する。
                                 (BOOKデータベースより)
    《レビュー・感想》
    リンカーンライムシリーズ第5弾
    詳細は下巻にて。

  • リンカーン・ライムシリーズ第5段。今回は更なる強敵がライムの間近まで!!手に汗握る展開と、もはや公然とラブラブするサックスとライムにドキドキ(笑)早く続き読まないと!!

  • 面白かった。敵のキャラクタが秀逸。下巻も楽しみ。

  • 敵はマジシャン。変幻自在でライムたちを翻弄する。動機や敵の正体がわからないまま殺人が行われていく。しかも敵は彼の目の前にまで現れた!
    毎回ドキドキの展開に引き込まれてる。

全60件中 21 - 30件を表示

魔術師 上 (文春文庫)のその他の作品

魔術師 上 (文春文庫) Kindle版 魔術師 上 (文春文庫) ジェフリー・ディーヴァー

ジェフリー・ディーヴァーの作品

ツイートする