空中ブランコ (文春文庫)

著者 : 奥田英朗
  • 文藝春秋 (2008年1月10日発売)
3.83
  • (1308)
  • (2042)
  • (1872)
  • (150)
  • (20)
  • 12689人登録
  • 1324レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167711023

作品紹介

伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。

空中ブランコ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イン・ザ・プールに続く空中ブランコ、読了。

    伊良部総合病院を訪れる患者は、相変わらず、伊良部先生に振り回されっぱなし。
    「いらっしゃーい」と素っ頓狂な声で迎え入れられ、有無を言わさず注射を打たれ、伊良部先生の言動に翻弄される。
    治療に来たはずなのに、伊良部先生と話すたび、患者たちは、伊良部先生に突っ込みを入れずにいられない。

    一見すると、伊良部先生の相手をするのは疲れそうだ・・と思っていたのだけど。
    果たしてそうだろうか? だってまるで5歳児の言動。気兼ねなく、好き放題やってくれるのだから、患者も、つい、
    無防備になってしまう。思わず、素で話してしまう。遠慮する必要もなければ、見栄を張る必要もない。
    そんな相手と一緒にいて、果たして疲れるのか? ここに出てくる患者さんたちのように、いつの間にか伊良部先生を
    心のよりどころにしてしまうのに、疲れるわけがないのでは・・と次第に思いました。

    ギスギスした現代社会、ストレス社会だからこそ、伊良部先生みたいな人が、今、必要とされているのかも・・。
    だからこそ、このタイミングで読んで、心に沁みるのだと思います。

  • 抱腹絶倒とはこのことか!

    仕事帰りの電車で読んでいて笑いが止まらなかった。それでも読むのをやめられなかった。初めは何とか笑いをこらえていたが、いつのまにか声に出して笑っていた。車内で完全に変質者だった。しかし、思う存分笑うのは気分がよい。今月に入ってからというもの、忙しさとの戦いに疲れ果てていた昨日までの私とうってかわり、今日の私は快調だ。たった一冊の本でこんなに癒されるのだから、本当の娯楽作品にはとてつもない力があることを身をもって思い知らされた。

    色白デブの中年で声が甲高くてマザコンの精神科医、伊良部が活躍するこの短編集の二作目。
    どの作品も面白いが、中でも「義父のヅラ」が凄まじい笑いを提供してくれるだろう。普段いい大人を演じている人間には、こういった程度は低いがシンプルかつ強度のあるハゲネタは有効なのだろう。

    ここまでくると、水戸黄門と同じで、先が読める決まった展開なのだが、それが安心感につながっているのだろう。伊良部の暴走は周囲を巻き込んでいきハラハラするが、最後は読者もいつのまにか患者と一緒になって、心に抱える問題を解きほぐされて、穏やかな気持ちになれるのだから。

    読む薬といえるかもしれない。

  • 伊良部一郎シリーズ第二弾。
    突飛な行動が面白く、患者の悩みも今回はあれこれと自分にも当てはまるところもあった。
    悩みを解決するのは自分次第であり、問題と向き合わないと解決に進まない。
    楽しい話だが、つい学ぶ方向で読んでしまった。

  • 前作を読んでずいぶん経っていたのだけれど、友人と話していてこのシリーズが話題に上ったので、続きを読む気になった。1巻目だけでは、不気味だった伊良部医師に慣れてきて、次は何をするかと期待しながら読むようになった。結局は患者が自分で原因を気づくまでつきあっているだけなのだが、癒しになっているのは、伊良部医師の人徳、、、と言ったら、登場人物全員から抗議が来そうだ。

  • やっぱり面白い( ^ω^ )♬♬
    伊良部先生に会いたい♡(笑)
    「女流作家」は珍しくじんと来た(・・。)

  • 精神科医・伊良部一郎シリーズ。
    直木賞受賞。
    イン・ザ・プールと同様、読みやすくて軽快なストーリー。
    空中ブランコと女流作家は、何となく登場人物の気持ちがわかるかなぁ。
    無意識に、「自分が正しい、間違ってない」って思っちゃう感覚。
    それを気づかせてくれるストーリーでもありました。

    疲れてる時に読むと、気持ちがラクになる本です。

  •  精神科医、伊良部先生が登場する「イン・ザ・プール」の続編です。前作が楽しかったので、そのままの勢いで読み始めました。
     精神科医なのに、なぜかやたらと注射を打ちたがる。いや、打っているところ見たがるへんな先生。
     前作同様にそんな先生の下に診察に訪れる患者さん。患者さんは普通であれば変わり者が多いと想うのですが、伊良部先生ノインパクトがすごすぎて普通の人に見えるという・・・。

  • 読みやすい。
    面白い。

  • 5歳児のような伊良部先生がツボ。
    尖端恐怖症のヤクザの話「ハリネズミ」が一番面白かった。
    どの話も少し光が見える終わり方でホッとする。

  • 「いらっしゃーい」
    素っ頓狂な声を響かせる、相変わらずの伊良部センセイと注射担当のマユミちゃん。
    このコンビは無敵だ。

    前回の『イン・ザ・プール』よりも、心に染みる話が多かったように思う。
    初めは異次元に迷い混んだとちょっと後悔する患者達も、伊良部センセイのマジックにかかり、自分の話を聞いてもらいに通うのだった。
    そして皆それぞれの問題に吹っ切れて無事解決。

    「人生、長いよ。今のうちに吐き出すものを吐き出しておかないと」
    読後の爽快感がたまらない。

全1324件中 1 - 10件を表示

空中ブランコ (文春文庫)のその他の作品

空中ブランコ 単行本 空中ブランコ 奥田英朗

奥田英朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

空中ブランコ (文春文庫)に関連する談話室の質問

空中ブランコ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする