町長選挙 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.66
  • (619)
  • (1298)
  • (1434)
  • (147)
  • (25)
本棚登録 : 8937
レビュー : 898
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167711030

作品紹介・あらすじ

町営の診療所しかない都下の離れ小島に赴任することになった、トンデモ精神科医の伊良部。そこは住民の勢力を二分する町長選挙の真っ最中で、なんとか伊良部を自陣営に取り込もうとする住民たちの攻勢に、さすがの伊良部も圧倒されて…なんと引きこもりに!?泣く子も黙る伊良部の暴走が止まらない、絶好調シリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旅のお供として。伊良部先生シリーズだけど、これは初めて読んだ。今まで5編の短編集だったのに、今回は4編。やっぱ表題作はインパクトがある。小さな島の町長選挙。ほんとガス抜きのお祭りなんだよな。いまどきこんなことがあったら捕まるんだろうけど。なべつね、ライブドアのホリエモンを模した話も面白かった。ひらがなが書けなくなるってすごいよな。でもほんとひらがなってゲシュタルト崩壊しちゃうもんな。カリスマ稼業は美魔女ブームが下地か。自然体と気持ち悪いと言っちゃうマユミちゃんはかっちょいいよなー。

  • シリーズ第3弾。今出版されてるのはここまでなのかしら?今回伊良部先生が勝てない人が明らかになったり、マユミちゃんの別の顔が見えたりしたのですが、それがとっても意外でした。伊良部先生とマユミちゃんの力関係も見えた気がした(笑)。マユミちゃん、意外にツンデレでかわいかったり(笑)。

    今回4話収録されているのですが、その内の2話「オーナー」と「アンポンマン」の内容というか登場人物が、明らかに現実世界にいるあの人だと分かるお話だったのでちょっとおかしかったです。
    「カリスマ稼業」に出てくる人も、若干現実世界のあの人かな?と思わせる節はあったのですが、内容は特にその人というワケではないですよね?だから最初、全然気付かなかったもん。むしろ脇に出てきた別キャラの人の方が先に、あの人かしら?と思ったくらいですから。

    この3話は色々と考えさせられるコトがありました。「オーナー」は野球の1リーグ制問題についてのお話が使われてたんだけど。本当にあの人の本音がこうであったのなら、どっちもどっちだよな・・・と思った。確かに経営する側からしたら儲からないといけないワケで、そしたら何もしない選手を雇うかと言うと雇わないよね、普通の会社的に考えたら。でも、選手側のそういうドキュメンタリーな番組で言っていたコトで1番印象に残ってる言葉があって。「野球選手なのに、何でスーツを着て会議室にいなくちゃいけないんだ」的なコトを仰っていたのですよ。辛いコトなんだろうなぁ・・・とすごく思った。でもあのコトがあって、オーナー側も選手側も自分たちの仕事へ対する怠慢さを考えるいい機会だったのではないのかしら?とも思いました。ちゃんとやってた人には辛い日々だったのかもしれないけれど。野球詳しくないので勝手なコトは言えませんが、ニュースとかを見てそう思いました。

    「アンポンマン」の登場人物の症状が若年性アルツハイマーでした。コレ、ちょこっと分かるなぁ・・・ってコトがありました。この登場人物は物の名前を忘れたり字を忘れて書けなかったりといった症状だったのだけど。PCやケータイを使うあまり、字が書けなくなるっていうのは何となく分かります。今やお買い物メモでさえケータイに書いてるから、いざ字を書こうとすると、あってるのに何か違和感を覚えたりするコトが時々あります。「この漢字、コレであってるっけ??」と。だからなるべく書くようにはしてます。人間て能力を使わないとすぐ衰えていっちゃうんだな・・・とすごく思いました。

    「カリスマ稼業」の登場人物はアンチエイジングをするコトに執着してる人でした。ちょっとでもカロリーの高いモノを食べちゃったらすぐ脂肪になる・・・といった強迫観念に駆られてたり。そうか、ここまでしないと痩せれないのか・・・と、お話の根本的なコトとは真逆なコトも思ったりしました(笑)。歳相応に生きるのか、すこしでも老いに逆らって生きるのか。難しい選択ですよね。特に女性は。でも、自分の健康や精神状態を考慮した上で努力をするのなら私はステキだな・・・と思うのですが。何事も適度にするコトが大切ですよね。私はもっと努力をするコトが大切だな!!

  • 相変わらず、解決したのかわからない話だが、軽くて楽しめた。伊良部先生ならストレスを解決してくれそうで、なんか、うらやましい感じがした。

    病院といえば町営の診療所ただ1つ、という都下の離れ小島に赴任することになった、トンデモ精神科医の伊良部。一人じゃ淋しいと、看護師のマユミちゃんも一緒だ。ところが島は住民の勢力を二分して、町長選挙の真っ最中。伊良部を自陣営に取り込もうとする住民たちの現ナマ攻勢のエスカレートに、さすがの伊良部も圧倒されて……なんと引きこもりに!? 「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ稼業」も収録。『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』に続くシリーズ第3弾!

  • 伊良部精神科医シリーズ第3弾。4つの短編が所収。誰がモデルになってるか分かる患者が登場したり、ついに離島に伊良部医師が看護師とペアで赴任したりと大活躍。しかし、そこはやはり作者・奥田ワールド。どれも心温まる結末に仕上がっている。

  • 伊良部シリーズ 3作目。

    読売のナベツネ
    ホリエモン
    黒木瞳
    が患者です。もちろん実名じゃないけど。

    前の2作は医者の仕事してるふうだったけど
    3作目はエスカレートし過ぎて、単なるクソガキ。
    まぁそんな生き方って有りかもね。

    ナベツネの話はちょっと感動しました。

  •  精神科医、伊良部先生シリーズの3作目です。1,2作目と連続で読みふけっています。
     精神科医のお仕事がどういうものか良く知らないのでが、この作品を読んでもそれを知ることはできません笑。最初の伊良部先生の印象はただの変な人でした。でも、この人を知れば知るほど、不思議な魅力を感じます。
     「無邪気」。そんな言葉がぴったり当てはまる感じです。
     難しく考えすぎないほうが良い、そんな思いにさせてくれる人です。

    • bambino56さん
      難しく考えすぎないほうが良い、確かにそう思わされますね。浮世離れしているほど飄々とした変人、それは精神科医ゆえなのか。
      常人である自分とは...
      難しく考えすぎないほうが良い、確かにそう思わされますね。浮世離れしているほど飄々とした変人、それは精神科医ゆえなのか。
      常人である自分とはかけ離れた人なので、ある意味憧れます笑
      2017/09/30
  • ”伊良部シリーズ”の第三弾です!
    物語中の登場人物にナベツネ、ホリエモン、黒木瞳と思わせるような人が出てきます。
    伊良部先生の破天荒さが若干、弱くなっていると感じますが、十分楽しめる作品です。

  • 人がいるところで読むと、変人に思われるので注意が必要なのだが、それでも読むのをやめられない。笑いが足りてない人にはシリーズの最初から読むことを強くお勧めします。

    相変わらずの、とんでも精神科医の伊良部の暴走ぶりに、爆笑を禁じ得ない。このシリーズもこれが今のところ最後であることがとても悲しい……
    今回の作品はよい話になり過ぎている感が、私としては少し残念だ。

    それにしても、奥田英朗はカメレオンのような作家だ。シリアスな犯罪ものから、爆笑コメディまで幅が広い。それだけ引き出しがあれば、この先もまだまだ楽しめるだろう。

  • イン・ザ・プール 、空中ブランコを読んだので、これも読むのを楽しみにしていた。やっぱり伊良部先生笑える!!
    「町長選挙」は「こんな地域って大変だなー。絶対住みたくないなー」と思いながら読み進めたものの、終わりに近づくにつれ「そう悪くないかも」と思わせてくれる。
    「カリスマ家業」は、あの実存の女優さんがコレを読んだら怒っちゃうんじゃないかしら?なんて思ったけれど、第三者から読む小説としてはとても面白かったです。「オーナー」も「アンポンマン」も同様。いや〜、面白かった!

  • 型破り系の精神科医(とセクシー看護師)が診療してないのに治療していく。精神科医・伊良部は単純でふてぶてしくまさに子供という珍獣レベルの人物。伊良部の言動が意図せず周囲の人々の心を安定させる。反面教師的な部分もあるが、大体はあまりの子供っぽさに脱力して自分が悩んでいることが馬鹿馬鹿しくなってくるというかんじ。

全898件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『家日和』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』『ヴァラエティ』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

町長選挙 (文春文庫)のその他の作品

町長選挙 ドクター伊良部 Kindle版 町長選挙 ドクター伊良部 奥田英朗
町長選挙 単行本 町長選挙 奥田英朗

奥田英朗の作品

町長選挙 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする