OLはえらい (文春文庫PLUS)

著者 : 益田ミリ
  • 文藝春秋 (2006年10月1日発売)
3.58
  • (21)
  • (45)
  • (66)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :328
  • レビュー :43
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167713089

OLはえらい (文春文庫PLUS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公がロバでシュール。
    是を読んだら、OLの人生も良かったかもと感じた。

  • 27歳のOLの4コマ漫画。あるあるーと微笑んでしまう一冊。

  • フルカラーの、中小企業OLの日常。

    春夏秋冬に分かれていますが
    多少季節イベントがある程度。
    こういう人いるな、とか、こういう状態になるな、とか
    ちょっとした共感が得られます。
    やった事はないけれど、分かる気がするのは
    土産が最後まで残る話。
    いらっとするような、悲しくなるような
    妙な気持が分かる気がします。

  • 自分がOLをしていたので、共感する部分もあって楽しく読める

    社員旅行、お盆休み明けの職場、旅行に行ったお土産
    など

  • ロバ山さんは偉いかもしれないけど、えらく(しんどく)はないと思いました

  • なんでロバなの。かわいいけど。

  • 普通の27歳のOL「ロバ子」の日常を描いた本。

    ロバ子とは年齢以外の環境は違うけれど
    夢見ていたり、自分の人生にちょっとだけ期待してみたり…うん、みんな同じだよね。
    みんな一生「女の子」なんだなと改めて感じました。

    ー毎日毎日会社に行って、そして日は暮れる
    人生って、そういう毎日の中で起こっていることのいわば蓄積
    こんな、なんともなかったわたしの一日も
    わたしの人生になるのねー

    わたしの人生。
    少しでも良いものを蓄積していけたら良いなぁ

  • OLはえらい、と言うタイトルが表している優しさの詰まった一冊だと思った。
    そして毎度のことだが、胸をぐっと掴まれるエピソードが必ずある。
    お母さん、からそんなに何回も、の流れに、泣いた。

    〝そんなに何回も 「ごめんね」って言わないで お母さん
    いつもお母さんがしてくれることじゃない
    いつも……〟

  • 嫌な上司は時代を経ても変わりなし。
    ロバ顏なのにちゃんとOLしてる。

  • OL時代…なつかしい。
    益田さんの、日常を切り取る力はすごい。
    表現するすべのない私たちは、ただ「そうそう!」「あるある!」と、胸をジンとさせるばかりである。

全43件中 1 - 10件を表示

OLはえらい (文春文庫PLUS)のその他の作品

OLはえらい 単行本 OLはえらい 益田ミリ
OLはえらい 単行本 OLはえらい 益田ミリ

益田ミリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
益田 ミリ
村上 春樹
たかぎ なおこ
益田 ミリ
たかぎ なおこ
たかぎ なおこ
益田 ミリ
たかぎ なおこ
益田 ミリ
有効な右矢印 無効な右矢印

OLはえらい (文春文庫PLUS)を本棚に登録しているひと

ツイートする