よろづ春夏冬中 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.61
  • (98)
  • (123)
  • (181)
  • (29)
  • (11)
本棚登録 : 1164
レビュー : 130
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167717469

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表紙とタイトルが素敵。

    長野さんの作品はとてもきれいな言葉、単語が使われているという印象があります。
    一方で「少年アリス」等、独特な世界感に入り込むのに時間がかかり読みにくかったようなイメージだったのですが、「よろづ春夏冬中」は短編で現代風のお話ということもあり、おもしろく読みやすかったです。

    どのお話も不思議な雰囲気で、きつねにつままれたような感じになります。
    男性同士の恋愛がベースのお話が多かったですが、お話によっては思わずきゅんとしてしまいます…
    「海辺の休日」「花のもとにて」「アパートの鍵」が特に好きです。

    魂や夢がからんでいるお話は少し怖くて、?となることも多かったです。
    「雨師」のその後のお話「あめふらし」も読んでみたいし、これを機に昔の長野作品にも再挑戦したいと思います。

  • 少しはっとさせられたり、くすっと笑えたり、不思議だったり…ちょっとした「面白さ」が一編一編に詰まっていてすごく好き。本当に、どれも良かった。花のもとにてには少し涙腺を刺激された。

  • 突然のホモ展開にビビる

  • 14の短編集。
    冒頭から2話が世にも奇妙な物語的な展開なので、そういうくくりかと思えば、ごくふつうの日常を描いたものも何編かあった。

    どれも粒ぞろいである。
    短い話だからこそ続きが読みたくなる。
    とても意味深で、想像力の広がる話を書く人だなあとしみじみした。
    才気をひけらかすでない品と知性のある文章の上に、
    物語に風情があることは秀逸なタイトルからも察知される、
    『よろづ春夏冬<あきない>』。

  • 言葉から色気が匂い立ちます。読み終わった後はほわーっと顔が火照りました。

  • 短編集。1つ目を読んだ時は普通の話かと思ったが、2つ目からはやはり長野まゆみの世界観だった。
    一つ一つが短いので、すぐに読める。この人の書くお話は、普通には起こり得ない話でも、実際にある話のように読めるのが不思議。

  • ライトなBL短編集。
    やっぱり当たり前にありそうな話より、ちょっと不思議だったり不気味だったりする方が面白い。

    みんな一目惚れするの?徐々に好きになるんじゃないの?

    花のもとにて、は王道なかんじがいいな。
    好きな人の耳の型を取るっていうのが気持ち悪くていい。耳っていいよね。

    前よりも文章がシンプルになっていて、読みやすいような物足りないような。

  • 同性を好きになる男の人と、狐狸に化かされるような不思議がたくさん出てくる短編集。

    最初は、合わないかも・・・と感じたけど、読んでいるうちに「注文の多い料理店」とか「遠野物語」のように、ふわふわとした感覚を楽しみにするようになりました。

  • 長野まゆみさんの作品の中でもかなり好きです。一つ一つのお話が面白い。長野まゆみさんの本を読んだことがない人にもおすすめしたい

  • 表題作があるのかと思ったのですが、そうではなくて全体の雰囲気からの総題名って感じでしょうか。この作者にしては珍しく、関連があるのか無いのかというか。
    生物研究部の教師とその唯一の部員である男子生徒の話が好きです。豪胆な美人が最高でした。

全130件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野まゆみ(ながの・まゆみ)
東京都生まれ。一九八八年『少年アリス』で文藝賞を受賞しデビュー。二〇一五年『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞。

「2019年 『掌篇歳時記 秋冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦しをん
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

よろづ春夏冬中 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×