くうねるところすむところ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.35
  • (9)
  • (34)
  • (60)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 246
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167717797

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「グットラックららばい」を読んでから、この人の本は
    空元気で楽しい気持ちになれる本だなぁと思ってて
    この本も読みたくてやっと読めた。

    出版OLから、建設業に興味を持ち始める女。
    新しい恋、新しい職場、新しい仲間。
    環境変えるだけで人って変わる。
    環境を変えることにえいってやれる人ってすごい。

    建設業の面白さを感じれた。そして私もいつか
    一生分の価値があるマイホームを建てたい。

    「だけど、家賃稼ぐのに行き詰るかもしれない。
    そうじゃなくても、生きてりゃ、このままでいいのかなと思う
    ときが必ず来るさ。そんなときに、ただいまって帰ってこれる
    場所をとっておいてあげたいじゃないか」

  • 建築業お仕事小説。主人公梨央の一目惚れしたお相手はトビ職。ならば行き詰っていた編集業に見切りをつけ、彼と一緒の建築業界へ転職だー。...ってすごい行動力やな。一方転職先の女社長は、見切り発車で家業を継ぎ、モチベーションが上がらないちょっとポンコツ社長。そんな女性二人の成長を仕事を通して描いている。梨央のポジティブシンキング、恋愛にも積極的な面は気持ちいいし、女社長もいいキャラだとは思うが、『セーノさん』の章のあたりから、あまり身が入らなくなって読了。家を建てた経験のある方なら、もっと楽しめたのか...

  • 平安寿子さん、ある意味、安心して読める、そんな作家さんのような気がします。(^-^) 「くうねるところすむところ」、2008.5発行(文庫)です。「家」というものへの「こだわり」を思い起こさせてくれる作品です。家を作るということ、家を作る現場、それに携わる沢山の人々の思い・・・。それに男女の思いを交錯させた作品だと思います。読後感はいいです。(^-^) 建設現場に対する見方が「ふか~く」なりました。(^-^)

  • 私にとってビジネス本かな。
    仕事をする意義って、人それぞれなのだと理解できる。
    そして、ただ漠然と仕事をしていると続かないと思える。
    会社であれば方針を確たるもので示しているのか、個人であれば信念なのかなー…。
    そして社長、社員、職人、バイトの思考回路が参考になった。立場をどう理解していけば良いのか灌漑深く考えてしまった。話は違えど仕事とは別に恋愛は難しいと思うのと同時に家族を持つのも色々と大変なんだと思った。私は徹男の気持ちが凄くわかるが…ちょっと残念笑逆に梨央と同じで笑ってしまった。

  • 『素晴らしい一日』の衝撃で、この著者の小説をいろいろ読もうと思って、次に手を出したのがこの本。ところが、それなりにおもしろかったのではありますが、なんだか物語の構図も、人物設定も、物語の展開もどうにも平板にしか感じられなくて、なんだか物足りなかったのでした。(2015年5月3日読了)

  • エッセイと間違えて買った小説。求人情報雑誌の副編集長を辞めて転職した女性、工務店の社長と離婚して社長の椅子に座った女性と、その娘の素人3人による家を建てる喜びに目覚める話。

    テーマは非常に良い。作者も家を建てることに携わったのか、その楽しさや喜びについて、登場人物のセリフだけでなく、様々なところから滲み出しており、それらに関しては楽しく読むことが出来る。

    しかしながら、人物の描き方が今二つくらいで、主人公クラスの女性陣は「素人だもーん」と開き直った作者の分身、その周辺は参考知識を入れてくれた人物そのものであろう。

    その他キーとなる人物の描写は、致命的なくらいに欠けているため、山本は年寄りなのかと思っていたら30過ぎの若さだったりして、あれっ?と思うことがしばしば有った。

    また、主人公クラスは、描写のチャンスが多々あるのに私生活などについては描かれず、キャラクターの設定が充分なされずに書かれているのは明らかだ。

    工務店で素人現場監督になるというおもしろシチュエーションに対し、施工主とのトラブルについても、1~2件もう少し細かく書くと、ケースレポートみたいになって盛り上がるところが、漠然と「もめた」ではいかがなものか。

    その他、梨央に作者の思っていることを説明させるセリフをダラダラ喋らせたり、誰を指しているのかわからない名前の読み方(姓名の名で記述)であったり、誰が発しているのかわからない会話文が多かったりするので、あっちこっちで減点対象有り。

    圧倒的に、情景の描写が足りておらず、マンガかドラマの原作としては結構いい本になるなのではないかと思う。

  • 仕事にも恋にも行き詰った梨央と、思いがけず実家の鍵山工務店を継ぎ社長になった郷子、2人の女性が主人公。ピンチを助けて貰ったトビ職の徹男に一目惚れし、編集の仕事を辞め、転職した先が姫社長・郷子の鍵山工務店。動機は不純だけど、次第に家を作ることに意義を見出し素晴らしき土建屋となっていく。家って一世一代の買い物だもの、そりゃあ施主はあれこれ注文出しちゃうよね。施主に振り回され職人に気を使いながら成長していく梨央が頼もしい。作中に出て来るセーノ氏設計の家や、一階が土間っていう家が素敵だなあって思いながら読了。

  • 全体を通してそこまで共感できるとかはなかった。
    ただ仕事に対する思いがある人ってすてきだなと思う。

  • 出てくる女性陣がシャキシャキしていていい。腹をくくると本当に人は強い。態度も口も行動も「どーんとこい」になる。こんな時の女性を愛おしく思う。そんな本でした。
    内容は、一人の鳶職人に惚れた30歳の女性が土建に飛び込んで働くというものでした。

  • 先日図書館で借りて読み始めたくうねるところすむところが予想以上におもしろくて、出張の移動のバスの中でも読みまくってあっという間に読み終えてしまった。もどかしい恋愛模様の行方がずっと気になって、まるで恋愛ドラマワンクールを一気に見終えたようで感慨深い。
    昔からの付き合いとか施主との関わりとか建築業界って私が思ってる以上に大変な世界なんだなあと思った。そして仕事もせずに楽して甘い汁だけ吸ってるようなイメージを勝手に持ってた社長業っていうのも、決して決して気楽なものじゃない場合もあるんだなあと知っていろいろ思うところがあった。

全44件中 1 - 10件を表示

平安寿子の作品

くうねるところすむところ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×