息がとまるほど (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.15
  • (10)
  • (56)
  • (106)
  • (34)
  • (5)
本棚登録 : 762
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167727024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとなく図書館に行くとなんとなく文庫本を借りたくなり、そしてなんとなく恋愛小説が読みたくて唯川恵さんの本をひさしぶりに読んでみた。
    おもった以上におもしろくてドキドキした。ドロドロしていて昼ドラか!と言いたくなるぐらい。短編集なのでサクッとおわるのもよかった。
    唯川恵さんの小説に出てくるようなOLさんは実在するのだろうか?すこし前のOLさんなのだろうか?きになるところであります。

  • 久々に読んだ唯川恵。文庫版再版したのかな?さすがの一言。この人は天性というより作家として地道に磨いてきた技術が凄くて飽きない。毎日読みたいというわけではないが実は好きな作家。

  • 読みやすくドロドロした話。ちゃんと全部落ちがあり、簡潔にまとめられてた。

  • ✨無邪気な悪魔✨美保が送別会で…「待ってっ!」やはり自分にもかえってきますね。わるいことはできない
    ✨ささやかな誤算✨新入りのホステスの話 そうきたか!ってかんじ 唯川恵の書く女ってずる賢い
    ✨蒼ざめた夜✨浮気相手が女友達のさしがねだったなんてーーーうそだといって
    ✨女友達✨お高く止まらざるをえなくなってしまった女の人の話
    故意だとしたらこの友達悪魔
    ✨残月✨若さには勝てないのね…みたいな?唯川恵は、ほんと若さを妬む女の気持ちをよく描写してる
    ✨雨に惑う✨よりこにてがみをかく
    ✨一夜まで✨結婚しても、ほんとにこんなことが刺激になるのー?!
    そんなのいやだね
    ✨あね、いもうと✨これがいちばんおもしろかった!この双子、やっちゃったんですね

  • 短編集でボリュームがちょうどよく読みやすい。女性の怖さを感じますね。

  • いくつかの短編がありました。

    出てくる女の人たちみんなギリギリな感じで切迫してるんだよね(>_<)
    不倫してたり仕事がうまくいってなさすぎたり綺麗なんだけどそのプライド故結婚してなかったり…。

    どの話でも思ったこと。

    女怖ぇえぇー!?

    怖いよ!
    多分現実にもこんな人たちいるよ!
    って改めて再確認した感じ。

    ちょっと現実的で、でも非現実的だからきっとアラフォーの方々に人気があると思う。

    あとがきが作家じゃなくてバーテンさんっぽいのがおもしろかった♪

  • お酒を飲むか、飲まないか
    男と寝るか、寝ないか

    どんどん男子化してきている私
    あかんあかん

  • 色々な女性の短編集。
    どの女性も心の底に怖さを持っている。そして、その怖さは自分にもあるのではないかと思ってしまう。唯川恵の小説は気が付くと自分に重ねて読んでしまうところがおもしろい。

  • 軽くて読みやすい。good。

  • いろんな女のドロドロを描いた短編集。
    最初は「あんまり好きじゃないなぁ」と思いながら読んでいたはずなのに、『女友達』『雨に惑う』でズガーンときた。
    そして最後の『あね、いもうと』でズガガガーンとやられた。素敵だわ、この短編集。それこそ息が止まるほど。まぁ分かりやすいハッピーエンドはないんだけど。

    特に印象的だったのは『雨に惑う』
    三十代後半、独身、美人じゃない、男に媚びるのは嫌い、頑なな性格、仕事は頑張っているのに上司にそれを認めてもらえない、結婚したことで不幸になった母親を見て育ってきたせいで結婚に夢も描けない、そして一人で生きていくことを決意して、マンションまで購入した女性の話。
    そう、この感じ…他人事とは思えないのです。笑

    若くて可愛い、男に愛されている女を人として好きになれなくて、むしろ憎しみさえ込み上げてくる。
    ここらへんの感情も、まぁ汚いんだけど同感できてしまう。

    そんな、自分と似ているこの女性が、この小説の中でどういうラストを迎えるのか。印象的です。共感できる人はぜひ!ぜひ!
    ただもう一度言うけど、分かりやすいハッピーエンドはこの小説の中に出てきません。でも全部が全部バッドエンドでもない。そこがおもしろいのだと思う。

全77件中 1 - 10件を表示

息がとまるほど (文春文庫)のその他の作品

息がとまるほど 単行本 息がとまるほど 唯川恵

唯川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

息がとまるほど (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする