株価暴落 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.47
  • (80)
  • (324)
  • (433)
  • (57)
  • (4)
  • 本棚登録 :2334
  • レビュー :248
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167728014

作品紹介・あらすじ

巨大スーパー・一風堂を襲った連続爆破事件。企業テロを示唆する犯行声明に株価は暴落、一風堂の巨額支援要請をめぐって、白水銀行審査部の板東は企画部の二戸と対立する。一方、警視庁の野猿刑事にかかったタレコミ電話で犯人と目された男の父は、一風堂の強引な出店で自殺に追いこまれていた。傑作金融エンタテイメント。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドラマが始まるということで、気になって手に取ってみました。
    元々、半沢シリーズを読んでいたのですが、またそれとは違ったタイプの小説。ある銀行が支援するスーパーが連続爆破事件が起きその犯人を追いかける審査部の行員、その容疑者、そしてそのスーパーを立て直そうとするものなどなどいろんな人が絡み合い最後は衝撃の展開。。。という、経済小説の要素をもった推理小説みたいなものでしょうか。

    ドラマが始まるので、それにあわせて読んでみてはいかがでしょうか。

  • 相変わらず読みやすい本です。
    今回は最後動機の部分がいまいちか。。。
    唐突に動機が出すぎなような気がします。
    それにしても、株価暴落で儲かる人がいるとは、
    驚きです。
    さすが、銀行小説。

  • 銀行系の説明はスルー。

  • 【2015年9冊目】
    おー!これはスゴイ!
    半沢みたいなストーリーでした(^^)

    最後まで読んだあとの痛快感!
    だけど、半沢シリーズほど一人一人のキャラが立ってないので★4つにしました。
    気持ち的には★4.7くらいなんですけどね!

  • 面白い!読み始めると銀行の話であることが分かり、半沢直樹のときと同じ展開なのかと思いきや、スーパー爆破事件が同時に進んでいく。こちらの展開も気になって仕方がない。作者のうまさを存分に感じることのできる作品でした。おすすめ^ ^

  • 白水銀行が舞台。
    大手スーパーへの企業テロと、それによる株価暴落による利潤を誰が得ているのか・・・池井戸作品を連続で読んでいると、巨額のお金が動くところには必ず私欲に走る人が存在していて、最終的には勧善懲悪に落ち着くのだけれど、その前の紆余曲折ではらはらするシーンが多くてつい読みすすんでしまう。ラストシーンは「倍返し」みたいにもっとすかっとしたかった!

  • 面白かった!
    お得意の、銀行を舞台にした、エンターテイメント。
    融資だけでなく、連続爆破事件という、ミステリ要素も。
    金融小説とサスペンスがうまく絡み合い、最後まで目が離せない。
    不当な圧力と戦う主人公が、痛快。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-b792.html

  • 池井戸さんは夫のお気に入りの作家。今回初めて彼の作品を読んでみたけど、夫が好んで読むことがよくわかった。組織の中で色々な思いを持って働いていると共感する部分や励まされる部分があるんだと思う。小説と自己啓発本を一度に読んでいる感じなんだろうな。
     この本は後半に入って一気に読みたくなった。最終的に犯人にたどり着くまでの刑事の思考過程は省かれている。だから意外な展開に驚くことができ、読んだ後もそこの場面を想像しあれやこれやと考えることができた。これが読書の醍醐味だと思った。

  • やべ。

    これはキターーーー!!
    是非実写してほしい!と、思ったらもうしてたのね。

    見たい!今まで、半沢直樹的な要素の強いものがほとんどだったのに、今回のこれは半沢直樹的要素と、警察サスペンスが入り乱れた内容。

    まさかの犯人逮捕、まさかの殺人どんどん続く事件。

    その事件にうまーいこといつもの白水銀行がからんでくるのがなんとも面白い!!!!!

    文句なし!読み応えありすぎて時間を忘れました!!!!!!!

    面白い!久々にヒット、!!

  • 白水銀行が支援する大手スーパー(業績右肩下がり中)で爆弾テロが勃発。しかも連続で。もう後がない崖っぷちのスーパー側と陰謀だらけの銀行側上層部に、担当銀行マン坂東はどう立ち向かっていくか。
    脅迫状で次の犯行を予告するにっくき犯人。それを追う主人公や刑事。逃亡する容疑者。。。読んでいて一瞬、東野圭吾作品を読んでいるのか?と錯覚しそうになるほど犯人追走劇に緊迫感を感じたが、最後まで読んでみればこれはやはりれっきとした池井戸作品特有の社会派企業小説だった。
    サスペンスと社会派と、両方が味わえて満足!といきたいところだけれど、冒頭に頻繁に出てくる金融用語がややこしすぎてなかなか読み進まない(涙)そこが残念。。。

    私自身、20代の頃に某大手スーパーで約5年間、販売員として勤務した経験がある。バブル期、大店法の緩和などで、新店舗が続々と開店となり、あっちこっちでオープニングセールで大騒ぎ!別会社ならまだしも、同じ会社の店舗どうしで客の奪い合いになるという、混沌とした中で働いてきた。今思えば、お客さんの顔を思い浮かべながら仕事してたことってあったかなぁって(笑)そんな会社だったから倒産しちゃったんだよな。。。
    仕事の本質を見失うようでは失格。自分や自分の仕事や立場を見つめ直せるような、そんな余裕を与えてくれないような会社は長続きしないだろう。

全248件中 1 - 10件を表示

株価暴落 (文春文庫)のその他の作品

株価暴落 Kindle版 株価暴落 池井戸潤
株価暴落 単行本 株価暴落 池井戸潤

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

株価暴落 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする