「希望格差」を超えて 新平等社会 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.59
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167736026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 問題提起している内容は、現時点でも解決していない課題である点で言えば、価値ある一冊と言える。

  • 自治体・官庁のメディアが結婚格差に関する研究成果の掲載を拒否しているという内容に絶望した。大本営発表と何が違うのか。この国は結局あの戦争から何一つ学べなかったということか。対抗手段はもうこの既得権のくびきから完全に逃れる事か、なんとしても既得権を得る側に回ってゆるやかに死んで行くかの2択しかないように思える。

  • 納得感ある分析。「不平等」、「差異」、「多様性」、「格差」似たような言葉であるが微妙にニュアンスが違う。著者は「格差」を上下関係のある差異と定義。格差を生み出す自由な経済市場を肯定することと、市場の自由の結果生じた格差を肯定することは別次元であると指摘。サンデルの著書を読んだ後なので、様々考えながら読んだ。

  • 2009(底本2006)年刊。中央大学文学部教授。山田教授の分析は実態、実感に合い、大竹文雄阪大教授の分析が部分解でしかないという指摘も首肯可能。実態分析の中では、特に、離婚・男性失業リスクが未婚率をあげ、子育ての費用負担が非出産を促進というのはよくわかる。著者の処方箋は穏当だが、これすら実施不可能の感。特に年金。なお、家族問題を20年来研究してきた著者は、初期のころ、未婚男性と既婚男性との収入格差という結果につき、役所の出す報告書や報道機関での発表機会を官僚等から喪失せしめられてきたらしい。驚愕の告発。

  • 格差社会は仕事、家族、教育など社会状況の至る所に存在している。仕事を例にだすと、中流という意識は崩壊し、専門中核労働者と定型作業労働者に分かれ、生産性の高低が二極化し、だれでも出来る仕事なら個人として必要な存在ではないと実感し、やる気がなくなり、希望格差が生じてしまう。

    (ゆうじん)

  • 文章が分かり易く、ひとつひとつの事柄を丁寧に説明されていて、言葉も難しすぎず、読み進めたくなる本だった。
    内容、書き方ともに人にもお勧めしたいと思える本である。共感するかどうか自分の価値観次第。価値観をぶつけ合いながら学んでいける内容である。

  • 街を歩けば、無気力な若者に出会う。電車に乗れば、周囲に無関心な若者を見る。人を押しのけて席を取り合う姿。音楽を聞きながら、携帯をいじり、自分の世界に入る姿。
    若者だけではない。無気力、無関心、個人主義の大人も多い。
    なぜ無気力、無関心の人間が増えたのだろうか。その原因は、社会の閉塞感だ。社会全体が活気に満ちていれば、大人も若者ももう少し、活気を持てただろう。
    では、なぜ閉塞感が満ちてしまったのか。それは、90年代後半からの、
    ・グローバル化
    ・情報化
    というニューエコノミーが原因だ。
    この波にさらされると、希望を見出しにくくなる。グローバル化を乗り切る知恵を持つ人は勝ち組になれるが、そうでない人は負け組になるからだ。
    つまり、勝ち組と負け組の格差社会が到来する。
    そして、この格差は容易に埋まらない。格差が子供に引き継がれ、社会全体が固定化する。
    希望が持てる社会を築くにはどうすれば良いか。そこにメスを入れたのが、本書だ。

  • 希望と平等を根底に据えた社会に再構築しよう、というのが著者の主張です。
    希望とは『努力すれば報われる』というもので、それはそれで確かに必要なんですが、『努力は裏切る』のが僕の考えです。だって明らかに個々の能力を考慮していないからそう言えるのであって、だからこそ『勝ち負け』があり、厳しい社会が立ち塞がっているのです。努力至上主義でも能力至上主義でもなく、そのバランスが求められる時代になっていくだろうと思います。ざっくり言えば、バブル期前までは努力至上主義、バブル崩壊後は能力至上主義と、極端な展開になっているので、弁証法的には、その中間に落ち着くだろうと予想できます。

    男性収入の格差が結婚を躊躇わせ、それが少子化に繋がるのは納得です。僕自身も低収入で(笑)、年収200万円切っていますし、やっぱりそれがネックで恋愛貧困に陥ってます(笑)お金が降ってこないかな~なんて考えてます。。

    価値観の変革、単純定型労働者の社会的地位向上が必要だと思います。著者の言うニューエコノミーの労働者は羨望の的ですが、コンビニやファストフードの店員等の単純定型労働者は世間ではまだまだ蔑まれた目で見られます。このような人達の偏見を何とかしたいです(特に中高年)。今日の経済効率は、彼らの犠牲の上に成り立っていることを忘れてはなりません。

    そこで思い出すのがロールズの格差原理です。
    『恵まれたものは、恵まれない者の状況を改善するという条件でのみその幸運から便益を得ることが許される』
    恵まれている人は社会還元しなさい、と換言できます。
    やっぱり、運の要素が人生にとって一番のインパクトだと思います。僕の大学時代の栄光は運だとはっきり言えますし、本当に、どうしようもない状況(生まれた時代、性別、環境等は変えられない)が多大な影響を与えますから、そこは謙虚になって、便益を受けたと感じたら何かしらに還元(寄付も可)しなければならないと思います。が、便益の押し付けはやめてほしいです。「日本に生まれたから、日本に感謝しなさい」とか、国歌斉唱の強制とか、そういうのとは別だと思うんですよ。だって自身が日本に生まれることを選んだわけではないですから。たまたま日本に生まれたからとって、その郷に従わなければならないというのは、ちょっと傲慢な考えだと思います(だからといって反日本社会的な行動を推進しているわけではありません。選択の余地が問題なのです)。

    学生は将来に希望が持てないから勉強しないと言う著者の展開には疑問が残ります。どう頑張っても成績が上がらないから勉強しない、なんて将来のことを考えて勉強する学生なんてごく僅かだと思うし、報酬が目的で勉強するのではなくて、あくまで知的好奇心がメインになっていないと伸びないと思います。外部評価による持続力の低下の問題等、心理学では言われているものがあり、そのあたりも含めて考えると面白いかもです。

    まだまだ書き足りない……考えがうまくまとまらないので煩雑な文章になっています……。
    なかなか面白い一冊で満足でしたので、僕の評価はA+にします。

  • (「BOOK」データベースより)
    日本における格差の拡大は一体どこまで進んでいるのか?ベストセラー『パラサイト・シングルの時代』『希望格差社会』の著者が、ワーキング・プア化する若者、「中流」の崩壊と貧困母子家庭の急増、貧困高齢者の「底抜け」など具体例を挙げつつ、その処方箋を示す。混迷する現代社会に希望を与える刮目の書。

  • 「婚活」や「パラサイトシングル」といった流行の言葉を作り出した山田昌弘さんの本で、彼の討論会の前に読んだ本。今の世は希望格差に満ちているという主張は鋭くまた直観的であった。社会学者ということもあって、計量経済学を学んでいる自分にとっては、統計の取り方の厳密性に関してはやや疑問が残るところであったし、希望格差の原因をある一定の進路が享受する利益が狭まったというとしている。しかし、そもそも希望あるいはそれのもととなる利益のパイが小さくなっていることや、経済的利益(≒金)が絶対的な善であるという価値観が若者にとって、け入れなれなくなっていることなどが、希望を持てない一つの原因なのではないかと個人的には思っている。このん点関しては、筆者も自分も推測の域をでない。いずれにしろ、良くも悪くも「希望」という曖昧な概念を必死に捉えようとし、分析しようとしたこの本はチャレンジングであるし、また希望格差に対してするどく提言をしているところはこれからの自分にとっては是非、批判的に受け止めていきたいところである。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山田 昌弘(ヤマダ マサヒロ)

1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。
1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学。コピーライターとしても定評がある。
NPO全国地域結婚支援センター理事

【著書】
『パラサイト・シングルの時代』『希望格差社会』(ともに筑摩書房)、『新平等社会』『ここがおかしい日本の社会保障』(ともに文藝春秋)、『迷走する家族』(有斐閣)、『「家族」難民』(朝日新聞出版)などがある。

【公職】
•内閣府 男女共同参画会議・民間議員
•文部科学省 子どもの徳育に関する懇談会・委員
•社会生産性本部 ワーク・ライフ・バランス推進会議・委員
•厚生省 人口問題審議会・専門委員
•経済企画庁 国民生活審議会・特別委員
•参議院 調査室・客員研究員
•東京都 青少年協議会・委員
•同 児童福祉審議会・委員
•内閣府 国民生活審議会・委員
などを歴任。

「2016年 『結婚クライシス 中流転落不安』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田昌弘の作品

「希望格差」を超えて 新平等社会 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする