明るい夜 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.26
  • (4)
  • (9)
  • (19)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 85
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167753122

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京都を舞台にした25歳の女の子のリアルな話。
    鴨川や木屋町といった京都のよく行く街並みが随所に登場し、
    愛宕さんのお祭りの様子など、すごく情緒もあっていい展開。
    1ページに入っている文字数も少なめで読みやすい。
    ゆっくり、じっくり読み進めたくなる本。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      黒川創と聞くと、編集グループ〈SURE〉と言う京都の小さな出版社を思い浮かべます。
      http://www.groupsure.net/
      黒川創と聞くと、編集グループ〈SURE〉と言う京都の小さな出版社を思い浮かべます。
      http://www.groupsure.net/
      2014/06/10
  •  2005年度三島由紀夫賞候補作。文庫になってのちの2009年、京都の書店員で決める京都水無月大賞を受賞。
     後者の方は聞き覚えのない賞だが京都の書店員が投票で決めるらしく、関西版本屋大賞のようなものらしい。そうして本作はそれに選ばれるのも尤もな小説ではある。最初から最後まで舞台は京都なのだから。それでいて、古刹名刹の類はほぼ出てこない。象徴的に作中で使われるのは賀茂川と高野川の合流地点である鴨川の三角公園などであって、観光都市の京都ではなく、また歴史の教科書に載るような京都でもない、ありふれた庶民の生活の場としての京都が描かれている。この地に暮らしたことのない私でも受け取れるくらいのセンチメンタリズムが生活の場としての京都を背景に展開されているので、雰囲気を味わう小説として読んでも構わないだろうが、まともに読解をしようとすると捉えづらい小説だという事がわかる。やはり黒川創だ、一筋縄ではいかない。
     
     本作の分析の鍵となるのは〈思いだす〉という行為だ。モラトリアムは副次的なもののように感じられる。〈思いだす〉には立ち止まらなければならない、あるいは遡らなければならない。そしてまた、上にて鴨川が象徴的に使われていると書いたが、鴨川に限らず他の河川や、あるいは銭湯が大事な場面で使われるように、〈水〉もまた重要な意味合いを持つようだ。
     
     本作の大部分は〈わたし〉こと朋子の一人称で叙述される。
     朋子は風呂なしのぼろアパートに住んでおり、大学卒業後はアルバイトで生計を立てている。アルバイト先のファミレスの同僚であり友人でもあるイズミちゃんは、正社員時代に深刻な不眠症となり、職を辞した。そして朋子の彼氏である工藤くんは、小説を書きたいと本屋の店員を辞めたのだが、一向に小説を書こうとせずに、鴨川沿いで、あるいは朋子の部屋で、脳天気にぶらぶらしている。
     工藤くんはなぜ仕事を辞めたのかわからないくらいに小説を書くことに自信を持てていない。朋子やイズミちゃんに至っては京都の市街地に意地でも居ようとする理由は、単に実家に帰りたくないというくらいの弱いものしかない。
     こう書いていくとモラトリアムを延長したものの、行き詰まった若者達の葛藤でも書かれていそうな気がしてくるが、実際に読んでみるとそうではない。というか、人間そのものの動向は本作に限ってはそれほど重要ではない。彼らが前にも後ろにも動かないで京都に居続けることの方が重要だ。なぜというに、現在の京都を見る視線が保てるからだ。現在の京都を見る役目は、小説を書こうとしている工藤くんの目が主に担当しているように思えるが、朋子やイズミちゃんの視線も欠かせない。
     
     本作の冒頭部と第一章は、時間軸で言えば本作最終章の続きという形をとる。銭湯の湯船の中にいる朋子がこれまでを〈思いだ〉している体をとっているのだが、漫然と読んでいると気づけないほどさりげない。本作では時間の連続性が価値を持たない。どこにどのエピソードが挿れられても違和感なく読めてしまう。
     始まりが銭湯の中というのは示唆的だ。湯船のお湯は流れを止められた温水のたまり場と言えるだろう。この場面ではお湯と同じく、時が止まっていると言ってよい。朋子とともに橋の上から三角公園を眺めるイズミちゃんが苦々しく京都北部の山奥の実家のことを〈思いだす〉のも、つまりは鴨川の流れを見下ろしながら橋の上で静止している瞬間だったりする。
     その他、これは意図的だと思うのだが同じぼろアパートに住む老爺や、大家の老婆など、高齢の登場人物が多い。彼らに未来という時間はあまり残されていない。大家の老婆が自身の昔の日々を、昔の京都を〈思いだす〉場所は、朋子とともに浸かっている流れの止まった銭湯の湯船の中だ。老爺がかつて友禅染をやっていたことを〈思いだす〉のも、鴨川の川沿いを朋子と上流方向へ歩んでいる場面だ。そして小説全体の進行として、場所は京都北部へと移っていくのだが、それは水の流れとは正反対への歩みである。水の流れと正反対の山奥にあるのは、今にも忘れ去られそうな、人々の記憶から消えてしまいそうな集落と、とりたてて特別でも有名でもない火祭りだ。きっと誰かが見に行かなければその集落も火祭りも〈思いだ〉されなくなってしまうだろう。
     このように作中に出てくる水はまさに過去を、記憶を〈思いだす〉呼び水としてある。
     
     人間が主役ならばどうも停滞感を覚える、後ろ向きで話も散漫な、かったるい小説になるが、主役が人間ではなく京都だったらどうだろうか。〈思いだす〉京都は人それぞれ、世代や性別もバラバラなだけに却って豊富なバリエーションを持つ。各エピソードが一本に繋がらないもどかしさを感じるのは登場する人間を軸に考えるからで、各エピソードの場所を軸に考えてみると、京都という街が共通点となっており、途端にはっきりとした本作の狙いがわかってくる。
     一つの街を多角的な視線からとらえて浮き彫りすること、それこそが本作の主眼だ。この小説を読み終えて立ち昇ってくるのは重層的に描かれた、多彩な表情を持つ京都という街そのものなのだ。
     

  • なんせ京都に住んでいるもので、住んでいる場所が舞台の小説は、そらやっぱ、興味深く読めてしまいますよね。だってもう、知ってる地名、よく歩く地名が、どんどこ出てくるんですもの。「くるり」の音楽を聴くのと、似てる感じです。ああ、この地から、生み出される文学や、音楽が、存在するんだなあ、って思う事。それはやっぱ、なんだか嬉しいものです。

    でも、この小説は、例えば貴志祐介の「黒い家」ほどには、京都感どっぷり、には、ひたれなかったなあ、という感想でしょうか。出町柳のあの感覚。四条木屋町のあの感覚。そこはかとなく感じたのですが、でも、なんだか、こう、ググッとはきませんでした。ただ、個人的に、「黒い家」のほうが面白く楽しめて、この小説にはハマれなかった。それだけなのでしょうが。

    出町柳で「パンの清田」を探してみたり、四条木屋町で「ラ・ノッテ・キアーラ」を探してみたり、広河原に愛宕の火祭りを観に行くか?というと、そこまでは、こう、ドップリはハマれなかったなあ、という。個人の好き嫌い、なのですけれどもね、結局は。

    でも、黒川さんの描写する、パン屋さんの労働の詳細は、素敵でした。ああ、働いてるんやなあ、ってことが、実感として、まさに実感で、すっごく伝わる雰囲気で。黒川さん、実際にパン屋さんでアルバイトしたことが、あったのでしょうかね?町中の全てのパン屋さんが、愛しく感じる描写でしたね。はあ、素敵だなあって思ったのです。パン屋さんで働く人と知り合いになりたい。で、こんな日々を送ってるんだろうなあ、ってことを、じかに聞いてみたい。そう思う次第でした。

    黒川さん、なんだか、描写好きなんだろうなあ、って感じの文章ですよね。微に入り細にわたる、という感じでしょうか。細にわたる、というのは誤用なのでしょうか?日本語は不思議なのだな。

  • 3人の若者が「始まり」を探す物語。
    「始まり」に繋がる何かを求めて、時系列が行ったり来たりしながらふわふわとした世界が、朋子の視点からとりとめもなく語られていく。

    だけど、本当は「とにかく始めてみる」ことが大事だったんだね、ということなのかな。

    工藤は読んでて不安になるくらいダメダメな人だけど、彼も彼なりの「始まり」にたどり着いたみたいで、とりあえず一安心。

  • 【本の内容】
    ふいに消えた女ともだち、小説を書くために仕事を辞めたのに最初の一行が書けない「彼」、眠れない「わたし」。

    アルバイトでその日その日をつなぐ若い男女のよるべなく、ささやかな生。

    京都・鴨川べりの古アパートから火祭の夜へ、絶妙な語り口ですくいあげられた、若い日の確かな手ざわりが爽やかな感動を呼ぶ傑作。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • この小説の冒頭の引用です。

    「何事にも始まりというものがなければならず、その始まりはもっと前からあった何かとつながっておらねばならん」

    京都でイタリア料理店でバイトをしながら、ぼろアパートで独り暮らしの<わたし>は、眠れない日が続きます。

    彼の<工藤くん>は、小説を書こうと本屋勤めを辞めたのに、ごろごろしているばかり。

    バイト仲間の<イズミ>は、その祖父母のいる山里の火祭りに行く約束をしたのに、連絡が途絶えました。

    3人とも足もとが覚束きません。
    冒頭の引用とは裏腹に、何も始まる様子がありません。

    イズミを探しがてら、工藤くんとふたりで火祭の里を訪れることに。
    きっかけになりそうな変化が訪れても始まりに繋がらず、もどかしい思いで読みました。

    ようやく最後に、思わぬ形で始まりが登場しました。
    確かに、始まりはその前からあったものとつながっています。こういう始まり探しもありかな。

  • 京都の街の雰囲気はすごく自然に書かれていて好感が持てるものの、工藤君が中途半端で魅力が乏しいせいなのか、作品の特徴が曖昧になってしまっている。
    京都の書店で絶賛されているとのことですが、それは街の描き方が京都人の心をくすぐるからでしょうね。

  • 3人の登場人物のどうしょうもない感じというか、やるせない感じが好き。お風呂に入った音をきっかけに回想に行く文章も良かった。でも、個人的な好みとしてはもう少し起伏がある物語が好きだ。

  • 2009年の本屋大賞受賞作品。京都が舞台になってるから読み進められたものの、話がすごいわかりづらい印象はあった。でも、ひとつずつの詳細がすごい丁寧に描かれていて、絵が浮かぶような、映画のような作品だったかもしれない。映画だったらもっとおもしろくみれたかな?

  • ゆったりとして雰囲気はよかったですが、面白くはなかったです

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年生まれ。作家。十代の頃から「思想の科学」に携わり、鶴見俊輔らとともに編集活動を行う。著書に『いつか、この世界で起こっていたこと』『きれいな風貌――西村伊作伝』(ともに新潮社)など。

「2015年 『鴎外と漱石のあいだで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

明るい夜 (文春文庫)のその他の作品

明るい夜 単行本 明るい夜 黒川創

黒川創の作品

ツイートする