下半身を鍛えて病気しらず 病は脚から! (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.65
  • (4)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167753320

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 石原結實 著「病は脚から」、2009.1発行(文庫)。①人間の体重の40%以上は筋肉、その筋肉の70%以上が下半身に存在。(筋肉は血液循環を促進)②老化は脚から、病も脚から。③足腰を鍛えると老化が防げ、かつ病気の予防や改善に。 すべての基本はウォーキングから。そして、スクワット、カーフレイズ、腹筋運動、グーパー運動、腕立て伏せなどを。アイソメトリック運動やダンベル体操もとても効果があるようです!

  • ***未処理***

  • 相似の理論、という考え方が面白い。

  • 臨床の経験上、まさに、という内容です!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1948年、長崎市生まれ。長崎大学医学部を卒業して血液内科を専攻。その後、同大院博士課程で「白血球の働きと食物・運動の関係」を研究して学位(医学博士)を取得。難病の食事療法で世界的に有名だったスイスのベンナー病院や長寿地域のコーカサス地方で自然療法を研究し、漢方薬の知識と合わせて確立した独自の食事療法を、東京のイシハラクリニックや伊豆のヒポクラティック・サナトリウムで指導・実践しており、各界要人たちの高い評価を得ている。先祖は、鉄砲伝来の種子島藩の御殿医。これまで40年間で著書約350冊を上梓し、10万部超のベストセラー多数。米国、ロシア、ドイツ、フランス、中国、韓国、台湾、ベトナムなどで合計100冊以上が翻訳出版されている。1995年から13年間、日本テレビ系「おもいッきりテレビ」に出演。長女は、テレビ他マスコミに度々登場する女医の石原新菜。

「2022年 『50歳からの病気にならない食べ方・生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石原結實の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×