おしゃれのベーシック (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.10
  • (1)
  • (7)
  • (18)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 94
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167753856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2014年5月29日購入。
    2014年9月11日読了。

  • この作者のエッセイ好きなんです。すーっと入ってきて。肩肘張らない、年齢にあった自分らしさ。いいですね。

  • おしゃれは時間とともに発酵する。おいしいワインのようなもの。
    好きなものを身に着けてきた道筋、積み重ねられた時間の軌跡がからだにしみ込んで、
    それがいつしか芳香を立てる。その芳香こそがその人のベーシックだ。

    自分のベーシックをどう作っていくか。
    それは自分のキャラクターとおしゃれとの相性を見極めることだ。

    流行とは構築と破壊の繰り返しであり、
    それが人間の普遍の真理であると思わないではいられない。

    流行は移り変わるからこそ意味がある。
    移り変わり消えることで浄化されるものがあるからだ。
    そして過去を繰り返すことで人は記憶を確かめ安心する。

  • 自分の定番を見つける16の方法、変わらない美しさを学ぶ15のブランド、きれいなだけじゃ、魅力がない? ひとは変化する、けれどそれを含めて変わらない自分らしさ、美しさの核は誰にでも必ずある。

    20代の頃、光野さんの本をよく読んでて影響されてました。久しぶりにその名前を聞いて手に取ってみた本。
    彼女の本は写真が沢山入っているわけじゃないんだけれど、筆力というか描写が繊細で光景が浮かぶような文章だと思う。
    その感じが以前と変わらなくてあー懐かしいなーと思った反面、内容はティーンのお嬢さんの話であったり、しばらく専業主婦をしていておしゃれのパワーがなくて服を買えなかったという話であったり、時が経ったんだなーという感想。
    でも、年を取ったなりのおしゃれとの付き合い方があって素敵だなーと思いました。

    なんかねー、中途半端な年だと着る服探すの難しくって。。。
    育休明けの時にそういえば困ったな。。。まあ、結局同じようなスタイルですけれども。
    いくつかブランドにまつわるコラムがあったんだけど、マルニ、タオ・コムデギャルソン、sacai、green、それから津田晴美さんのお店が気になった。
    まー、滅多に自分の買い物に出かけるって機会自体がないんだけど、ちょっと覗いてみるのもいいかなー

  • おしゃれとは、生き方なんだな。
    これからはもう少し吟味して服を選ぼうと思った。

  • 頂き物。入院中に読むものが無くなって途中でキアロに持ってきてもらった。

    しかし、あまりにも自分とかけ離れた価値観が綴られているため、本気で読むことが出来なかった残念な本。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

作家・エッセイスト。東京生まれ。小池一子氏に師事した後、女性誌編集者を経て、イタリア・ミラノに在住。帰国後、執筆活動を始める。1994年のデビュー作『おしゃれの視線』(婦人画報社)がベストセラーに。主な著書に『おしゃれのベーシック』(文春文庫)、『実りの庭』(文藝春秋)、『感じるからだ』(だいわ文庫)、『おしゃれの幸福論』(KADOKAWA)などがある。2008年より五感をひらく時空間をテーマにしたイベント『桃の庭』を主宰。

「2018年 『これからの私をつくる 29の美しいこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

光野桃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

おしゃれのベーシック (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×