オカマだけどOLやってます。完全版 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.58
  • (55)
  • (150)
  • (165)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 1081
レビュー : 169
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • けっこうドラマがあるのね。爆笑したゃうとこもいっぱいあったけど、けっこうシリアスのような気も…

  • 魅力的な文章でさらりと読めました
    『性同一性障害』って、たまにテレビでみかけると
    ぐるぐる黒い思いや悩みが渦巻いて・・・といったイメージですが
    このエッセイを読んで案外そんなかんじでもないのかも・・・と思いました
    能町さんの本、また何か読んでみたいと思います
    さらさらと軽快な文章は本当に面白かったです

  • さらっと読めた。
    能町さんのエッセイは性同一性障害を特別に扱ってない感じで好きです。

  • へぇーってかんじ。

    すんなり読めて、面白い文章だった。

    そうなんだーって勉強にもなったり。

  • 爆笑とともに勉強になります

  • 《図書館》自分は男じゃないかも。とかから始まるんやろなぁ。恋愛対象で気づくパターンもあるやろし。戸惑うやろなぁ。動揺だよな。
    この本は、暗さもなく、淡々としていて面白い。 私まわりに能町さんいても、オカマとか気付かないやろな。私も、声低くて、間違われた事あり。

  • こんな面白いエッセイを書けたらいいのにな…(苦笑)

    読みやすくて面白かったです。

  • 文章のテンポ感と能町さん独特の言葉選びであっという間に読んでしまいました。
    読み終わったあとにふつふつと元気が出てくる本です。

  • 読もうと思って置きっぱなしだった本。
    やっと読んだ~!
    読みやすかったです。
    あと、ジェンダー問題ってとってもデリケートで
    下手にさわっていいものかと悩みがちですが
    自分とまったくかわんないっていうか。
    男とか女とかおかまじゃなくてただたんに性格の問題なんだなーみたいな。

  • この人の本を前に読んだのだけど、女性になりた過ぎるのも病気、と言っていた。
    私は男じゃない!!女なんだ!!そういう自分を受け入れてくれ!!!というのはやりすぎちゃうんか?と。
    この本でのみね子さんの態度も、フツーの女子になりたいだけ。というのが滲み出てる。
    性別にとらわれすぎないで、「みね子」であることを大事にしてるからかなあ。
    ちんこ取るのは夢とかじゃない。借金みたいなもの。
    というのもそういうことだろう。
    自分の状態を見定めるのが上手な感じがする。
    先のことを考えながら、考えすぎずに、リスクを選びながら、生きるんだなあ。
    もちろん書いてない葛藤とか苦しみ!とかあるとおもうけど、まー生まれつきの女子も、完璧女子とかそうそういないし、地に足のついた選択してるのじゃないかしら、と思う。
    生まれつき女子がアイドル並みの見た目もってるわけでもないし。
    肩の力が抜けるオカマ本。

全169件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

北海道出身、茨城県育ち。文章やイラストの仕事のほうが多い漫画家。他称好角家。雑誌やネット媒体でコラムなどの連載多数。2006年、イラストエッセイ『オカマだけどOLやってます。』(竹書房)でデビュー。著書に『くすぶれ!モテない系』(文春文庫)、『ドリカム層とモテない系』(ブックマン社)、『逃北〜つかれた時は北へ逃げます』(文春文庫)、『「能町みね子のときめきデートスポット」略して能スポ』(講談社文庫)、『雑誌の人格 2冊目』(文化出版局)、『うっかり鉄道』(幻冬者文庫)など。『「能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター」、略して能スポ』(講談社文庫)がサッカー本大賞2017の大賞を受賞。ラジオやテレビなどでも活躍している。

「2018年 『中野の森BAND』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オカマだけどOLやってます。完全版 (文春文庫)のその他の作品

能町みね子の作品

ツイートする