とっておきの銀座 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.60
  • (4)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 父が病床に臥しているときに、ふと近くの銀座の店の名前を出してあれやこれが食べたいと言っていた店がこの本の中に。名店のかりんとうや天ぷら、つばめグリルなど、父が亡くなる前に食べて喜んでいたのを思い出す。自分はお金を気にすることなく銀座で買い物をしたり、食事する時がくるのか甚だ疑問だが、その時は父の思い出と共に参りたい。

  • 高いところも安いところも区別なく使っているのがお洒落ですね。
    昼間に食事に行ったりしたくなります。

  • 嵐山光三郎さんの面白エピソードを織り込みながら、東京銀座を紹介しています。
    今はもうない「松坂屋銀座店」やリニューアル工事以前の「ソニービル」などの懐かしい風景から老舗のお店・レストランまで、あらためて銀座の良さを知ることができました。

    ガイドブックにはない、新鮮な内容です。

  • こんな風に買いたいものを買いたいだけ買える身分になってみたい。

  • 2015/4/5
    ワクワクする銀座の遊びかた。出てくるお店を是非巡りたい。社交場となる老舗のお客になってみたい。
    と、読んでいたけど半分読んでちょっと飽きてしまった。
    いくつか実際にお店を体験してからまた読もうか。

  • 昼間の銀座の雰囲気、老舗料理店、有名店などがさりげなく紹介されており、思わずこの本を片手に、銀座の町を闊歩したくなる1冊。
    嵐山光三郎さんならではのお店選び・紹介にも、好感を覚えます。

  • 銀座の老舗、有名なお店はほとんど出てくるのかな

    ゆっくりと銀座を散歩しているような感覚で読めました

    行ったことのある店もたくさんでてきて

    読み終わったあとはほっこりした気持ちになりました

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

一九四二(昭和十七)年、静岡県生まれ。平凡社『太陽』編集長を経て独立、執筆活動に専念する。八八年『素人庖丁記』により講談社エッセイ賞受賞。二〇〇〇年『芭蕉の誘惑』で、JTB紀行文学大賞受賞。〇六年『悪党芭蕉』により泉鏡花文学賞、〇七年読売文学賞をダブル受賞。他に、『文人悪食』『「下り坂」繁盛記』『追悼の達人』『文士の舌』『枯れてたまるか』、磯田道史氏との対談『影の日本史に迫る』など著書多数。

「2019年 『ゆうゆうヨシ子さん ローボ百歳の日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とっておきの銀座 (文春文庫)のその他の作品

とっておきの銀座 単行本 とっておきの銀座 嵐山光三郎

嵐山光三郎の作品

ツイートする