天皇の世紀(3) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.11
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773564

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012.10.-2012.11.18
    桜田門外の変が起きた時、咸臨丸が訪米中だつた。和宮降嫁を巡る混乱。歴史は詳しい程面白いといふことを実感。

  • 全12巻であるから、まだ先は長い。
    そして、当時の文語体の文章の引用も多いことから読みにくい。
    しかし、黒船来航に始まる幕末の動乱を新聞記事を書く様に、詳細に記述しており、このシリーズを読破すれば、かなりの幕末通になること間違いない。

  • 攘夷の名のもとにファナティックなテロが多数発生したのは、人間の本性のなせる業か、日本人の特性なのか、それとも幕末の社会情勢の特殊要因なのか。
    古今東西、<u><span style='color:#ff0000;'><b>抑圧と閉塞の社会にはテロルが許容される</b></span></u>度合いが増えるのだろうか・・考えさせられる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1897-1973。横浜生まれ。東大法学部卒業。教師、外務省嘱託のかたわら小説を発表し、「鞍馬天狗」のシリーズが好評をはくし、作家専業に。代表作に「赤穂浪士」「乞食大将 後藤又兵衛」「帰郷」「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」等多数。芸術院賞、朝日文化賞、文化勲章を受章。実兄は星の学者として名高い野尻抱影。鎌倉の自宅は一般公開され、港の見える丘公園内には、大佛次郎記念館がある。また、74年、朝日新聞社主催で大佛次郎賞が創設された。

「2014年 『猫のいる日々 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大佛次郎の作品

ツイートする
×