街場のアメリカ論 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.85
  • (41)
  • (107)
  • (48)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 739
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773687

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  元の大きい本を持っているけどつい購入。つ、ついったーで先生直々に「文庫版出るよ」とリプもらったから!単純だなー。

     日本人のいわゆる島国根性(こないだの本の辺境という意識)と同じように、アメリカという国の持つ行動原理を考えます。
     印象的だったのは、アメリカというのはもともと「こうありたい」為に集まった人の作った、世界で唯一建国理念の先立つ国だということ。
     私らの言う「世界では…」の「世界」ってのは、アメリカでしかなくて、そのアメリカという国は、世界でも特殊な国であるということを、よく胆に銘じておくべきだと思います。

     ところでこの「街場」って言葉、先生には悪いけどいいかげん鬱陶しい。

  • 日本人のものの考え方のいくらかはアメリカ人の模倣である場合が多い。で、それはなぜか?ということがこの本の趣旨で、ペリー来航以来の日本とアメリカの関係をひも解いていく。様々な話題がアクロバティックにつながっていくので、楽しく読み進めることができました。例えば、歴史学と系譜学など歴史に対する見方、日米の漫画比較、アメリカ建国時の歴史的経緯、戦後日本のアメリカに対するトラウマなど国家的無意識なるものに関する考察、アメリカのスター伝道師の話、食とナショナリズムの関係など、色々勉強になりました。

  • 『川は静かに流れ』の親父がとった行動で、実の息子の無実よりも今の嫁との家庭を選んだのは、こーいう背景があったのかねぇ、と「子供嫌いの文化」を読んでいて、なんとなく納得。

    『日本辺境論』と同じくおおよそで同意しているのですが、違和感を感じたままなのが何なのか・・・心証的に納得できない箇所があったのかなぁ。

全72件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

街場のアメリカ論 (文春文庫)のその他の作品

街場のアメリカ論 Kindle版 街場のアメリカ論 内田樹

内田樹の作品

ツイートする