天皇の世紀(5) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.29
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773717

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2013.1.24-2013.3.12 天誅組、水戸藩の天狗党を描く「義兵」と、禁門の変主題の「京都」の二章を収める。
    自分が明治維新について如何に曖昧な知識しか持つてゐなかつたかを知り、恥づかしくなる。
    「天誅」といつた後ほどの右翼用語が、この時代に由来することは、興味深い。

  • 天誅組、天狗党、禁門の変と、激動の時代へと突入していく。
    文語体の原文の引用が多く、難解だ。
    なかなか読み進まない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1897-1973。横浜生まれ。東大法学部卒業。教師、外務省嘱託のかたわら小説を発表し、「鞍馬天狗」のシリーズが好評をはくし、作家専業に。代表作に「赤穂浪士」「乞食大将 後藤又兵衛」「帰郷」「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」等多数。芸術院賞、朝日文化賞、文化勲章を受章。実兄は星の学者として名高い野尻抱影。鎌倉の自宅は一般公開され、港の見える丘公園内には、大佛次郎記念館がある。また、74年、朝日新聞社主催で大佛次郎賞が創設された。

「2014年 『猫のいる日々 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大佛次郎の作品

ツイートする
×