なぜか好かれる“気”の技術 (文春文庫)

著者 : 斎藤孝
  • 文藝春秋 (2010年6月10日発売)
3.38
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773793

作品紹介・あらすじ

円滑なチームワークから、場を活性化するコミュニケーション法まで、気の好循環を生むコツがわかれば爽快に生きられる。齋藤身体論の金字塔。

なぜか好かれる“気”の技術 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:



  • 気遣い 元気 気合 気持ち 浮気 弱気 生意気・・・

    気ってあいまいだけど よく使う言葉。

    前半は・・・
    気配りの出来ない人が 今流行の 「空気の読めない人」なのでは?

    など、
    こちらも ドキッとするような 気 の必要性を感じる 場面の例えが出てくる。

    気の大切さ を 日本の生活習慣や日本文化、
    各種文献引用で説いている。


    後半は、失速した印象であまり面白くなかったw


    教師など指導者の立場の人これを読んで生かしてほしい。
    生徒が話を聞いてくれない!
    スポーツ指導等で怒鳴る 。。。

    怒る・強制する前に やる気にさせないと!!
    本人が やる気になせないと 何も解決しない!!

  • KY的なKYの話。

  • 2010/07/02~

全4件中 1 - 4件を表示

斎藤孝の作品

なぜか好かれる“気”の技術 (文春文庫)はこんな本です

ツイートする