食べ物連載 くいいじ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.74
  • (34)
  • (66)
  • (53)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 616
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167777029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美味しいですね、と言われたものを美味しいと思えないのも、美味しいと思ったものを美味しくないって言われるのもどちらも不幸、という言葉が刺さった

  • 気軽に読めて面白い。食べ物について、こだわりはあるけどこだわり過ぎない・・・ていうかただ食いしん坊、という姿勢が程良い。

  • 再読です。さすが漫画家さんで組み立てかたが上手く。

  • 安野モヨコさんの人柄にめろめろになってしまいました。漫画家さんなのに文章もおもしろすぎる。
    「空豆」と「酒屋」のエピソード、特にすきだなあ。挿絵も美味しそう。百足はびっくりしたけど。。
    他にもエッセイ作品読みたい!

  • 理想の生活という感じ。このような生活を送れたら幸せだと思う。あと文章と挿絵でお腹が空く。

  • イラストがかわいい&鎌倉生活に憧れる本
    夕陽とかほんとに食べたくなった!

  • 何度も読み返してます。
    サイクルは作家さんならではとして。安野さんの生活の仕方はとても好きだと思いました。
    食べることが好きな人が書いているので。しかもイラスト付き。読んでいると食欲が湧き上がる湧き上がる。大変。

    美味しいものをきちんと食べたい、と思えます。

    あと私、安野さんがかく庵野さんがとても好きなので、そういう部分でも楽しめる作品です。

  • 安野さんのエッセイは初めて読んだが、読みやすく情景が浮かび、食べ物もおいしそうだった。文章も上手なのね。「ネーブル」(義父さんの話し)や「食べたい物」が特によかった。

  • 大好きなジャンル、料理エッセイ。
    全くもってジャケ買い。可愛い。
    流石漫画家さん、挿絵がもぅ美味しい。
    ぱっと作って(作ってもらって?)食べてる料理がなんだか凄くお洒落。羨ましい。
    テンポよく面白く読める本。
    見た事も無い食材や料理が出て来たりして興味深かったなぁ。

  • ちょっと一服する時に読むのには良いですね。漫画家だけあって挿絵は美味しそうだね。

全76件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

食べ物連載 くいいじ (文春文庫)のその他の作品

食べ物連載 くいいじ Kindle版 食べ物連載 くいいじ 安野モヨコ

安野モヨコの作品

ツイートする