食べ物連載 くいいじ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.74
  • (34)
  • (66)
  • (53)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 616
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167777029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 食べ物に関するエッセイ集。
    私も食べること好きだけど、安野さんの『くいいじ』には負けると思った。
    料理が得意ではない、と書いてあるが、簡単そうでおしゃれ、かつ、健康的なものばかり載っている。
    作って食べたくなった。
    挿し絵もさすがに巧い。

  • 漫画家・安野モヨコによる、食べ物にまつわるエピソード集。コミカルな文章で書かれる物語ひとつひとつが、ぷっと吹き出してしまうようなものばかりだった。特に印象に残ったのは、夕日が美味しそうというところ。落ちて行く夕日をレンゲですくって食べたら美味しそうなどとは今まで思ったこともなかった。そのくいいじに脱帽。その後、夏の夕暮れ時に空を見たら、なるほど納得、たしかに噛んだらぷつんと弾けて中身がトロリと出てきそうな美味しそうな夕日であった。

  • 漫画家だけど、意外に丁寧な食を描いていて好感持てる。
    うまいものは正義。

  • 安野モヨコさんのコミックエッセイが好きだったから手に取ってみた。

    一つが短いから電車の中とかでさらっと読めていい。
    食べ物の話って万人共通の話題だし、
    違う考え方や好みがあってもまた違った視点で面白い。
    と言うか視点が個性的で面白い。

    グルメじゃなくても、個々のこだわりで掘り下げられること
    私も何気なく食しているけど、きっと人から見たら面白いこだわりはあるなと思った。

    料理したくなった。

  • 気軽に読めて面白い。食べ物について、こだわりはあるけどこだわり過ぎない・・・ていうかただ食いしん坊、という姿勢が程良い。

  • 再読です。さすが漫画家さんで組み立てかたが上手く。

  • 安野さんのエッセイは初めて読んだが、読みやすく情景が浮かび、食べ物もおいしそうだった。文章も上手なのね。「ネーブル」(義父さんの話し)や「食べたい物」が特によかった。

  • 大好きなジャンル、料理エッセイ。
    全くもってジャケ買い。可愛い。
    流石漫画家さん、挿絵がもぅ美味しい。
    ぱっと作って(作ってもらって?)食べてる料理がなんだか凄くお洒落。羨ましい。
    テンポよく面白く読める本。
    見た事も無い食材や料理が出て来たりして興味深かったなぁ。

  • ちょっと一服する時に読むのには良いですね。漫画家だけあって挿絵は美味しそうだね。

  • ドライジンになんたらシロップ割るやつやってみたい。ちょっとオシャレなものが好き。オシャンティなもの食べてる時間と私が好きなんだろうな(笑)私もだけども。美人画報の文章も好きだったけど、これも楽しく読めました。挿絵も可愛い。

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

食べ物連載 くいいじ (文春文庫)のその他の作品

食べ物連載 くいいじ Kindle版 食べ物連載 くいいじ 安野モヨコ

安野モヨコの作品

ツイートする