食べ物連載 くいいじ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.74
  • (34)
  • (66)
  • (53)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 616
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167777029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安野モヨコさんが食べ物が好きだとは思いませんでした。ということでタイトルに釣られて思わず購入。庵野秀明さんとのご夫婦としての食生活な部分も書いてありました。
    全体的にエッセイなのでコミカル/読みやすい。さっくりしています。
    取り敢えず夜読んではいけないな、と…。お腹すきますね。

  • 漫画家安野モヨコさんの食べ物エッセイ。
    働きマンの続きを首を長くして待ってるのだが、エッセイもおもしろいなー。
    旦那さんの庵野監督を描いた監督不行届も、
    そういえばゲラゲラ笑って読んだのだった。

    本書は、安野さんが三十代のときに書いたものだそうだが、なるほど、まるで自分のことのようだ。
    安野さんのほうがはるかにゴージャスな食生活を送ってらっしゃるけども、甘いものが苦手なこととか、昔ほど食べられなくなったとか、
    ちょこちょこ自分とかぶるところがうれしい。

    私も食い意地に磨きをかけ、
    またつまらぬものを食べてしまった……と思うことがないようにしたい。

  • 食にまつわるエッセイとおいしそうなイラスト♡
    漫画家って忙しい職業だと思うけど、きちんとした食事を作ってて驚いた。
    安野さんに比べたら、全くの暇人である私が外食や出来合いのものばかり食べてちゃダメだよね…

    作ってみたいものや食べたいものがたくさんできた!
    実際にれんこんの梅和えを作ってみたけどおいしかった♪
    生牡蠣派だったけど焼き牡蠣食べてみたいなぁ~。

    2018.9.3再読
    「美味しい物を楽しく食べられる体になりたくて断食のダイエットをし、一生食べたいが為にトレーニングをする」と読んで、なるほどと思った。
    健康じゃないとおいしく食べられないもんねー。

  • 全部ではないけど読めた。
    挿絵に色を塗りたくなる衝動に襲われた。
    食いしん坊な作者の食べ物の話。
    お腹空いてる時はきつい。

  • 何度も読み返してます。
    サイクルは作家さんならではとして。安野さんの生活の仕方はとても好きだと思いました。
    食べることが好きな人が書いているので。しかもイラスト付き。読んでいると食欲が湧き上がる湧き上がる。大変。

    美味しいものをきちんと食べたい、と思えます。

    あと私、安野さんがかく庵野さんがとても好きなので、そういう部分でも楽しめる作品です。

  • 「食べる事は大好き」だけど「決して“美食家”と言うものでは無」くて、美味しい素材を生かしたシンプルな料理が大好きだけどジャンクフードも時々無性に食べたくなる。
    「旺盛なのは食欲ぐらいなものだ。」
    という安野モヨコさんの“食べること”に対する姿勢にまことに共感。
    http://matsuri7.blog123.fc2.com/blog-entry-158.html

  • いや、文芸書の方持ってるんですけどね?
    上製本で薄紙まいていてケース入りのやつ。
    素敵な装丁でとっても気に入っている。手放す気はない。
    中身も都会のプチセレブな価値観の食物エッセイで、たまに酢昆布とか庶民的な話も出てきたりする。
    「おしゃれ」「女子力」なキーワード満載な気軽に楽しめるエッセイ。
    おしゃれ画報シリーズより、絵が少ないけれど食べ物の絵がとてもおいしそうで筆者らしくおしゃれ。
    しんどい時など肩の力を抜いてだらだら楽しみたい。
    半身浴の最中とかさ。
    つまり、そういう気軽に楽しむには箱とか薄紙が非常に邪魔になる。
    ベッドに転がしておきたい本なのに、そうできない豪華な装丁。
    文庫サイズにやっと落ちてありがとうという感じ。
    書き下ろしはあとがき以外なかったですが、私と同じくコレクター気質の方は保険としてこっちも買っておくことをおすすめします。

  • 安野モヨコは、さくらんとかちょっと色っぽい作品が多い印象だったのですが、エッセイでは飾らない感じがあふれ出ている作品でした。美食家というわけではないようですが、食に対しての愛情が溢れていました!

  • 食べたいものがある、食べたいものが食べられるって幸せ。
    安野さんがとても食べることが好きで、それを大事にしているのが伝わってくる。凄く良い。
    高野豆腐と木耳の煮物は美味しかった。

  • 肩肘はらずに楽に読めるかつ面白いエッセイってなかなかないけど安野さんのエッセイものは凄く好き。
    この本読んでてお腹がすいてくるけど野菜がすごく美味しそうに思えるってなかなかない…。
    水茄子の刺身、私も食べたい。
    あと、東岸の水晶煮も魅力的

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

食べ物連載 くいいじ (文春文庫)のその他の作品

食べ物連載 くいいじ Kindle版 食べ物連載 くいいじ 安野モヨコ

安野モヨコの作品

ツイートする