食べ物連載 くいいじ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.74
  • (34)
  • (66)
  • (53)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 616
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167777029

作品紹介・あらすじ

「喰いしん坊」の食生活を綴った初の食べ物エッセイ集!激しく〆切中でもやっぱり美味しいものが食べたい! 漫画家・安野モヨコが、自らのどうにも止まらないくいいじを描いたエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朝日新聞に連載されている「オチビサン」の作者安野モヨコさんの食エッセイ。可愛いイラストと共に食に対する愛情がたっぷりつまっている。以前から「オチビサン」に出てくる食べ物が美味しそうだな~と思っていたのだが、やはり食べ物に愛情いっぱいな人だからなんだなと納得。食に対する表現も上手で、例えば…

    空豆「さやは少し焦げて黒くなっていて、パカッと開くと、中にはフカフカの布団にくるまれて蒸し上がったお豆が仲良く並んでいる。」

    など光景が浮かんで思わずお腹が鳴った。
    決して美食家ではなく、探求型の情熱も持っていないが食べる事が好きという姿勢が私と同じで好感が持てた。

    ダイエットだの痩せなきゃだのも書いてあり、安野さんとはどんな人かと検索したら、全然太ってないやん!騙されるとこでした(笑)

  • 食べ物に関するエッセイ集。
    私も食べること好きだけど、安野さんの『くいいじ』には負けると思った。
    料理が得意ではない、と書いてあるが、簡単そうでおしゃれ、かつ、健康的なものばかり載っている。
    作って食べたくなった。
    挿し絵もさすがに巧い。

  • 鎌倉暮らし素敵だなぁ…。シンプルで面白かった。毎日少しずつ読んで少し息抜きが出来ました♪

    モヨコさんのイラストがあって庵野監督もチラっと登場して二度おいしい。以前『監督不行届』で登場した猫の庵野マイティジャック君(すごい名である…)も出てきて、思わず、おぉぉ~っと声を上げてしまった。あと小枝を拾うおじいさん(監督)の姿をイメージしたらおかしかったし、夫婦でエレベーターに閉じ込められて庵野さんが「ヘルプミー!」と叫ぶことを想像したら、おかしくって思わず笑ってしまいました。

    「くいいじ」というタイトルだけあってほぼテーマは食なんだけど、ところどころホロッとする話もあり楽しめた。漫画を描きながらスタッフと一緒につつく鍋や、大皿の山盛りパスタとか読んでいるとお腹が空いてきて深夜に読むとちょっと危険でした。

    うちも乾物や高野豆腐もっと常備してうまく利用しよう。豆腐とか妙に食べたくなるのでした。

  • ずっとず~っと読みたかった本。とか言って買って積読してた。
    マンガは読んだ事ないけど、美人画報を昔読んで安野さんにちょっとはまった。

    さすが漫画家さんイラストも素敵に上手い。美味しそう。
    歯磨き粉まで子供の頃はさりげなく食べてたみたいで、読んでると本当に食べる事が好きなんだなと。
    そしてさりげないおかずの紹介。素敵主婦!
    文章も上手だと思います。凄く読みやすい。

    やっと読めて面白かった。

  • ―――美味しくないと思った事も恥ずかしく、美味しいと思った事も恥ずかしい。―――

    人気漫画家安野モヨコが全編「食」について語っている。
    自分で作る料理も、人が作ってくれた料理も、お店で美味しく食べた料理も、漫画家らしくシチュエーションに応じた料理も素晴らしい食い意地でたいらげている。

    この人がこのエッセイを描いたから面白いと思ったのは「〆切」とか、「差し入れ」へのこだわり。
    漫画家の担当は差し入れセンスがモノを言う、なんて、漫画家じゃないと言えないことだと思う。しかも、たぶん、売れっ子じゃないと…。
    〆切中の食事までの追い込みはアッパレ。
    私はイタリアンとかフレンチに入れ込んでいないので、和食の話に食い意地がはった。
    刺し身のツマのはなしは、もう、それだけでよだれがじゅるりらだった。
    海藻(オゴ)や岩のり、生わかめ、茗荷が大根や紫蘇の後ろに隠れているとワクワクする…わーかーるー!!!
    美味しいお魚はツマあってこそ美味しいのだ。

    また、旦那さんの庵野監督くんが菜食主義のため、旅館で精進料理に変更しているのが美味しそうでやってみたらよかった、という話は夢が広がった。

    各話のおいしそ~~~ーーーなイラストがとにかく良い。ごちそうさまでした。

  • 安野モヨコさんが食べ物が好きだとは思いませんでした。ということでタイトルに釣られて思わず購入。庵野秀明さんとのご夫婦としての食生活な部分も書いてありました。
    全体的にエッセイなのでコミカル/読みやすい。さっくりしています。
    取り敢えず夜読んではいけないな、と…。お腹すきますね。

  • 大晦日にちょうど読み終わった。なんだかすっきり。
    人生のうちでどれだけ食べられるかってある程度決まっている、
    と思っているから、食べなくてすむなら食べたくないものは食べずに、
    おいしいものだけ食べたいと思っていた。(叶ってはいない)
    今もまあ、そんな風に思っているのだが、私もこんな風な食生活を
    送ってみたいぞ。さすが、いい食生活。
    この方料理するんだ。ちょっとびっくりだった。忙しいだろうに、
    すごいなあ。
    でてくるどの料理もおいしそうで、おなかがすいた…。

  • 漫画家安野モヨコさんの食べ物エッセイ。
    働きマンの続きを首を長くして待ってるのだが、エッセイもおもしろいなー。
    旦那さんの庵野監督を描いた監督不行届も、
    そういえばゲラゲラ笑って読んだのだった。

    本書は、安野さんが三十代のときに書いたものだそうだが、なるほど、まるで自分のことのようだ。
    安野さんのほうがはるかにゴージャスな食生活を送ってらっしゃるけども、甘いものが苦手なこととか、昔ほど食べられなくなったとか、
    ちょこちょこ自分とかぶるところがうれしい。

    私も食い意地に磨きをかけ、
    またつまらぬものを食べてしまった……と思うことがないようにしたい。

  • 食にまつわるエッセイとおいしそうなイラスト♡
    漫画家って忙しい職業だと思うけど、きちんとした食事を作ってて驚いた。
    安野さんに比べたら、全くの暇人である私が外食や出来合いのものばかり食べてちゃダメだよね…

    作ってみたいものや食べたいものがたくさんできた!
    実際にれんこんの梅和えを作ってみたけどおいしかった♪
    生牡蠣派だったけど焼き牡蠣食べてみたいなぁ~。

    2018.9.3再読
    「美味しい物を楽しく食べられる体になりたくて断食のダイエットをし、一生食べたいが為にトレーニングをする」と読んで、なるほどと思った。
    健康じゃないとおいしく食べられないもんねー。

  • 全部ではないけど読めた。
    挿絵に色を塗りたくなる衝動に襲われた。
    食いしん坊な作者の食べ物の話。
    お腹空いてる時はきつい。

  • 人気漫画家、安野モヨコさんの食べものに関するエッセイ。
    ご本人は美食家ではないと言っていますが、庶民的なところも、オシャレで高級なところもあって、面白く読めた。職業柄、美味しそうな差入れをもらえるのがうらやましい。
    さすが、人気漫画家さんだけあって、文章の作り方とかが非常に面白く、楽しい。

  • お腹が空くので要注意

  • 著者の食べ物に対する姿勢が自分と似ているような気がしてスラスラと読めた。くいいじというタイトルからも食べ物に対する執着があるようで、ないようで…漫画家という職業柄もあり毎日繰り返すような家事的に料理をする訳にもいかないようだけどくいいじから作る料理は美味しそう。外食するお店も美味しそう。食べたい、でも太りたくない、食べる為にダイエット…葛藤も同じ。食べたい気持ちと年齢的に食べられなくなってきてる身体、同じだ、共感する。
    漫画家さんだけあって挿し絵の食べ物も美味しそう。エッセイはあまり読まないけれど共感できるとたまにはいいなと思えた。

  • 40代になったら腹8分、50代は6分でいいらしい…というあとがきに多少衝撃。

  • 漫画家・安野モヨコによる、食べ物にまつわるエピソード集。コミカルな文章で書かれる物語ひとつひとつが、ぷっと吹き出してしまうようなものばかりだった。特に印象に残ったのは、夕日が美味しそうというところ。落ちて行く夕日をレンゲですくって食べたら美味しそうなどとは今まで思ったこともなかった。そのくいいじに脱帽。その後、夏の夕暮れ時に空を見たら、なるほど納得、たしかに噛んだらぷつんと弾けて中身がトロリと出てきそうな美味しそうな夕日であった。

  • 読むたび、私もなにか気に入ったものをつまみながら読もうしてしまう。
    一旦机に本を伏せ、お菓子を探しに行く。気がつくとお菓子を食べるのに夢中になってる。だからなかなか読み終わらない。

  • 漫画家だけど、意外に丁寧な食を描いていて好感持てる。
    うまいものは正義。

  • 1971年東京生まれ、漫画家、安野モヨコさん、3歳のキジトラの雄猫がいるそうです。甘えん坊といいたいけど暴れん坊で食いしん坊、「ごは~ん」と日本語が話せるそうです(^-^)「くいいじ」、2013.12発行、楽しいエッセイです。ご主人は野菜が好きで、肉と魚が大嫌い、お好み焼き屋で「豚玉、豚抜きで」との注文とかw。著者はというと、口癖は「お腹減った。」でもただ食べるのが好きというのではなく、食材に対する限りない愛情がこのエッセイからぷんぷん湧き出ています(^-^)「くいいじ」、いい言葉です(^-^)

  • 安野モヨコさんのコミックエッセイが好きだったから手に取ってみた。

    一つが短いから電車の中とかでさらっと読めていい。
    食べ物の話って万人共通の話題だし、
    違う考え方や好みがあってもまた違った視点で面白い。
    と言うか視点が個性的で面白い。

    グルメじゃなくても、個々のこだわりで掘り下げられること
    私も何気なく食しているけど、きっと人から見たら面白いこだわりはあるなと思った。

    料理したくなった。

  • 安野モヨコさんの食べ物に関するエッセイ。それも「くいいじ」。なんとまあ、凄いタイトルなこと、と思ったけれど読み進めるうちに「なるほどね」となるタイトル。
    漫画家という職業柄、仕事中にアシスタントさんと一緒に食べるてんやもんや、編集者が持ってきてくれたり、作ってくれる料理から見えるその人となりまで。
    約束していたのに結局食べられなくて悔しい思いをした話や、旅先での風景を通してみた食べ物の話など。
    小さいころに、歯磨き粉やにおい付き消しゴムを食べようとした話を読んだとき、ああ、「くいいじ」ね。と妙に納得。一日に2,3回しか食べられないし、一食一食を大事にしたいもの。くいいじがあるのは健康の証拠かもしれない。

全76件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

食べ物連載 くいいじ (文春文庫)のその他の作品

食べ物連載 くいいじ Kindle版 食べ物連載 くいいじ 安野モヨコ

安野モヨコの作品

食べ物連載 くいいじ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする