いのちなりけり (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (24)
  • (64)
  • (35)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 343
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167781026

作品紹介・あらすじ

あの時桜の下で出会った少年は一体誰だったのか-鍋島と龍造寺の因縁がひと組の夫婦を数奇な運命へと導く。"天地に仕える"と次期藩主に衒いもなく言う好漢・雨宮蔵人と咲弥は、一つの和歌をめぐり、命をかけて再会を期すのだが、幕府・朝廷が絡んだ大きな渦に巻き込まれていってしまう。その結末は…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8月-18。3.0点。
    水戸光圀が歴史編纂した時代の物語。
    大男と、夫を亡くした女性の恋物語。夫婦となるが、妻の宿題に答えられず、且つ別々に暮らすことになった主人公。

    政治とか、説明文章が多く、本筋が進まない印象。
    面白いのに惜しい気がした。

    3部作。次作に期待。

  • 84

  • 登場人物が多くて名前も難しくついていくのが大変。
    蔵人が色々な人の意見を聞いたり教えをこうたりして、いのちって何だろうと考えていく過程で一緒に何だろうと考えさせられた。
    敵役の黒滝五郎兵衛が陰謀を企むことだけを目的に生きるようになっている気がして憐れな感じだった。

  • 三部作

  • 面白かった!
    もののふの純愛物語!
    けど、読みにくくて、なかなかページが進まない!(笑)
    登場人物が多く、入れ替わり立ち替わりで、登場人物の名前が読めず、さらに年とともに名前が変わっていくので、人間関係がつかみにくい。
    しかし、その中でも、主人公 雨宮蔵人の生きざまは熱く感じることが出来ました。

    ストーリとしては、水戸光圀が藤井紋太夫を殺害するシーンから始まります。
    ググってみると、これは史実なんですね。その殺害の真相は不明とのこと。本書では、この事件に絡んで雨宮蔵人と咲弥の純愛の物語が語られていきます。
    咲弥に好きな和歌を聞かれて、答えられなかった蔵人。
    そこから、二人は夫婦ではありながらも、別々の道を歩みますが、光圀の事件から再び二人は再開することになります。
    朝廷と幕府の争い、光圀と綱吉との関係、と当時のさまざまな思惑、陰謀に巻き込まれていきます。
    そんな中、命を狙われている蔵人は命がけで咲弥の元へ。
    二人は再び再開することが出来るのか?
    そして、その中で語られる蔵人の生きざま。
    最後のシーンは熱くなります。

    お勧め!

  • 続編の「花や散るらん 」の方を先に読んだので、蔵人と咲弥がずっと離れ離れで、しかも初めの頃は咲弥は蔵人に、かなり塩対応をしていたのは、意外でした。
    藩、幕府、朝廷の思惑等、背景が複雑なので、“政争モノ”の色が強いですが、蔵人の咲弥に対する一途な思いがグッときますし、ラストで咲弥の前に満身創痍で蔵人が現われる場面を読んだときに、“ああ、これはラブストーリーだなぁ”としみじみ思いました。
    葉室さんは、時々ハッとするほど美しい描写をされるのですが、本書で個人的に好きだったのは、醍醐寺の桜吹雪の中で、蔵人と清厳(右京)が語り合う場面です。美しい情景が目に浮かぶようでした・・。

  • 三部作の第1編

  • 直木賞作家の葉室麟さん、惜しい人をなくしました…。この作品のなかでは、たくさんの人が死んでゆき、普段の自分なら少しついていけないと思うかも知れませんでしたが、きっと御本人も命をかけて作品に取り組まれていたのだろうと思います。

  • 2014.4/30 葉室作品2作目。うーん、徳川綱吉治世の謀略にまみれた話題が、役職と幼名と改名で語られ物覚えの悪い私には非常に読みにくい(;-_-) 話の筋になるプラトニックな男女の愛情が霞むほど。もう少し読みやすいといいのだけど…

  • 2017.7.5

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葉室 麟(はむろ りん)
1951年1月25日 – 2017年12月23日
福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て小説家に。2005年に短編「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞受賞(のち単行本化)、2007年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞受賞、2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞受賞。
上記以外の代表作に、2018年9月に岡田准一主演で映画化される『散り椿』、第22回山本周五郎賞候補及び第141回直木賞候補だった『秋月記』がある。

いのちなりけり (文春文庫)のその他の作品

いのちなりけり 単行本 いのちなりけり 葉室麟

葉室麟の作品

いのちなりけり (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする