伏 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.39
  • (86)
  • (226)
  • (317)
  • (81)
  • (16)
本棚登録 : 2289
レビュー : 262
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167784065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画を観てからの原作。この内容を2時間に満たない映画にしようだなんて無理があると思った。読むのに時間がかかったが読み応えがあって良かった。

  • 映画を観た流れで、原作が気になって読みました。
    映画とは全く違う、というのを聞いていたので、話には特に違和感なく、(映画はここをピックアップしたのか)と冒頭は映画を思い出しながら読みました。
    というか、ここまでは桜庭さんの気配が薄く、軽く読めました。

    ですが、中盤の、冥土が書いた「贋作里見八犬伝」の章からは桜庭さんの文章らしさが凄い。
    あの年頃の、毒を持った少女と少年の描写は相変わらず凄まじい。
    その毒をテンポよい軽快な文章でポンポン読ませます。
    伏の森の禍々しい透明感は同著者の「少女七竈と七人の可愛そうな大人」の冒頭の夜桜の描写を思い出しました。

    浜路と道節(浜路と信乃)のいる江戸が先を見る明るい光を表すなら、冥土の書いた昔話は闇を表現したのかな、と勝手に思いました。因を閉じた果の闇の中のお話。
    (そのお話を描かずに、閉じてない、まだ因の中の、未来も夢もある浜路と信乃のお話を描けば、確かに甘酸っぱくて青春してる映画のような内容のお話になるよなあ、と納得したり)

    八房からの連なる因果、暗く、重苦しいと感じていたのですが、浜路と道節がまっさらな雪の中、新たに伏たちを追う旅に出る辺りは、
    成る程、ここが新しい因の出発点だと思ってなんだか爽やかな気持ちで読み終えることができたのでした。

  • 南総里見八犬伝を元にした、その後の物語。むりやり全部詰め込んだ感はあるが、まぁエンタテイメントとしては無くはない。

  • 映画を観るために買いました。
    映画化しなかったら、きっと買わなかったと思います。
    文章は難しいけど、お話はとてもすきです。映画も良かった!

    浜路と信乃。この先、ふたりはどうなるのでしょう?

  • 伏と伏狩者の物語。映画は見てない。
    贋作の部分が特に面白かったなー。たぶん映画だとあんまり取り上げられてない気がする笑 人の世の光と影はずっと昔から形を変えて在り続けてた。玉梓や藍色や村雨丸。でもそれは善悪二元で切れるのではなく、影も「かみさま」と捉える冥土とか、影にほのかに惹かれる浜路とか、割り切れなさも垣間見れる。
    途中我慢できず里見八犬伝をwikiしてしまって、登場人物の名前にびっくりしてハラハラしてしまった笑 語られきれなかった物語もあるのだろうなぁ。

  • おもしろかったー。
    最初、ぐたぐたな感じだったけど、伏姫と、八房の話はドキドキした。

    本物の里見八犬伝も読んでみたいなぁ、

  • 映画化して本屋に大量に平積みされてるのに釣られて購入。
    映画の予告が恋愛色強そうな感じだったので楽しみにしてたけど、
    映画と小説で全然話が違ってびっくりした。

    小説は小説で面白いとは思うんだけど、浜路が恋を自覚しないままもやっと終わった感じだったのが、私が期待してたのとは違ったかな?って感じでした。

  • キャラクターと雰囲気がとにかく素敵だった‼
    江戸編よりも、昔話の方が私は惹かれた。
    昔を思わせる言葉と雰囲気が、そこはかとなく魅力的でぐんぐんと読み手をひきこんでいると思う。

    伏の虚しいような歴史と、光と影のエピソードが
    寂しいのに美しいようななんというか…
    惹かれるものがある。

    伏のキャラクターが、信乃をはじめとして自由で魅力的なのは勿論。
    人間も、道節兄妹や舟虫などとにかく魅力的!
    演劇のセリフと舟虫の掛け合いが、特に面白かった。

    前半部の疾走感、中後部のゆったりとした雰囲気。
    そして終盤また加速するのは心地良かったが、私はもう一味欲しかった。

  • 映画の番宣観てたら面白そうだったので買ってみた。
    映画は観てないけどね。
    滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』の話とは、また違った趣のストーリー。
    伏たちが、なんだかとてもせつない。

  • まるで本当に江戸時代の街中にいる。そんな気持ちになれるほど、味のある言葉遣いでした。猟師の娘・浜路は、鉄砲娘の異名の通り野性味溢れていて、獲物を追って江戸の街を飛び回ります。その獲物が、人とは思えない運動能力を持った者、「伏」。山で育った浜路は脚力に加え勘の良さがあり、伏の瞬発力に負けず華の街お江戸を舞台に大捕物を繰り広げます。とても絵になる光景ですが、徐々に明かされていく伏の正体から決して綺麗事ではなくなっていきます。

    ここからは私的な蛇足です

    伏については、物語中盤に贋作・南総里見八犬伝を通して語られます。これも思わず原作が読みたくなる程の読み応えがあり、実際に原作に手をだしてしまいました。

    しかし、私は古典にまったく触れない人間だったので、オリジナルはまるで英語を読んでいる気分になるほど難しかったです。なので、児童書として現代語訳された本を読みました。こちらは古典に触れていなくても十分に読めるものでしたので、原作に興味のある方にはお勧めです。

    元々この作品はアニメーション映画を見て、「もっと浜路と伏の交流が見たい!」という気持ちで読みました。読んでみた結果、良い意味で映画とは大分内容が違っていたので、大満足でした。

全262件中 101 - 110件を表示

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

伏 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

ツイートする