伏 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.39
  • (86)
  • (226)
  • (317)
  • (81)
  • (16)
本棚登録 : 2288
レビュー : 262
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167784065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猟師の娘の浜路は、江戸にいる兄の道節のもとに身を寄せ、彼とともに、最近江戸に出没している「伏」と呼ばれる犬人の賞金稼ぎとなります。

    山で暮らしていた浜路は、獣の匂いを敏感に察知し、さっそく一匹の伏を仕留めることに成功します。そんな彼女の活躍を聞きつけた、曲亭馬琴の息子の滝沢冥土は、あることないこと織り交ぜて、浜路のことを新聞記事にして江戸中に知らせます。そのことを知った浜路は、文句を言うために冥土のもとを訪れますが、そこで彼が執筆中の、伏が生まれた顛末を記した読本『贋作・里見八犬伝』のことを知ります。

    『贋作・里見八犬伝』は、美しく強い里見城の姫君・伏姫と、弟の鈍色、そして伏姫の愛犬・八房の物語です。同盟国に裏切られた伏姫の父・里見義実は、敵の安西景連の首をとった者には伏姫をやると口にしてしまい、それを聞いた八房が景連の首を取って帰ってきます。八房とともに森の中に姿を消した伏姫は、やがて人語を失い、八房の子を宿します。それが伏たちの生まれる由来だったのです。

    さらに浜路は、冥土が脚本を書いた歌舞伎の「怪盗玉梓」を見ることになります。それは、里見義実が怪盗玉梓を捕らえ、その呪いを身に受けるという物語でした。その結果、彼の娘の伏姫が、八房との間に子をなすことになったのです。ところが、この舞台を演じている人気役者の犬山黒白が、伏だったことが明らかになり、舞台は大混乱に陥ります。

    浜路は、信乃というその伏を追いかけますが、湯島天神から江戸城にまで続く地下道に落ちてしまいます。地下道を歩きながら、浜路は信乃の自分語りに耳を傾けます。

    作中作を畳みかけるという、ちょっと凝った構造の物語ですが、それ以上に、浜路のライトノベル的で分かりやすいキャラクター造型の魅力で読ませる作品だったように感じました。

  • 里見八犬伝となれば、もっと怨、恨、おどろおどろしいという先入観があったが、主人公の娘猟師の浜路のあっけらかんとした性格が、生臭さを薄めていて、淡い恋心あり、旅あり、エンターテーメントだなぁ。
      同一作家の「私の男」とのギャップが大きくて、それも面白い。
     

  • 馬琴の原作に触れたことがないので、この作品の本来的意味を把握できていないことを覚悟の上で、どことなく上滑りしてるような、、、
    もうちょっと何とかなる感があるなぁ、それだけの材料は確実に作家の手中にあることは本作を読めば明白。
    それだけに読者たる当方、中途半端に投げ出されてしまったと感じずにはいられない。

  • 中盤で一度挫折。
    数ヶ月後にまたちらちら読み始めて、なんとか読了。

    読みだすと50~100ページは読めるものの、
    飽きて途中でやめると、なかなか進まない感じ…
    そして劇中劇もあってなかなかのボリューム。

    『南総里見八犬伝』の内容を
    ちゃんと知っていたらもっと楽しめたのかも。

    江戸時代の雰囲気を出すために
    文体がくだけた話し言葉風なのも
    この作品の特徴なんだろうけど、
    やっぱり小説を読むなら
    きれいな日本語の文章を読みたいと思った。

  • 南総里見八犬伝(とそれが実際に執筆された当時)とファンタジーとを、とても巧く融合された作品。
    話の途中で、さらに作中の物語が始まった時は「物語にこんなにスペースとって話まとまるの?!」と驚きましたが、そこも巧くつながっていて…と言うかそこが大きな肝でした。反省。作品の構成が面白いです。

    各所の表現も豊かだし、本当に純粋に面白かった。

  • 猟を教えてくれた祖父が死に、兄を頼って江戸に出てきた浜路は兄から「伏」狩りをしないかと持ちかけられる。
    「伏」とは、人と犬の間の存在。
    高い身体能力を持つ彼らは人に混じって暮らしている。
    身体のどこかにある牡丹型のあざが、伏であるしるしだった。
    その伏が起こす凶悪な事件が近頃の江戸で話題となり、幕府が賞金をかけているのだった。

    映画を見て釈然としない点が分かるかと思い購入。
    でも、あの生魂を食らう設定は映画オリジナルだったようで結局スッキリしなかった。
    小説では信乃と浜路の恋愛要素は大きくないのもおどろいた。
    結構別物かもしれない。
    映画の「鉄砲娘の捕物貼」というタイトルに求めていたものは小説にあったので満足。

  • 江戸の街に伏と呼ばれる犬人間がはびこり,14歳の少女の浜路と兄の道節が賞金目的に伏を狩る話。
    作中作が面白かったが,全体的にはそうでもない。

  • 1402 映像で見る様に想像し易く読み易かった。登場人物それぞれも個性派揃いで印象的でした。私の男と続きで読んだので作風のギャップを楽しめました。

  • 信乃と浜路の恋物語になってもよかったし、旅は続く、というような終わり方が好ましい。

  • タイトル見たら一目瞭然の、里見八犬伝ネタの時代ファンタジー。
    荒唐無稽でラノベ寄りではありますが、結構世界観はブラック。何事にも光と影がある、というテーマのようです。
    細かく言っちゃうと、14歳の小柄な女の子にこの時代の重たい猟銃が扱えたのか!? とか、江戸城で大活劇してよくおとがめ無しだったよな、とか色々疑問は尽きませんが。
    いいんだよね、エンタメの世界において、面白いは正義w

全262件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

伏 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

ツイートする