消失者 アナザーフェイス 4 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.47
  • (18)
  • (107)
  • (141)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 878
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167787059

作品紹介・あらすじ

町田駅前-刑事総務課のシングルファーザー・大友鉄は、捜査三課からの要請で老スリの現行犯逮捕を手伝うことになる。簡単に終わるはずの仕事は、同時に起きた自殺騒ぎで撹乱され…。消えたアタッシュケースの先に待ち受けていた驚愕のアナザーフェイスとは?警察小説の面白さがすべて詰まった大人気シリーズ第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ第4弾。
    上司の特命を受け、老スリ逮捕を試みる三課の仕事のヘルプに入った大友。
    今回は簡単に終わる仕事と思ったのだが、思わぬハプニングもあり
    老スリを取り逃がし、さらにはその老スリが殺されるという事件が起きる。
    逮捕を試みた際にアタッシュケースをひったくられた被害者もなぜか姿を消し、
    殺された老スリの身辺からはそのケースが見つからない。
    なにもかもが消失。
    三課のメンバーとともに一課の捜査に加わり事件解決に向けて奔走するのだが…

    福原との関係、息子優斗との関係などなど周辺の物語も今回は動きがあって
    前作よりははるかに面白かったな。
    「なぜか相手が口を割ってしまう」という大友の不思議な力も今回は控え目だし、
    普通に推理小説として読むことができました。

    残念だったのは、「失敗を挽回する」って表現があったり、明らかに人物名を
    間違えている部分があったりしたこと。
    些細な事だけど、どうしても気になってしまうよねー。

  • 【アナザーフェイスシリーズ第4作目】
    事件が起きてから、何かヒントを得るまでの前置き?経過がすっごい長い。だれそうになる。でも解決しない事件はこんな感じに何も手掛かりがなく、毎日が過ぎていくんだろう。
    どこかで何かが変わってたら誰も死ななくよかったのに、と思うと小説とはいえ、殺人事件は悲しいな、と思う。
    女刑事:高畑敦美が捜査一課の柴の相方になったのは嬉しかった。今後、大友・柴・高畑のやり取りが見えるかと思うと楽しみ。

  •  おなじみ MMK(モテてモテて困る)シングルファーザー刑事シリーズ( ´ ▽ ` )ノ
     読んでる間だけ楽しめればいい、活字の2サス( ´ ▽ ` )ノ
     上司は変更になったけど、主人公も彼をとりまく人々もいつもどおりで安心( ´ ▽ ` )ノ
     物語も予定調和( ´ ▽ ` )ノ
     オチなんか、むしろあれ以外考えられるんだろうか?ってなもんで、愕然としているキャラクターたちがむしろ微笑ましい( ´ ▽ ` )ノ
     
     あっという間に第8巻までブコフでそろったってことは、かなり売れてるんだね( ´ ▽ ` )ノ
     これから何週間か、続けて読んでいくよ( ´ ▽ ` )ノ

    2019/02/27

  • アナザーフェイスシリーズ 第4弾 書き下ろし。

    第一部 あるスリの死
    第二部 第二の死
    第三部 最後の秘密

    今回は、地元町田で、スリの常習犯の捕獲作戦に駆り出された大友。しかし、あと一歩のところでアタッシェケースをひったくった老スリの平山を逃してしまう。

    不思議なことに被害者は消え、平山はのちに他殺体として発見される。

    奪われたアタッシェケースの行方と殺人犯を追う捜査本部に、贈収賄を追う警視庁捜査二課が絡む。

    組織の軋轢の中で、スリの死とその悲しい背景に大友が切り込む。


    小さな事件がだんだんと大きく成長し、ミステリアスになっていくところは面白かったです。

    もはやシングルファーザーという設定が邪魔なような気がするのは私だけでしょうか?

    まあシングルファーザーという条件があって、遊軍として大友をいろんな舞台で活躍させることができるとは思いますが、今後に期待します。

  • 町田駅前ー刑事総務課のシングルファーザー・大友鉄は、捜査三課からの要請で老スリの現行犯逮捕を手伝うことになる。簡単に終わるはずの仕事は、同時に起きた自殺騒ぎで撹乱され…。消えたアタッシュケースの先に待ち受けていた驚愕のアナザーフェイスとは?

  • 後味は切なめ。読んでいるときの先が気になる感と、展開の面白さは最高。

    加害者も被害者も頭ごなしに「悪人だ!」と切り捨てられない。

    優人君の親離れは読者的にもちょっとさみしい。。仕方ないのだけれど。

    テツさんのイケメン成分は今回は個人的にはちょうど良かった。

  • スリは常習犯。一度捕まえて説教しても、またスリを繰り返す。
    捕まえたスリが出所したら、また会いにいって生活の様子を聞いたり、仕事の世話までしたり、人生丸ごと面倒を見るつもりで親身になって接する森野。
    一課とは違う人情味溢れる刑事の姿が印象的だった。

  • 今回の大友の使命は引ったくり犯を捕まえること。
    いつもの一課の事件ではなく、あまり気合いが入らずミスを犯す。
    それが更なる事件を引き起こし、結局は一課の仕事になり、大友も引き続き捜査に加わることに。
    結局はかなりの大事件に発展していくが、刑事と罪を犯した犯人との微妙な繋がりが哀愁を誘う。

    2017.7.25

  • シリーズ主人公のシングルファーザー刑事である大友鉄が今回はとあるスリがすったアタッシュケースを巡って殺人事件が発生し、アタッシュケースの中身が判明することで事件の全貌が明らかになるのでした。
    人物関係や金を巡って事件が複雑化するのですが、オチとしては切ないながらも良い終わり方だったと思います。
    シリーズ次巻へ進みたいと思います。

  • 巻を追うごとに大友が刑事に戻っていく感じがする。
    もしそうならば、福原の思う壺なのだけれど・・・。
    罪を償った犯罪者のその後を気にかける刑事は、きっとものすごく良い刑事なのだろう。
    でも、大友が言うようにすべてを知りうるわけではない。
    中には信頼してくれている刑事を裏切る者だっているだろうし、悪事がバレないように上手く立ち回る者だっているだろう。
    刑事だって人間だ。
    裏切られれば心は傷つくし落ち込むのは当然だ。
    感情的になったりするのも・・・。
    大友が抑制の効いたキャラクターなので、余計に感情に走りがちな彼らに人間臭さを感じてしまう。
    そこがこの物語の魅力のひとつでもある。

    「阿呆のくせに、何でも知らないと怒り出すんだ」
    知ってどうなるわけでもないのに、自分だけがつまはじきにされると怒り出すタイプは、確かにいる。
    上司だったら、一番扱いにくいタイプだ。

    いるいる、こういうタイプ。
    「で、聞いてどうするわけ?」と逆に聞いてみたい気分になる。
    こういうタイプに限って口は出すくせに責任は下に押しつけて、自分は知らん顔を決め込む。
    プライドだけは天下一なのに自分のことが何も見えていない。
    自分の技量も何もかも、ありのままを認めてしまうのが怖いのかもしれない。
    仕事をしていくうえで会社が大事なのはわかる。
    そのために犯罪者にまでなってしまうのは何か違う気もするけれど。
    人生をかけて会社を守ったとして、それがいったい何だというのだろう。
    「お前らには一生わからない!!」と叱られそうだが、組織としての会社よりも自分の人生の方が何倍も大切だ・・・と思ってしまう。

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」などのシリーズのほか、、『虹のふもと』『八月からの手紙』『埋もれた牙』『ネタ元』『Killers』など多数。2014年8月には、『壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課』が刊行され、本作へと続く人気文庫書下ろしシリーズとなっている。2019年5月23日、『動乱の刑事』を刊行。

消失者 アナザーフェイス 4 (文春文庫)のその他の作品

堂場瞬一の作品

消失者 アナザーフェイス 4 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする